今週3月1日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

3月1日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R
中京競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 西尾トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 藤岡トラックマン
6R 喜多村トラックマン、7R ミッキトラックマン
8R 籔本トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 藤岡トラックマン、11R 喜多村トラックマン
12R 竹下トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・西尾トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・喜多村トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第2回京都競馬8日目 芝じゃなくても・・・」

年明けから2か月間続いた京都開催も最終日。2/23(日)の放送日は東京で、今年最初のJRA・GⅠ「フェブラリーステークス」(G1・ダ1600)が行われました。

3連単プレゼントは濱野さんがタイムフライヤーを、西村さんがモズアスコットを、田辺さんがモジアナフレイバーを指名。

第37回を迎えるフェブラリーステークスは、前走初ダートとなった根岸ステークスを快勝した安田記念の勝ち馬モズアスコットと、このレース連覇を狙うインティが人気を分け合う形となりました。

レースは最後の直線、逃げたワイドファラオのリードがなくなり、後続が一気に押し寄せる中、2強の一角インティは失速。一方、モズアスコットは満を持して馬場の真ん中に持ち出すと、そのまま後続をグングンと突き放して圧勝のゴールイン!史上5頭目となる芝・ダート双方でのGⅠ制覇を達成しました。

3連単プレゼントは、濱野さんのタイムフライヤーが5着、西村さんのモズアスコットが1着、田辺さんのモジアナフレイバーが6着となり、1着馬を指名した西村さんが勝ち、これで3連勝。

さて、ダート界の頂上決戦ともいえるフェブラリーステークスでは、モズアスコットが新王者に相応しい勝ち方を示したわけですが、実はこの日、もう一つダート戦線の注目レースが行われていたんです。そのレースでみごと、プレゼントに成功したのが、この方!

「クラシックへの道」を担当した増井トラックマンです!東京9レース「ヒヤシンスステークス」で、本命にした⑫タガノビューティーが2着となり、3着⑩ヤウガウとのワイド②-③(3.1倍)を的中させ、6200円の払い戻し馬券をゲット!勝ち馬となったカフェファラオとの組み合わせは安すぎるということで、あえて穴っぽいところも押さえての高配当も狙っていたんですが、人気通りの堅すぎる決着となり、増井TMも「残念でした」と振り返っていました。
そもそも、「クラシックへの道」って芝路線でしょ?と、ツッコまれる方もいると思いますが、この日は例年京都で新馬戦も組まれておらず、他場にもめぼしい中距離戦が存在しないのです。とはいえ3歳馬限定で行われるこのヒヤシンスステークスの過去の勝ち馬には、後にダート界の頂点に立つゴールドドリームなどもおり、新たなスター候補を発掘するという意味ではコーナーの趣旨に合致しているのではないでしょうか。と、いうことでこの先本格化していくクラシック戦線でも増井TMの予想は要チェックですよ!

次週からは3月、そして舞台は阪神競馬場へ。3/1(日)は阪神で「阪急杯」(G3・芝1400)、中山で「中山記念」(G2・芝1800)がそれぞれ行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週2月23日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

2月23日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
小倉競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 西尾トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 津田トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 仲トラックマン
8R 坂本トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 津田トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・西尾トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
渡部陽之助記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第2回京都競馬6日目 馬券にも歴史あり」

雨が降ったり止んだりの1日となった2/16(日)は京都で「京都記念」(G2・芝2200)、東京で「共同通信杯」(G3・芝1800)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは京都メインの京都記念を予想。濱野さんがステイフーリッシュを、西村さんがカレンブーケドールを、田辺さんがアメリカズカップを指名しました。
レースは最後の直線、大逃げをうったアメリカズカップと後続の差が一気に詰まると、馬場の真ん中から抜け出したクロノジェネシスがそのまま突き抜けてゴールイン!出走馬、唯一のGⅠホースが1番人気に応える貫禄勝ちを見せました。
3連単プレゼントは、濱野さんのステオフーリッシュが3着、西村さんのカレンブーケドールが2着、田辺さんのアメリカズカップが6着となり、2着馬を指名した西村さんが勝って連勝。

さて、今年の京都記念では牝馬ながら実績ナンバーワンのクロノジェネシスが完勝。京都記念といえば“伝統の一戦”と呼ばれ、過去にも様々な名馬の登場や名勝負が繰り広げられてきました。つまり、京都記念をさかのぼれば、競馬の歴史を垣間見ることができるといっても過言ではないですね。実は最近、ドラマティック競馬のあるヘビーリスナーの方から、競馬の歴史を語るうえで貴重な資料が送られてきたんです!それが、コチラ・・・

何か分かりますか?実はこれ、全部勝ち馬投票券、そう馬券なんです!すべて昭和50年前後、今から45年ぐらい前に実際に使われていたもののようです。こちらで調べたところ、横長の大きめの馬券の方が若干古く、パンチで穴を開けて買い目を認識するタイプ、そのあとに電車の切符のようなタイプが登場したらしいですね。ただ、同じ昭和50年と書かれたそれぞれの馬券があるということは、その過渡期といえる時代だったのではないでしょうか?購入方法ももちろんマークカードではなく、専用の用紙に金額などを自分で直接記入して窓口で手渡すシステムだったようです。
たぶん、これを実際に目にした可能性があるのは、ドラマティック競馬では濱野さんぐらいのはず・・・特に現在の馬券に慣れ親しんでいる三宅さんには新鮮だったようで、非常に興味を示していました。今回、この貴重な資料を送ってくださったリスナーの方、ありがとうございました。今後もご愛聴のほどよろしくお願い致します。
次週はいよいよ2020年最初のGⅠ開催。2/23(日)は東京でダート最強馬決定戦「フェブラリーステークス」(G3・ダ1600)が行われます。連覇に挑むインティ、ダートでもGⅠ制覇を狙う安田記念の勝ち馬モズアスコットら注目馬が激突!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週2月16日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

2月16日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
小倉競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 仲トラックマン
4R 竹下トラックマン、5R 藤岡トラックマン
6R 増井トラックマン、7R 坂本トラックマン
8R 明木トラックマン、9R 竹下トラックマン
10R 藤岡トラックマン、11R 増井トラックマン
12R 西尾トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・仲トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・竹下トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・増井トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
斉藤弘樹記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第2回京都競馬4日目 そういえば、そんな時期ですね・・・」

時折、雪が舞い散る寒い1日となった2/9(日)は京都で「きさらぎ賞」(G3・芝1800)、東京で「東京新聞杯」(G3・芝1600)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは京都メインのきさらぎ賞を予想。濱野さんがサトノゴールドを、西村さんがアルジャンナを、田辺さんがトゥルーヴィルを指名しました。
レースは最後の直線、逃げたギベルティを交わし、早め先頭に立ったストーンリッジを外からコルテジアが猛追。2頭馬体を合わせてのマッチレースはゴール直前でひと伸びを見せたコルテジアに軍配!なんと出走馬8頭中7番人気の伏兵が人気馬を一蹴する波乱の結末となりました。
3連単プレゼントは、濱野さんのサトノゴールドが6着、西村さんのアルジャンナが3着、田辺さんのトゥルーヴィルが5着となり、3着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、冒頭で書いたようにこの日はレース中にも雪が降るほど、先週までとはひと味違う本格的な寒さとなりました。例年に比べて暖かい日が続いたことで、忘れていた冬の寒さを痛感する1日に。ただこの日はうれしい意味でも、もうそんな時期かと、気付かされたことが・・・

はい、チョコレートです!次の金曜日はバレンタインデー。毎年、バレンタインデーが近づく日曜日になると、女性アシスタントの武田英子ちゃんと井川茉代ちゃんから、番組の出演者・スタッフ全員がチョコレートをいただいています。もちろん毎年中身も違っていて、茉代ちゃんによると今年は真ん中のピンク色をしたルビーチョコレートが流行っているということでした。実際、3種類どれも違う味で美味しかったですよ♪何よりこの日のためにデパートまで足を運び、チョコレートを選ぶ2人の心遣いがうれしいですね。英子ちゃん、茉代ちゃん、本当にありがとうございま~す!!

今週2月9日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

2月9日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
小倉競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 仲トラックマン
4R 津田トラックマン、5R 藤岡トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 竹下トラックマン
8R 籔本トラックマン、9R 津田トラックマン
10R 藤岡トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・仲トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・津田トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
川端亮平記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第2回京都競馬2日目 令和2年、夢のスリーショット実現!」

令和2年となって早くも1か月が経過。第2回京都開催に突入した2/2(日)は京都で「シルクロードステークス」(G3・芝1200)、東京で「根岸ステークス」(G3・ダ1400)がそれぞれ行われました。

3連単プレゼントは京都メインのシルクロードステークスを予想。
濱野さんがモズスーパーフレアを、西村さんがレッドアンシェルを、田辺さんがジョイフルを指名しました。

レースは最後の直線、終始主導権をとって逃げたモズスーパーフレアが押し切り態勢の中、残り50mで後方からアウィルアウェイ、エイティーンガール、ナランフレグ3頭が強襲。
馬場の真ん中から伸びたアウィルアウェイが差し切ってゴールイン!兄にGⅠホース・インディチャンプを持つ良血馬が本格化を予感させる重賞初制覇を遂げました。

3連単プレゼントは、濱野さんのモズスーパーフレアが4着、西村さんのレッドアンシェルが18着、田辺さんのジョイフルが7着となり、最先着馬を指名した濱野さんが勝って連勝。

さて、令和2年に入って2か月目、2回京都開催2月2日、「2並び」の記念すべき日。
みなさんお待たせしました、いやお待たせし過ぎたかもしれません!
ついに・・・「朝のフルコース」大爆発しました~!
番組としても久々となる3発的中、ではその3人の勇者に登場していただきましょう!

左から「クラシックへの道」増井トラックマン、「君にひとめぼれ」三宅きみひとアナウンサー、「究極の1点勝負」門口トラックマンです。
まず、京都6レースでは増井TMがワイド馬券ダブル獲りとなる、合計3万1450円の大ホームラン!
さらに京都9レースでは門口TMが朝からずっと考え続けたという自信のワイド馬券で1点勝負をみごと的中!
こちらは1万1000円の払い戻しに。

そして、京都メイン・シルクロードステークスで、長らく低迷の続いていた我らが三宅さんも令和2年初のプレゼント馬券に成功!
勝ったアウィルアウェイからのワイド流しで1万2900円を的中させました。
特に三宅さんは今年に入ってから「君にひとめぼれ」がプレゼントのレギュラーコーナーに昇格し、早く当てたいというプレッシャーもあったのではないでしょうか。

とにかく、この御三方の大活躍で総払い戻し金額は4万超えとなるプレゼントに成功!
少し遅くなったものの、豪華なお年玉となりました。ぜひともこの勢いを来週以降も期待したいですね♪

次週、2/9(日)は京都で「きさらぎ賞」(G3・芝1800)、東京で「東京新聞杯」(G3・芝1600)がそれぞれ行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!