パプーシャの黒い瞳

パプーシャは文字を持たないジプシーの一族に生まれた少女。

独学で文字を学び、湧き出るように詩を詠み、やがてジプシー女性として初の詩人となるのですが、彼女の作品は一族の秘密を漏らした掟やぶりだと追放されてしまいます。

実在したジプシー女性詩人ブロニスヴァ・ヴァイスの生涯をモノクロームで描くポーランド映画です。

愛称”パプーシャ”とは”人形”という意味なのです。

明日4月18日(土)~大阪・第七芸術劇場で公開です。