今週12月1日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

12月1日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R
中京競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 仲トラックマン
4R 竹下トラックマン、5R 藤岡トラックマン
6R 喜多村トラックマン、7R ミッキトラックマン
8R 西尾トラックマン、9R 竹下トラックマン
10R 藤岡トラックマン、11R 喜多村トラックマン
12R 明木トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・仲トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・竹下トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・喜多村トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第5回京都競馬8日目 メモリアルな馬券」

11月末とは思えない陽気に包まれた京都競馬場。
11/24(日)の放送日は東京で「ジャパンカップ」(G1・芝2400)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがスワーヴリチャードを、西村さんがレイデオロを、田辺さんがムイトオブリガードをそれぞれ指名。

史上初めて外国馬の参戦がなく、日本馬のみでの開催となった第39回ジャパンカップ。それでもGⅠ2勝のレイデオを筆頭に、ワグネリアン、スワーヴリチャード、ユーキャンスマイルら国内トップホースが集結しました。

レースは最後の直線、ダイワキャグニーが逃げ粘る中、最内をついて伸びたスワーヴリチャードが残り200mで先頭に。
そのままカレンブーケドールの追撃も振り切ってゴールイン!
欧州の若き名手、オイシン・マーフィー騎手に導かれ、昨年春の大阪杯以来となるGⅠ2勝目を挙げました。

3連単プレゼントは、濱野さんのスワーヴリチャードが1着、西村さんのレイデオロが11着、田辺さんのムイトオブリガードが8着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝って、これで4連勝。

さて、今週の「朝のフルコース」のプレゼント馬券では、穴馬スナイパー・田辺大介さんが午前中の京都3レースを的中!
複勝3000円が、1万1400円となりました!例によって「顔出しNG」といわれたので、栄光の馬券をアップでどうぞ!

と、コチラの馬券ですが、いつも少し違うことにお気づきでしょうか?
黄色や薄い青色で馬のシルエットとともに「ディープインパクトメモリアル」と印刷されています。
ジャパンカップが行われたこの日は、今年の7月末に天国へ旅立った日本競馬史上最高の名馬とも評されるディープインパクトのメモリアルデーとして競馬が開催。
そのため東京競馬場ではなく、京都競馬場で買ったジャパンカップ以外の馬券もすべてこのような仕様になっていました。
いつもよりちょっと得した気分になりますよね♪中には今回のジャパンカップの出走馬の単勝馬券をすべて買って記念シートにしたという人もいるようです。
あらためて、競馬には多くの楽しみ方があるなぁと実感した1日でありました。
では今後もディープインパクトのような名馬の誕生を願って、また来週~!

次週から12月に突入、舞台は阪神競馬場へ。12/1(日)は、中京で「チャンピオンズカップ」(G1・ダ1800)が行われます。
5戦無敗の3歳馬クリソベリルが歴戦の古豪を退けて頂点に輝くか!?
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週11月24日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

11月24日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 8R~11R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R ショータトラックマン
4R 増井トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R ミッキトラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 門口トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・ショータトラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
川端亮平記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第5回京都競馬6日目 襟を正して、いざ勝負!」

秋らしい好天に恵まれた11/17(日)の放送日は京都で秋のマイル王決定戦「マイルチャンピオンシップ」(G1・芝1600)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがダノンプレミアムを、西村さんがダノンキングリーを、田辺さんがプリモシーンをそれぞれ指名。

いずれ劣らぬスピード自慢が揃った第36回マイルっチャンピオンシップ。なかでも人気を集めたのは、同じ“ダノン”の2騎、ダノンプレミアムとダノンキングリーでした。
レースは最後の直線、マイスタイルが粘り込みをはかる中、外目からダノンプレミアムが交わして先頭に立った瞬間、馬場の真ん中から極上の切れ味を発揮したインディチャンプがそのまま突き抜けてゴールイン!安田記念に続く春秋マイルGⅠ制覇の偉業を達成しました。

3連単プレゼントは、濱野さんのダノンプレミアムが2着、西村さんのダノンキングリーが5着、田辺さんのプリモシーンが11着となり、2着馬を指名した濱野さんが勝って、3連勝。

さて、今週の「朝のフルコース」のプレゼント馬券は、残念ながら的中なしという結果に終わりましたが、最近予想が絶好調のあの方からお知らせがあるそうです!

お昼のラジオ馬券学講座でもGⅠで2週続けて連対馬を的中させている濱野圭司アナウンサー!
その手に持っているのが、来週行われるジャパンカップのネクタイとスカーフなんですが、今回はこちらを番組からプレゼントしちゃいます!
それぞれパッケージの色・柄が実物と同じで秋らしい装いを演出してくれそうです。
特にスカーフは非売品というレアアイテムですよ。

普段からネクタイをする機会の多い濱野さんも「これは良い品ですよ。私もほしいですね」と、おっしゃっておりました。
しかもただオシャレなだけではなくて、このネクタイで勝負ごとに臨めば勝てそうな気がしますよね♪
競馬以外でも幅広く使えそうなこのアイテムがほしいという方、この機会にぜひとも番組宛てにご応募ください!
たくさんのおハガキお待ちしておりま~す!

次週で今年の京都開催も終了。
11/24(日)は、東京で「ジャパンカップ」(G1・芝2400)が行われます。
ワグネリアン、レイデオロ、マカヒキら3世代のダービー馬が栄光の舞台で激突!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週11月17日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

11月17日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
福島競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R ショータトラックマン
4R 増井トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 籔本トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 津田トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・ショータトラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
斉藤弘樹記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第5回京都競馬4日目 ショータマジック炸裂!!」

秋らしい好天に恵まれた11/10(日)の放送日は京都で牝馬ナンバーワンを決める「エリザベス女王杯」(G1・芝2200)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがラッキーライラックを、西村さんがラヴズオンリーユーを、田辺さんがセンテリュオをそれぞれ指名。

古馬の強豪を退け、4戦無敗のオークス馬ラヴズオンリーユー、秋華賞を制しGⅠ連勝を狙うクロノジェネシスと、3歳牝馬2頭が人気を集めた第44回エリザベス女王杯。

レースはマイペースで逃げたクロコスミアが5、6馬身のリードを保って最後の直線へ。
クロコスミアが驚異的な粘りを見せる中、世界的名手クリストフ・スミヨン騎手に導かれ、最内から伸びたラッキーライラックが残り100mで差し切ってゴールイン!
阪神ジュベナイルフィリーズ以来のGⅠ2勝目を挙げ、完全復活を印象付けました。

3連単プレゼントは、濱野さんのラッキーライラックが1着、西村さんのラヴズオンリーユーが3着、田辺さんのセンテリュオが4着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝って連勝。

さて、2歳女王ラッキーライラックの復活勝利で幕を閉じたエリザベス女王杯。
それをエスコートしたスミヨン騎手の手綱さばきもお見事で、“スミヨンマジック”と称賛の声が相次いでいます。
そんなスミヨン騎手に勝るとも劣らない馬券マジックを炸裂させたのが・・・

この日記には、2度目の登場、競馬エイト・鈴木ショータトラックマンです!
この日、「WIN5のキモ」でエリザベス女王杯を注目レースに挙げ、⑥クロクスミア(7番人気)を本命に!
見事2着に粘り込み、プレゼント馬券は、ワイドのダブル獲りに成功!2点の合計払い戻しでなんと、2万8800円をゲット!

ご覧の通り、まだ20代と若手のショータTMですが、ベテラン勢も驚くようなデータ分析力で穴馬券を次々と的中させ、業界を震撼させています。今回のプレゼント馬券はワイドでしたが、普段は3連複や3連単を駆使して超高額配当をガンガン狙っていくスタイルのショータTM。今後も出演時の買い目フォーカスは要チェックですよ!

次週、11/17(日)は、京都で秋のマイル王決定戦「マイルチャンピオンシップ」(G1・芝1600)が行われます。安田記念の覇者インディチャンプ、クラシック戦線をにぎわせたダノンキングリーら、注目馬が淀のマイルで激突!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週11月10日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

11月10日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
福島競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R ショータトラックマン
4R 増井トラックマン、5R ミッキトラックマン
6R 門口トラックマン、7R 竹下トラックマン
8R 坂本トラックマン、9R 籔本トラックマン
10R 明木トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・ショータトラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
渡部陽之助記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第5回京都競馬2日目 安心をお届けします!?」

今年もついに11月に突入、5回京都開催へ!11/3(日)の放送日は京都で「みやこステークス」(G3・ダ1800)、東京で「アルゼンチン共和国杯」(G2・芝2500)がそれぞれ行われました。

3連単プレゼントは京都メインのみやこステークスを予想。
濱野さんがスマハマを、西村さんがインティを、田辺さんがラビットランをそれぞれ指名しました。

レースは超ハイペースで進み最後の直線、1番人気インティが失速する中、まくり気味に先頭に立ったヴェンジェンスがジリジリと差を詰めるキングズガード、ウェスタールンドの追撃を振り切ってゴールイン!重賞初制覇を遂げました。

3連単プレゼントは、濱野さんのスマハマが9着、西村さんのインティが15着、田辺さんのラビットランが15着となり、最先着馬を指名した濱野さんが勝者に。

さて、この日の「朝のフルコース」で競馬エイトのトラックマンはすべて、東西のメインレース以外をピックアップ!そんな中でこの日記でも、特におなじみの2人が馬券プレゼントに成功しました!

相変わらずの最高の笑顔で写真撮影に応じてくれたのは・・・

「究極の1点勝負」門口TMと、「クラシックへの道」津田TMです!

この日、津田TMは京都5レースで3連複馬券2000円を的中させ、9600円の払い戻し馬券をゲット!

実はこのレース、終了後に審議となり普段より10分ほど長引いて確定となった経緯があったんです。

もしも馬単ならドキドキだったでしょうが、そこは3連複馬券が強みを発揮!多少着順が入れ替わっても的中は間違いないという状態で見ることができました。

一方、門口TMは京都9レースで⑦ドナウデルタの単勝で一点勝負を敢行!レースでは直線半ばで他馬とは違う脚色で早々と勝利が確定。
結果、1万1000円の払い戻しに!

午後に再登場した津田TMからは、決め顔で「私の仕事は皆さんに安心をお届けすることですから」という名言!?が飛び出したわけですが・・・でも実際にレースを見ていても、お二人の馬券にはそれぐらいの安心感がありました。

そんな“抽選はドキドキ、でも馬券は安心”の「朝のフルコース」、これからもリスナーの皆さんの参加をお待ちしていま~す!

次週、11/10(日)から年末までノンストップのGⅠ開催。京都で牝馬の頂点を決める「エリザベス女王杯」(G1・芝2200)が行われます。

ラヴズオンリユー、クロノジェネシスら3歳GⅠホースが古馬の強豪に挑む!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!