ドラマティック競馬日記 » Blog Archive » 「第1回阪神競馬6日目 あと1頭が難しい」

好天に恵まれた阪神競馬場。
3/12(日)の放送日は、阪神で「フィリーズレビュー」(G2・芝1400)、
中山で「中山牝馬ステークス」(G2・芝1800)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは阪神メインのフィリーズレビューを予想。
濱野さんがレーヌミノルを、西村さんがカラクレナイを、
田辺さんがクインズサリナをそれぞれ指名しました。

レースはゴールゴケープがやや後手を踏んだものの残り17頭はほぼ揃ったスタート。
アズールムーンとベルカプリが飛ばし、早い流れで進みます。
前半3ハロンを33秒5で通過すると、馬群は一気に凝縮して4コーナーカーブから直線へ。
直線入口で早くもレーヌミノルが先頭に。最内を通り、後続を突き放す力強い競馬。
しかし、外からこれに一歩一歩迫るのはカラクレナイ。
ジリジリと差を詰め、交わしたところでゴールイン!!
3連勝で重賞制覇を決めました。

3連単プレゼントは、濱野さんのレーヌミノルが2着、西村さんのカラクレナイが1着、
田辺さんのクインズサリナが7着となり、1着馬を指名した西村さんが勝って、これで3連勝。

さて、競馬はトライアルシーズン。
この日もメインは桜花賞トライアルのフィリーズレビューが行われました。
18頭が集まった難しいレースでしたが見事にそれを1点で的中させたのが!

「究極の1点勝負」の門口トラックマン。
⑮レーヌミノルと⑯カラクレナイのワイド馬券(2.2倍)で11000円のプレゼント馬券ゲットに成功!
各馬の力関係を読み切った見事な予想でした。
一方今週、惜しい結果となったのが…

放送用にメモしている3連単プレゼントの結果用紙です。
上にも書いているように、フィリーズレビューは1、2、7着という結果に。
今回は3着ゴールドケープ(6番人気)を狙うのが1番難しかったのではないでしょうか?
実はこの3連単プレゼント、リーチ(3頭の内2頭が3着以内)なら今年に入って、これで4度目になるんです。
ホント、あと1頭が難しいんです。
来週は阪神大賞典。
毎年のように「我々は長距離は得意ですから」という濱野さんの弁を聴いている気がしますが…
果たして的中となりますかどうか?
ご期待ください。

次週の競馬は3日間開催。
3/19(日)は、阪神で「阪神大賞典」(G2・芝3000)、
中山で「スプリングステークス」(G2・芝1800)がそれぞれ行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!

Comments are closed.