「第1回京都競馬1日目 2020年もワンチームで!」

皆様、明けましておめでとうございます。2020年もドラマティック競馬をよろしくお願いします!
新年1発目の放送となった1/5(日)は京都で「京都金杯」(G3・芝1600)、中山で「中山金杯」(G3・芝2000)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは京都メインの京都金杯を予想。濱野さんがサウンドキアラを、西村さんがカテドラルを、田辺さんがモズダディーをそれぞれ指名しました。
レースは最後の直線、早めに抜け出した14番人気ボンセルヴィーソを直線半ばで捕らえたサウンドキアラがダイアトニックの猛追を振り切ってゴールイン!
新年の幕開けとともに重賞初制覇を飾りました。

3連単プレゼントは、濱野さんのサウンドキアラが1着、西村さんのカテドラルが17着、田辺さんのモズダディーが11着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝って、年をまたいでの3連勝を達成。

さて、昨年末で長きにわたってドラマティック競馬を支えてくださった実況アナウンサーの青沼稔さんが卒業。
これから番組がどうなっていくのか、不安の声もあったと思いますが・・・別れがあれば出会いもある、ということで新年からドラマティック競馬に新たな仲間が加わりました!

はい!濱野さん、三宅さんに挟まれた真ん中に写る人物こそ、新しく実況担当として加わった松下翔(まつした・しょう)アナウンサーです。
実は松下さんには3か月ほど前から研修期間という形で、番組のお手伝いをしてもらっていたのですが、この日が初お披露目となりました。
これまで近くで見てきた印象は、とにかく真面目。
まさに写真の雰囲気そのままですね。
逆にこれからの放送の中で、あっと驚く意外な一面を見せてくれるかもと、期待もしております!

また番組的には、この日、1レースのみではありますが、実況デビューも果たした松下さん。
周りには濱野さん、三宅さんという良きお手本となる先輩方もいることですし、これからも実況陣の“ワンチーム”でドラマティック競馬を盛り上げていってほしいですね♪
ということで、松下さんへの応援や質問も是非お待ちしておりま~す!
次週、1/12(日)は京都で「シンザン記念」(G3・芝1600)が行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!