観てから読むか、読んでから観るか!?

大阪府茨木市の姿勢70周年の記念事業として制作された

映画 『葬式の名人』を紹介しましたm(-・-)m

茨木市で生まれ育った作家・川端康成さんの作品群を原案として

幻想的であり、府立茨木高校や茨木の商店街など登場しますから

現実と幻想の世界を行ったり来たり、不思議な感覚に観る者を

誘い込みます。

随所に<川端ワールド>が潜ませてあるので

観てから読むか、読んでから観るか!?って感じです(@-@)

8月16日(金)~イオンシネマ茨木にて先行ロードショー ♪

9月20日(金)~全国ロードショー

監督 樋口尚文

出演  前田敦子 × 高良健吾

暑中お見舞い申し上げます。

今週はやっと梅雨があけたと思ったら、

もういきなりの暑さで

ぐったりの一週間でした・・・(-。-;)

でも向日葵にとっては想定内♪嬉しい季節!なのかな~?

さて、八月のテーマは”想定外”です。

意外な展開~思ってたんと違う~ことなどを

FAX、メール、お葉書でお寄せ下さいm(--)m

水分をとって熱中症にお気をつけ下さいね。

また来週(^-^)/~

待ち遠しい~

♪ 待ち遠しいのは~夏休み ♪と

子ども達の声が聞こえてきそうですけど・・・・

私の<待ち遠しいのは・・・>《梅雨明け》です(;;)

朝の蝉声は大きくなっているんですけどね。

(待ち遠しい)のは何ですか?(^-^)/~

梔子の花 ♪

今、梔子の花が香りを放っていますね~ 0(^-^)0

咲いてすぐは、花びらが真っ白で美しいこと !♪

白い紫陽花もまた美しい!

さて七月のテーマ<どうしてもダメなんです>については

食べ物に関するお便りが多いですねm(^^)m

小さい頃の体験がトラウマになっているとか・・・・

”出逢い”って大事なんですね!

来週もFAX、メール お葉書をお待ちしています♪

アマンダと僕 ☆

7月5日(金)~公開の映画

『アマンダと僕』を紹介しました。

初夏のパリ。

24歳の青年ダヴィッドはアルバイトを掛け持ちしながらも

7歳の姪・アマンダを学校へ迎えに行くなど、

シングルマザーの姉を助けている。

些細なトラブルもあるけれど、仲良くおやつを食べたり、

エルビスの曲で踊ったり、自転車でパリの町を走り抜けたり・・・・

ダヴィッドはアルバイト先きで”出逢い”があったり・・・・

穏やかな”日常”が続くと思いきや・・・・・・

七歳のアマンダからは母を、ダヴィッドからは姉を奪う無差別テロが!

新しい”日常”を手探りで取り戻そうとする幼い姪と若い叔父・・・

シネ・リーブル梅田で上映。