「第4回京都競馬4日目 明日があるさ?」

台風19号の影響で東京競馬が中止となり、京都のみの開催となった10/13(日)の放送日。

この日は京都で牝馬三冠レース最終戦「秋華賞」(G1・芝2000)が行われました。

3連単プレゼントは濱野さんがクロノジェネシスを、西村さんがダノンファンタジーを、田辺さんがシゲルピンクダイヤをそれぞれ指名しました。

桜花賞馬グランアレグリア、オークス馬ラヴズオンリーユーが不在の中、

1番人気に推されたのは、トライアルのローズステークスを快勝した2歳嬢王ダノンファンタジーでした。

レースは、最後の直線、ハイペースで飛ばしたビーチサンバが先頭で粘る中、馬場の真ん中から力強く抜け出したクロノジェニシスが、

カレンブーケドール、シゲルピンクダイヤら後続を寄せつけず2馬身差の完勝でゴールイン!

桜花賞、オークスともに3着に終わった春の雪辱を果たすGⅠ初制覇となりました。

3連単プレゼントは、濱野さんのクロノジェネシスが1着、西村さんのダノンファンタジーが8着、

田辺さんのシゲルピンクダイヤが3着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝者に。

さて、クロノジェネシスが強い競馬でGⅠ初制覇を飾った秋華賞ですが、戦前は大混戦で競馬エイトのトラックマンもそれぞれ本命馬が違うような難しいレースでした。

残念ながらドラマティック競馬メンバーにも的中者はいなかったようです。

そんな午後4時過ぎ、いつものならメインレース、特にGⅠをハズした後は、“抜け殻状態”というのが、お決まりのパターンなんですが・・・

いつになく真剣な表情で競馬エイトを熟読する三宅さんと茉代ちゃん。

実は週末は3連休で競馬も3日間開催。

この日の京都1場のみで物足りなかったのか、さっそく月曜日版の競馬エイトで予想を始めていたんです。

結果はどうなるか分かりませんが、この立ち直りの早さというか、切り替えの早さは見習うべきかも知れませんね。

お二人ともお金を使いすぎない程度に競馬生活を楽しんでください♪

次週、10/20(日)は京都で牡馬クラシック三冠最終戦「菊花賞」(G1・芝3000)が行われます。

皐月賞2着、ダービー3着のヴェロックスが悲願のGⅠ制覇に挑む!

この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!