死刑台のエレベーター

今朝の
懐かしのテーマミュージック
映画「死刑台のエレベーター」ご紹介しました。

1958年に公開されたフランス映画
当時のヌーベルヴァーグを代表する作品。

ジャンヌ・モローが夜の街を彷徨う様子は、
マイルス・デイビスのジャズ演奏と手持ちカメラによる
独特の撮影で作品の特徴的なシーンとなりました。

♪テーマ♪
 死刑台のエレベーター / シネマサウンドオーケストラ