第3回中京競馬8日目 夢やぶれし帰り道?

中京競馬場への出張中継も4週目。5/30(日)の放送日は東京で3歳世代の頂点を決める競馬の祭典「日本ダービー」(G1・芝2400)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがエフフォーリア、西村さんがサトノレイナス、田辺さんがアドマイヤハダルを指名。

同じ3歳世代として生まれた7000頭以上のサラブレッドの頂点を決める戦い、日本ダービー。今年は皐月賞馬エフフォーリアが単勝1.7倍の圧倒的支持を集め、無敗での二冠制覇に挑みました。
レースはバスラットレオンがスピードを活かしてハナを主張。2番手以下はかたまって、注目のエフフォーリアは好位の4番手、それを見るように唯一の牝馬である2番人気サトノレイナスという態勢で進みます。流れはやや落ち着いて前半の1000mを1分0秒3で通過。3コーナーカーブから各馬が動き出し、4コーナー付近ではサトノレイナスが先頭に並びかけ直線へ。馬場の真ん中に出したエフフォーリアが残り200mで先頭に、このまま押し切るかと思われたところへシャフリヤールが飛んできて、最後は2頭が併せ馬の態勢でゴールイン!写真判定で軍配はシャフリヤールに挙がり、みごと世代の頂点、ダービー馬に輝きました。
3連単は濱野さんのエフフォーリアが2着、西村さんのサトノレイナスが5着、田辺さんのアドマイヤハダルが17着となり、2着馬を指名した濱野さんが勝者に。

さて、今年の日本ダービーは二冠制覇を狙ったエフフォーリアを、ゴール地点で僅かに交わしたシャフリヤールが制覇。ダービー3勝目となった鞍上の福永祐一騎手は、ワグネリアンで初制覇を遂げて以来、昨年のコントレイルに続く連覇達成、これは史上3人目の快挙ということで、お見事でした!僅差で敗れたエフフォーリアの横山武史騎手は悔しいでしょうが、22歳という若さでこの舞台に立ったこと自体がすごいことですよね。最後の最後で少しだけ、ベテランの福永騎手と、経験の差が出たのかもしれません。
そんなスケールの大きい、勝者と敗者がいる一方で・・・

中京競馬場班の帰り道での後ろ姿をパシャリ!ちなみに左から武田さん、三宅さん、技術スタッフさん、濱野さんです。時刻は午後5時前だったんですが、ご覧の通り、すごく暑そうでしょ。このフローラルウォークが500mぐらい続いた先に中京競馬場前駅があるんですが、どことなく元気がないような気がしませんか?
すべての競馬関係者にとってダービー制覇は夢なんて言われていますが・・・一方、我々競馬ファンの側からすれば、そのレースを当てることも毎年の夢。残念ながらこの方たちの夢は叶わなかったようです。しかも、そんな中で待ち受ける、この‟中京の直線”はめちゃくちゃ長い!実は、この写真を撮っていた僕がその気持ちを一番強く感じていたのかもしれないんですが・・・

次週、6/6(日)の放送日は東京で「安田記念」(G1・芝1600)が行われます。怪物・グランアレグリアがGⅠ6勝目とレース連覇を狙う!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週5月30日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

5月30日の放送内容(予定)
①中継レース
中京競馬場 1R~11R
東京競馬場 9R~11R

②本場レース解説
2R 西尾トラックマン、3R ミッキトラックマン
4R 稲垣トラックマン、5R 増井トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 西尾トラックマン
8R 稲垣トラックマン、9R ミッキトラックマン
10R 増井トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 門口トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・ミッキトラックマン
●「2021年 クラシックへの道」・・・稲垣トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
山口大輝記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第3回中京競馬6日目 気温とともに調子も上昇!?

好天に恵まれた初夏の中京競馬場からの中継。5/23(日)の放送日は東京で牝馬クラシック第2弾「オークス」(G1・芝2400)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがソダシ、西村さんがアカイトリノムスメ、田辺さんがステラリアを指名。

今年のオークスでひと際注目を集めたのは、デビューから無傷の5連勝で桜花賞を制した白毛馬ソダシ。単勝1.9倍という圧倒的支持を集め、二冠制覇に挑みました。
レースは全馬揃ったきれいなスタートからクールキャットが先手を主張し、注目のソダシは直後の2番手集団につけます。18頭がほぼ一団で進み、1000mは59秒9で通過。3コーナーカーブで後続各馬もポジションを押し上げ、全馬がかたまった状態で直線へ。残り200m付近で馬場の真ん中からソダシが1度は先頭をうかがうも失速、そこへ外から伸びてきたユーバーレーベンがそのまま突き抜けてゴールイン!1勝馬として史上3頭目のオークス制覇を飾りました。
3連単は濱野さんのソダシが8着、西村さんのアカイトリノムスメが2着、田辺さんのステラリアが13着となり、
2着馬を指名した西村さんが勝って3連勝。

さて、この日の中京は好天に恵まれ、放送席も汗ばむような熱気に包まれていました。馬の中には夏になると調子を上げてくるタイプなどがいますが・・・もしかしたら、この日の朝のフルコースを的中させたこちらの方もそんなタイプなのかもしれません!

当たり馬券を手にしての撮影に応じてくれたのは、「究極の1点勝負」を的中させた喜多村トラックマン!この日は中京9レースの御在所特別を選び、④ラブユーライブと⑧サウンドレベッカのワイド馬券で1点勝負を敢行しました。勝ったのは9番人気の伏兵キングスタイルだったんですが、しっかり2着、3着を確保し、馬券は大的中!人気薄が絡んだため、ワイドのオッズも高めの5.3倍をつけ、払い戻しはなんと2万6500円に!!
前回は今中京開催の1週目に登場し、そのときも究極の1点勝負を的中させていた喜多村TM。ただ、前回は馬連での的中でしたが、もし仮に今回も馬連を選択したとすれば・・・かなり悔しい結果となっていたはず。馬券の式別選びも含めて、ノリに乗っている感のある喜多村TM。今後はさらなる気温の上昇が予想されるだけに、ますますの活躍が期待できるかもしれませんね♪

次週、5/30(日)の放送日は東京で「日本ダービー」(G1・芝2400)が行われます。皐月賞馬エフフォーリアが無敗での二冠達成となるか!?この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週5月23日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

5月23日の放送内容(予定)
①中継レース
中京競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
新潟競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 喜多村トラックマン 3R 仲トラックマン
4R 竹下トラックマン、5R 明木トラックマン
6R 喜多村トラックマン、7R 柳トラックマン
8R 竹下トラックマン、9R 仲トラックマン
10R 明木トラックマン、11R 喜多村トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・仲トラックマン
●「2021年 クラシックへの道」・・・竹下トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・喜多村トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
長田良三記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第3回中京競馬4日目 ‟ある”とうれしい!

雨が降ったり止んだりの1日となった中京競馬場。5/16(日)の放送日は東京で「ヴィクトリアマイル」(G1・芝1600)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがレシステンシア、西村さんがグランアレグリア、田辺さんがマルターズディオサを指名。

今年で第16回を迎えた春のマイル女王決定戦、ヴィクトリアマイル。前走の大阪杯では4着に敗れた昨年の最優秀短距離馬グランアレグリアが単勝1.3倍という断然の支持を集めました。
レースはリアアメリアがダッシュがつかず後方からのスタート。クリスティが先手を主張し、続いてスマイルカナ、2番人気レシステンシアは3番手、注目のグランアレグリアは中団よりやや後方を進みます。前半3ハロンは34秒3と落ち着いた流れとなり、徐々にペースが上がって4コーナーカーブから直線へ。早めに先頭に立ったレシステンシアに馬場の真ん中から伸びてきたグランアレグリアが迫り残り200mで交わすと、そのまま後続を突き放し4馬身差の圧勝でゴールイン!GⅠ5勝目、さらに史上初となる古馬マイルGⅠ完全制覇を達成しました。
3連単は濱野さんのレシステンシアが6着、西村さんのグランアレグリアが1着、田辺さんのマルターズディオサが9着となり、1着馬を指名した西村さんが勝って連勝。

さて、初夏の中京開催に突入した競馬中継ですが、現在はラジオ大阪のスタジオと中京競馬場の二班体制でお送りしているのですが・・・無観客開催だった阪神競馬場と違い、中京競馬場は制限付きではあるもののお客さんを入れての開催となっています。また、東京競馬場も今週からお客さんが入っており、再来週のダービーは2年ぶりの有観客で行われると発表もありました。
お客さんが入ると、券売機で馬券が買えるということ以外にも、ちょっとうれしいことがあるんです!それがコチラ・・・

この日、競馬場内で配布されていたレーシングプログラム、通称レープロです。番組をお送りする上でも情報のチェックには欠かせないこのレープロなんですが、無観客の際は関係者しかいないということもあり、白黒ページのみの簡素なものだったのが、この通りカラー写真のカッコいい表紙のものが配られていました。中を開いたページの最後には、表紙を飾った前年の勝ち馬アーモンドアイのレースぶりを振り返るメモリアル記事も掲載されていて、読み物としても楽しむことができます。特に現在は指定席を購入された方のみの入場ということなので、ファンにとっては貴重な記念の品になりそうですね。

次週、5/23(日)の放送日は東京で「オークス」(G1・芝2400)が行われます。白毛のヒロイン・ソダシが無敗の二冠制覇に挑む!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週5月16日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

5月16日の放送内容(予定)
①中継レース
中京競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
新潟競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 藤岡トラックマン
4R ミッキトラックマン、5R 増井トラックマン
6R 高橋トラックマン、7R 仲トラックマン
8R ミッキトラックマン、9R 藤岡トラックマン
10R 増井トラックマン、11R 高橋トラックマン
12R 仲トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・藤岡トラックマン
●「2021年 クラシックへの道」・・・ミッキトラックマン
●「究極の1点勝負」・・・高橋トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
片山和広記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第3回中京競馬2日目 中京でも絶好調!

競馬中継の舞台は関西を離れ、中京競馬場に。5/9(日)の放送日は東京で「NHKマイルカップ」(G1・芝1600)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがバスラットレオン、西村さんがグレナディアガーズ、田辺さんがリッケンバッカーを指名。

東京競馬場、5週連続GⅠ開催の第1弾を飾る第26回NHKマイルカップ。出走メンバー唯一のGⅠホース・グレナディアガーズ、皐月賞をパスしてここに狙いを定めてきたシュネルマイスター、前走ニュージランドトロフィー圧勝のバスタットレオンが三つ巴の人気を形成しました。
レースはスタート直後にバスタットレオンの騎手が落馬し、競走中止となる波乱ムードの幕開け。大外のピクシーナイトが勢い良くハナに立ち、1番人気グレナディアガーズは好位の5~6番手、それを見るように2番人気シュネルマイスターがちょうど中団あたりを進みます。やや縦長の馬群で前半3ハロンを33秒7で通過。後続各馬も差をつめて最後の直線、馬場の外目を通ってグレナディアガーズが早め先頭に。残り200mでソングラインがこれを交わすと、さらに外から同じ勝負服のシュネルマイスターが一歩一歩差を詰め、並んだところがゴールイン!僅かにシュネルマイスターが競り勝ち、外国産馬による20年ぶりの勝利となりました。
3連単は濱野さんのバスタットレオンが競走中止、西村さんのグレナディアガーズが3着、田辺さんのリッケンバッカーが4着となり、3着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、スタジオと競馬場の2班体制は継続中なんですが、冒頭にも書いたように競馬場班の中継先はこの日から中京競馬場に舞台を移すことになりました。競馬場が変われば流れが変わる、なんて話も良く耳にしますが・・・朝のフルコースでも特に人気の高い ‟あのコーナー”では競馬エイトの敏腕トラックマンの予想が今週も冴えわたりました!

阪神競馬場では買えなかった馬券と、競馬エイトの紙面を持って撮影に応じてくれたのは、競馬エイト・喜多村トラックマンです!先週の門口トラックマンに続き、この日の「究極の1点勝負」を担当しました。そして、手にしているエイトのページは新潟メイン「新潟大賞典」。そう!このレースの本命・対抗である②サンレイポケットと⑩ポタジェのワイド②-⑩で1点勝負を敢行し、みごと1着、2着!この完璧な馬券が4.4倍をつけ、2万2000円の払い戻しをゲット!!人気サイドの決着とはいえ、馬連なら10倍を超える配当をたった1点で、ズバリと的中させる予想力はさすがですよね~♪担当者が替わっても、中京に舞台を移しても、的中が途切れることのなかった究極の1点勝負、当然次週以降も大注目ですよ!

次週も東京でGⅠ開催。5/16(日)の放送日は東京で「ヴィクトリアマイル」(G1・芝1600)が行われます。昨年の最優秀短距離馬グランアレグリアが東京マイルで再び輝きを放つか!?この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週5月9日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

5月9日の放送内容(予定)
①中継レース
中京競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
新潟競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 喜多村トラックマン 3R 竹下トラックマン
4R 稲垣トラックマン、5R 門口トラックマン
6R 喜多村トラックマン、7R 柳トラックマン
8R 稲垣トラックマン、9R 竹下トラックマン
10R 門口トラックマン、11R 喜多村トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・竹下トラックマン
●「2021年 クラシックへの道」・・・稲垣トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・喜多村トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
片山和広記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第2回阪神競馬10日目 ベテランコンビ大活躍!」

ゴールデンウィーク真っ只中ながら無観客競馬が続く阪神競馬場。5/2(日)の放送日は阪神で春の長距離チャンピオンを決める伝統の一戦「天皇省(春)」が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがワールドプレミア、西村さんがアリストテレス、田辺さんがディアスティマを指名。

1994年以来、27年ぶりに阪神競馬場での開催となった天皇賞(春)。確固たる本命馬不在の中、1番人気に支持されたのは、前哨戦の阪神大賞典を快勝したディープボンドでした。
レースはディアスティマがハナを主張し、縦長の展開で最初の1000mを59秒8のペースで通過。人気のディープボンド、カレンブーケドール、アリストテレスらは4~6番手あたりの好位を進みます。向正面でもディアスティマが長い隊列を引っ張る形で逃げ、内回りの3、4コーナーカーブから各馬スポートを開始し、勝負は直線の攻防へ。逃げるディアスティマを捕らえて、早めに先頭に立ったカレンブーケドールに、馬場の真ん中からディープボンドが迫ると、さらにその外から伸びてきたワールドプレミアがまとめて差し切ってゴールイン!3分14秒7のレコードタイムで菊花賞以来となるGⅠ2勝目を挙げました。
3連単は濱野さんのワールドプレミアが1着、西村さんのアリストテレスが4着、田辺さんのディアスティマが6着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝って連勝。

さて、阪神競馬場を舞台に行われた天皇賞(春)はワールドプレミアが復活の勝利を飾りました。そして、鞍上の福永祐一騎手は、父の洋一騎手との天皇賞親子制覇達成。また、横山典弘騎手、和生騎手、武史騎手による史上初の親子3人競演など、伝統の一戦にふさわしい歴史を感じさせる記録も生まれました。
そんな伝統の一戦が行われた この日は競馬エイトトラックマンもベテラン勢が大活躍だったんです!

放送終了後、みごと馬券プレゼントに成功した門口トラックマンと明木トラックマンをパシャリ!熱血系とほのぼの系って感じで、それぞれのキャラクターが出てますよね♪明木TMは「WIN5のキモ」を担当し、選んだ阪神10レース「端午ステークス」で⑪スマッシャー(6番人気)の単複馬券で勝負。単勝ゲットとはならなかったものの、3着となり複勝が的中!3500円分の購入で9450円の払戻しとなりました。
一方、門口TMといえば、もちろん「究極の1点勝負」ですよね~!選んだレースは阪神11レース「天皇賞(春)」。淀ではなく、仁川の3200mというほとんど前例のない舞台設定ながら、本命①ワールドプレミアと対抗⑫ディープボンドのワイド①-⑫をズバッと的中させ、1万8000円のプレゼントに成功しました!
来週以降もまだまだ続く春のGⅠシリーズですが、ドラマティック競馬でしか聴けない、競馬エイトトラックマンのイチオシレースと予想をぜひ参考にしてください♪

次週から中継の舞台は中京競馬場に。5/9(日)の放送日は東京で「NHKマイルカップ」(G1・芝1600)が行われます。グレナディアガーズ、シュネルマイスター、バスラットレオンら若き才能が激突!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!