「第3回京都競馬2日目 リモート競馬中継スタート」

舞台は京都競馬場へ。好天に恵まれた4/26(日)の放送日は京都で「マイラーズカップ」(G2・芝1600)、東京で「フローラステークス」(G2・芝2000)がそれぞれ行われました。

3連単プレゼントは京都メインのマイラーズカップを予想。濱野さんがヴァルディゼールを、西村さんがインディチャンプを、田辺さんがブラックムーンを指名。

レースは直前にフィアーノロマーノが競走除外となり11頭立てに。
ランスオブプラーナとベステンガンクの逃げ争いで最後の直線、3番手から直線半ばで余裕十分に抜け出したインディチャンプがそのままムチを入れることなく押し切って完勝のゴールイン!
斤量58キロをものともせず、出走馬唯一のGⅠ馬の貫禄を見せつけました。

3連単プレゼントは、濱野さんのヴァルディゼールが5着、西村さんのインディチャンプが1着、田辺さんのブラックムーンが8着となり、1着馬を指名した西村さんが勝って連勝。

さて、第3回となる京都開催が始まったのですが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う無観客競馬の5月末までの延長が決定。
この危機的状況に対し、社会的にもリモートワークなどによる安全確保の動きが進んでいます。
そんな中、ドラマティック競馬もコロナ対策として出演者・スタッフを2つにわけて競馬中継を行うことになりました。

ラジオ大阪本社スタジオの雰囲気です!総合司会の西村さんを始め、放送作家の穴馬スナイパー・田辺さん、実況の松下翔さんがスタジオ班。モニターを通じてレース状況を確認できます。
一方、主に本場でメイン実況を担当する濱野さん、三宅さんのベテランコンビ、オッズ・結果を伝える女性アシスタントは、競馬場班としてお送りする形となりました。それぞれのポジションに大きな変更はないのですが、中継をする上でポイントとなるのが、西村さんとトラックマンのやりとりなんですが・・・放送席の様子がコチラ!

空いた時間に津田トラックマン、門口トラックマンの姿をパシャリ!
注目すべきは本来、西村さんの座っていた場所あたり置いてある小型のモニター、これに西村さんの姿が映し出されるので、トラックマンとお互いを確認しながらスムーズな会話ができるんです。

ちなみに、両トラックマンとも「朝のフルコース」の担当だったんですが、門口TMの写真は「究極の1点勝負」で8500円を的中させた後の表情です!
津田TMの方は、残念ながらプレゼントは失敗したんですが、放送中に自ら「今、さっき写真を撮られた」と発言されていたことですし・・・せっかくなので今回は微妙な表情の写真をアップさせてもらました。

とにかく当面はこのスタイルでの放送となるドラマティック競馬。引き続き、楽しい中継をお送りしていきますのでよろしくお願いします!

次週から5月に突入。5/3(日)は京都で最強ステイヤー決定戦「天皇賞(春)」(G1・芝3200)が行われます。連覇を狙うフィエールマン、充実一途のユーキャンスマイル、菊花賞以来の勝利を目指すキセキら注目馬が激突!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週4月26日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

4月26日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
福島競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 竹下トラックマン
4R 津田トラックマン、5R 増井トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 明木トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 津田トラックマン
10R 増井トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・竹下トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・津田トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
山口大輝記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第2回阪神競馬8日目 これも私の担当です」

2回阪神開催も最終日となった4/19(日)の放送日は中山でクラシック三冠レース第1弾「皐月賞」(G1・芝2000)が行われました。

3連単プレゼントは濱野さんがダーリントンホールを、西村さんがコントレイルを、田辺さんがビターエンダーを指名。

第80回の節目となる皐月賞は、ともに無敗でGⅠを制したコントレイルとサリオス、トライアルの弥生賞ディープインパクト記念の覇者サトノフラッグによる3強ムードとなりました。

レースは逃げたキメラヴェリテにウインカーネリアンが並びかけて最後の直線、内から早め先頭に立ったサリオスに、大外をまわりながらも一気に加速してきたコントレイルが並びかけ残り100mで2頭のマッチレース。最後は半馬身前に出たコントレイルが無敗対決を制してゴールイン!
今は亡き父ディープインパクトを彷彿とさせるようなレースぶりで4戦無敗で皐月賞馬に輝きました。
3連単プレゼントは、濱野さんのダーリントンホールが6着、西村さんのコントレイルが1着、田辺さんのビターエンダーが14着となり、1着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、先週は36年連続桜花賞実況をつとめたドラマティック競馬の看板実況アナウンサー・濱野圭司さんにフォーカスをあてましたが・・・今週は大ベテランから一転、ドラマティック競馬メンバーの中ではもっとも新人である、あの方の仕事ぶりを覗いてみましょう!

前かがみで顔もわからない状態で申し訳ないですが・・・被写体は今年からドラマティック競馬に加わった実況アナウンサー、松下翔さんです!
現在は午前中のレース結果や午後からのモニター実況を3~4レースほど担当しており、その声も徐々にみなさんにも浸透してきたんではないでしょうか?

ところでこの写真が何かというと、リスナーの皆さんから送られてきたハガキを個人情報保護のため、シュレッダーで裁断している様子。番組宛てに毎週いただいている、たくさんの感想やご意見は、出演者にも読んでもらってからこのような形で放送終了後に処分しています。
松下さんには当初から事務的な作業もサポートしてもらっているんですが、いつの間にかこのシュレッダー作業も担当になっていました。真面目な性格であれこれ率先して仕事していただいて・・・おかげで僕、ほとんど仕事しなくて済んでます(*^_^*)

と、いうことでそんな松下さんへの実況の感想なども是非お待ちしておりま~す!!

次週から舞台は京都競馬場へ。4/26(日)は京都で「マイラーズカップ」(G2・芝1600)、東京で「フローラステークス」(G2・芝2000)がそれぞれ行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週4月19日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

4月19日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R
福島競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 津田トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 藤岡トラックマン
8R 津田トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・津田トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
山口大輝記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第2回阪神競馬6日目 ミスター桜花賞のビフォーアフター」

桜はまだ残っていたものの、朝から雨模様となった阪神競馬場。4/12(日)の放送日は阪神で3歳牝馬クラシック第1弾「桜花賞」(G1・芝1600)が行われました。

3連単プレゼントは濱野さんがレシステンシアを、西村さんがリアアメリアを、田辺さんがヤマカツマーメイドを指名。
第80回を迎えた桜花賞。武豊騎手との新コンビで臨む2歳女王レシステンシアと圧倒的なパフォーマンスでエルフィンステークスを制した2戦2勝馬デアリングタクトが人気を分け合う形となりました。

レースはスマイルカナが逃げ、その直後にレシステンシアがピタリとつけて最後の直線。粘るスマイルカナを直線半ばでレシステンシアが振り切ったところへ大外からただ1頭、猛然と追い込んできたデアリングタクトが差し切ってゴールイン!40年ぶり3頭目となる最少キャリアでの桜の女王に輝きました。

3連単プレゼントは、濱野さんのレシステンシアが2着、西村さんのリアアメリアが10着、田辺さんのヤマカツマーメイドが18着となり、2着馬を指名した濱野さんが勝って連勝!

さて、この日の「穴馬狙い撃ち」でおなじみ穴馬スナイパー・田辺大介さんが阪神5レースで⑪スリーピートの複勝4000円を的中させ、7200円の払い戻しをゲット!ついに「朝のフルコース」は8週連続の的中記録を更新!
そして、桜花賞といえば、現在まで続く不滅の大記録を更新し続けている人物が!みなさん、もうお分かりですね♪

今年、桜花賞連続実況36年目を迎えた“ミスター桜花賞”濱野圭司アナウンサーです!「もう両手では表現できない年数になってしまいました、ハッハッハッ~」とダブルピース!
ということで、長い歴史の経過をひと目で振り返っていただけるよう、左上に番組当初のPR用写真を組み合わせてみました。若かりし頃の総合司会・西村さんも一緒に添えてみましたが・・・馬券学講座の時間でも触れられていましたが、やはり西村さんの方のギラギラ感に目が行ってしまいますね!
ご存じの通り、今年の桜花賞は残念ながら無観客開催となってしまいましたが、ラジオからはデアリングタクトの素晴らしい走りが濱野さんの臨場感あふれる実況で伝わったのではないかと思います。ついに40年も見えてきた濱野さんの桜花賞実況、来年はまた多くのファンの声援とともに感動を届けてくれることでしょう!
次週で2回阪神開催も終了。4/19(日)は中山でクラシック三冠レース第1弾「皐月賞」(G1・芝2000)が行われます。コントレイルとサリオス、無敗のGⅠホース2頭がついに直接対決!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週4月12日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

4月12日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R
福島競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 増井トラックマン
4R 津田トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 竹下トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 津田トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・増井トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・津田トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
斉藤弘樹記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第2回阪神競馬4日目 連勝街道まっしぐら!」

4月に突入するも、突風が吹き荒れる先週以上に肌寒い1日となった阪神競馬場。
4/5(日)の放送日は阪神でGⅠ昇格4年目を迎えた「大阪杯」(G1・芝2000)が行われました。

3連単プレゼントは濱野さんがダノンキングリーを、西村さんがブラストワンピースを、田辺さんがロードマイウェイを指名。
グランプリホース、ダービー馬など5頭のGⅠホースが顔を揃える中、1番人気に支持されたのはGⅠ制覇を狙う4歳牡馬ダノンキングリーでした。
レースは逃げ馬不在の中、ダノンキングリーが押し出される展開に。
最後の直線、粘るダノンキングリーを内から伸びたラッキーライラックが捕らえると、外から迫るクロノジェネシスの追撃も振り切ってゴールイン!去年のエリザベス女王杯に続くGⅠ3勝目を挙げました。

3連単プレゼントは、濱野さんのダノンキングリーが3着、西村さんのブラストワンピースが7着、田辺さんのロードマイウェイが12着となり、3着馬を指名した濱野さんが勝者に。

さて、今年の大阪杯では5歳牝馬ラッキーライラックが快勝ともいえる内容で牡馬勢を一蹴。
3歳から4歳春までの勝ち切れない姿を見てきただけに、完全に覚醒した印象を受けました。
ただ調教や厩舎関係者への取材から、その変化を見逃さなかったのが・・・

ラッキーライラックの馬柱を指差し、「だから今までと馬が違うって言ったでしょ!」と満足げな表情の喜多村トラックマン!!
この日担当した「究極の1点勝負」では⑤ラッキーライラックの単勝勝負で2万500円のプレゼントに成功!
お休みだった門口TMの代役をみごとに果たしてくれました。

実は、ラッキーライラック並みの覚醒状態にあるのが、我がドラマティック競馬の「朝のフルコース」。
なんと、この日まで7連勝となっているんです。
競馬場での観戦ができなくて寂しい思いをしている方が多いと思いますが、ぜひこの機会にドラマティック競馬をお聴きいただき、朝のフルコースへご参加よろしくお願いします。
次の幸運は、あなたに転がり込むかもしれません!

次週、4/12(日)は阪神で3歳牝馬クラシック第1弾「桜花賞」(G1・芝1600)が行われます。2歳女王レシステンシアの反撃か、それとも新興勢力の台頭か!?この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週4月5日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

4月5日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 籔本トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 藤岡トラックマン
6R 喜多村トラックマン、7R ミッキトラックマン
8R 仲トラックマン、9R 籔本トラックマン
10R 藤岡トラックマン、11R 喜多村トラックマン
12R 西尾トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・籔本トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・藤岡トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・喜多村トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp