水曜日「毎日の健康はくだものから」

毎週水曜日の担当は、元東京大学教員、

国際フルーツ協会代表の中野瑞樹さんです。

中野さんは、2009年9月28日から

フルーツ中心に果実だけを食べて生活する実験を

続けてらっしゃいます。

9年目に入り、今日で2929日目になりました。

東アジア原産の柿は、日本には有史以前に

大陸から入ってきたと考えられています。

和歌山の果樹農家さんの話では、江戸から明治時代にかけて、

山には数十種類以上の野生の柿が実っていたそうです。

日本の風土に最もあったフルーツのうちの一つが

柿ではないかと考えています。

今の時期、ビタミンCやカロテノイドなど栄養豊富な柿を

是非お召し上がりください。

Comments are closed.