【防災スペシャル】2021/6/18⑤コンビニで手に入る500円以内のサバイバル食

「”新しいおとなの朝に!”ハッピー・プラス」「原田年晴かぶりつきフライデー!」「Hit&Hit!」 3番組のパーソナリティが「職場で勤務中に大地震が起こり、帰宅困難になった」ことを想定し、「コンビニで手に入る500円以内のサバイバル食」を用意しました。

「サバイバル」の観点から、災害情報と防災教育の専門家、関西大学社会安全学部 近藤誠司准教授に解説・講評いただきました。

「”新しいおとな”の朝に!ハッピー・プラス」若宮テイ子さん

500円で8種類も買い揃えることができた若宮さんですが、栄養価を考えてナッツやチョコを選ばれていました。

「原田年晴かぶりつきフライデー」原田年晴アナと和田麻実子アナ

ポテトチップスにレトルトカレーをつけて食べてみたらどうかな?という2人の斬新なアイデアとこだわりが詰まったラインナップです。

「Hit&Hit!」野村啓司さんと毛利聡子さん

普段の食事はビールと枝豆から始まるという野村さんは、慣れ親しんだ枝豆のチップスと、食後のリフレッシュ用に固めのグミを用意。

近藤先生からはパーソナリティが選んだ「コンビニ・サバイバル食」について、「それぞれの番組の非常食を組み合わせたら良いバランスになる」と講評いただきました。

近藤先生がおすすめする、非常食を選ぶ際のポイントをご紹介します。

【非常食を選ぶ際のポイント】

・野菜ジュースやタブレットで簡単に栄養を補給する。

・調味料を用意し、自分好みの味に変える。

・リフレッシュ用のガム・グミ・飴で心にも栄養を与える。

・分け合えられるようなものを用意し、周りにシェアする。

避難所では自分のために個食する事が無く、せっかく食料を持っていても周りが気になって食べられない事があるそうです…。そんな時、分けられる食べ物やお菓子があれば、自分も周りも明るい気持ちになれますね。

身近なコンビニで防災食を探すことによって、普段から防災を意識する事につながっていきます。ぜひご家庭でも「コンビニで手に入る500円以内のサバイバル食」を実施してみてはいかがでしょうか?

年4回の防災特別企画を放送するOBC。次回、今期最終回となる第4回は、9月1日(水)の放送を予定しています。台風シーズンである9月。「水害への備え」をテーマに、防災・気象・住まいなどの専門家を招き、役立つ情報をお届けする予定です。