ドラマティック競馬日記 » Blog Archive » 「第4回京都競馬2日目 いざ、日本馬の悲願へ!」

心配された台風は過ぎ去り、夏に戻ったような暑さとなった京都競馬場。
10/7(日)の放送日は東京で「毎日王冠」(G2・芝1800)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがサトノアーサーを、西村さんがアエロリットを、田辺さんがサンマルティンを
指名しました。

レースはほぼ揃ったスタートから1番人気の牝馬アエロリットがスピードを生かし先頭に。
3番人気ステルヴィオ、2番人気サトノアーサーは並んで中団を追走します。
馬群は先頭からシンガリまで10馬身ほどで向正面を進み、前半1000mは59秒0で通過。
4コーナーカーブから後方各馬も押し上げて、勝負は直線へ。
逃げるアエロリットにキセキやステファノス、さらにステルヴィオ大外から迫るも、
そこからアエロリットがもうひと伸び。
そのまま1馬身ほどの差を保って後続を完封してのゴールイン!
牡馬の強豪を打ち破り、秋初戦を勝利で飾りました。

3連単プレゼントは、濱野さんのサトノアーサーが6着、西村さんのアエロリットが1着 、
田辺さんのサンマルティンが10着となり、1着馬を指名した西村さんが勝って連勝。

さて、毎日王冠ではアエロリットがGⅠ馬の実力を見せつけた形となりましたが、
この日の注目レースは国内だけではなかったんです!

茉代ちゃんが広げる競馬エイトでもカラーで大きな馬柱が掲載されていたのは、そう「凱旋門賞」です。
今年は日本からクリンチャーが武豊騎手を背に挑戦!茉代ちゃんも「クリンチャー頑張れ!」と
、日本時間夜11時の決戦に向けて気合が入っておりました。
結果的にクリンチャーは19頭中の17着に敗れ、日本馬初の悲願は来年以降にお預けに・・・
それでも世界最高峰の舞台で走る姿は多くの感動を与えてくれました。
そして勝ったエネイブルは凱旋門賞連覇という偉業を達成、歴史的瞬間にクリンチャーも立ち会ったわけですね。
そして、数年前までは考えられなかった、この凱旋門賞の馬券が(インターネット投票限定ではありますが)
日本にいながら買えるということ。
茉代ちゃんのように純粋に日本馬を応援するも良し、馬券を買って海外レースの面白さに触れるも良し。
秋競馬の新たな楽しみが増えたって感じですね♪

次週は秋の京都でGⅠが開催!10/14(日)は京都で
牝馬三冠最終戦「秋華賞」(G1・芝2000)が行われます。
アーモンドアイが史上5頭目の牝馬三冠に挑む!
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!

Comments are closed.