『親を送る』

今朝は 本を紹介しました。

井上理津子 著 『親を送る』

集英社インターナショナル  /  本体1500円+ 税

79才の母、84才の父を4ヶ月間に相次いで亡くした著者の

プライベート・ドキュメントです。

100人いれば100通りの介護、看病、看取り、送り方があるでしょうが、

(これで良かったんだろうか?)の想いが残るもの・・・

元気印だった79才のお母さんがお料理中の大火傷を負い

救急搬送され、生命の危険は無いとホットしたのも束の間、急変!

家族は難しい選択や決断の数々・・・手続きや段取り・・・

経済的なことや各々の考えや思いの行き違い・・・・

そして、数ヶ月後には84才の父も・・・

赤裸々な書きぷっりに、一つのケースとして発信する

強い意志を感じました。