「第4回京都競馬4日目 歴史的快挙!そして・・・アレが復活!?」

改修前最後となる京都競馬2週目。10/18(日)の放送日は京都で牝馬三冠レース最終戦「秋華賞」(G1・芝2000)が行われました。

3連単プレゼントは濱野さんがデアリングタクト、西村さんがリアアメリア、田辺さんがマルターズディオサを指名。

牝馬三冠達成なるか?第25回秋華賞はデビューから4戦4勝で桜花賞、オークスを制したデアリングタクトが単勝1.4倍という圧倒的支持を集めました。

レースは稍重の馬場ながらマルターズディオサら4、5頭が飛ばして前半1000mは59秒4で通過。注目のデアリングタクトはちょうど中団あたりを進みます。
4コーナーをまわって一団となった馬群は内外大きく離れて直線へ。
残り200mでやや外目を通って先頭に立ったデアリングタクトがそのまま後続を振り切ってゴールイン!史上初、無敗での牝馬三冠を達成しました。

3連単は濱野さんのデアリングタクトが1着、西村さんのリアアメリアが13着、田辺さんのマルターズディオサが7着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝って連勝。

さて、今週はなんと言っても、デアリングタクトの牝馬三冠達成!
残念ながら現在競馬場は限られた人数しか入場できない状態ですが、テレビやラジオの前で多くの人が感動したのではないでしょうか?
そんな歴史的瞬間を目の前で目撃し、さらに自身の実況によって花を添えたのが・・・

我らがドラマティック競馬の看板実況アナウンサー・濱野圭司さん!番組が終了してもしばらく興奮気味だった濱野さんが手に持っているのは、デアリングタクトのカラー写真。実はこれ、JRAが配布しているレーシングプログラムで、中を開くと真ん中の辺りに折り込まれていました。ちなみにひっくり返すとオークス勝利時の写真になっています。さまざまなデータを集めるのが趣味の濱野さんも「これは大変貴重になりますよ!」と豪華なレープロに大満足しておりました。
GⅠの際には、このようなカラー版のレープロもつくられることでファンを喜ばせていますが、制限付きながら入場が再開されたことで、復活したものといえば・・・

当たり馬券を手にした稲垣TMをパシャリ!この日の朝のフルコース、「クラシックへの道」では③グロリアムンディを本命に3000円を投じた大本線の馬連③-⑥が大的中!1万9200円の払い戻しゲットとなりました。京都開催から一部券売機でも馬券が買えるようになったということで、番組的にもうれしい当たり馬券撮影が復活!これまで各トラックマンにいろんなポーズを要求してきましたが、なんだかんだ言っても当たり馬券が一番説得力がありますよね~♪

次週も歴史的快挙達成か!?10/25(日)の放送日は京都で3歳牡馬クラシック最終戦「菊花賞」(G1・芝3000)が行われます。コントレイルが父ディープインパクト以来となる無敗での三冠制覇に挑む!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!