「第4回京都競馬9日目 絶叫の主は・・・」

好天に恵まれた4回京都開催最終日。10/27(日)の放送日は東京で超豪華メンバーによる伝統の一戦「天皇賞(秋)」(G1・芝2000)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがスワーヴリチャードを、西村さんがアーモンドアイを、田辺さんがワグネリアンをそれぞれ指名しました。

令和初のふさわしい史上最多GⅠ馬10頭の参戦に沸いた天皇賞(秋)。なかでもGⅠ6勝目を狙う現役最強馬アーモンドアイと、3歳世代の大器サートゥルナーリアの対決が注目を集めました。
レースは最後の直線、逃げ粘るアエロリットに、じりじりとダノンプレミアムが迫る中、最内の狭いところからアーモンドアイが抜け出すと、そこからエンジン全開!後続をまったく寄せつけず圧勝のゴールイン!あらためて現役最強を証明するとともに、令和最初の天皇賞にその名を刻みました。

3連単プレゼントは、濱野さんのスワーヴリチャードが7着、西村さんのアーモンドアイが1着、田辺さんのワグネリアンが5着となり、1着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、豪華メンバーの揃った天皇賞(秋)ではアーモンドアイが圧巻の強さを見せました!前走の安田記念3着からの直行ということを不安視する声もありましたが・・・もはや異次元の走りでしたね。最後の直線では穴党の多いドラマティック競馬のラジオブースからため息が漏れるほど・・・しかし、アーモンドアイの勝利が決定した瞬間、ただ一人「粘れ、頑張れ!」と叫ぶ声が聞こえてきたんです!その声の主は・・・

個人的に買った馬券を手に、「やったー!」と喜びを爆発させる井川茉代ちゃん!馬券をみると、本命は3着に好走した⑤アエロリットだったようで、見事複勝⑤とアーモンドアイとのワイド②-⑤を500円ずつ的中させていました。確かにレース解説で門口トラックマンもおっしゃていたようにアーモンドアイを別格とすれば、自らペースをつくったアエロリットの3着はそうとう評価できる内容だったのではないでしょうか?茉代ちゃんも配当金額よりも、とにかく当たったことがうれしいと終始ハイテンションでした。茉代ちゃんによると、実は今回の天皇賞に限らず、最近は競馬予想がかなり好調らしいので、気になる方はブログやツイッターなどもぜひチェックしてみてください!

次週から11月に突入し、第5回京都開催がスタート!11/3(日)はGⅠ開催は中休みも京都で「みやこステークス」(G3・ダ1800)、東京で「アルゼンチン共和国杯」(G2・芝2500)など、東西で注目重賞が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週11月3日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

11月3日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
福島競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 坂本トラックマン、3R 増井トラックマン
4R 津田トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 藤岡トラックマン
8R 増井トラックマン、9R 津田トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・増井トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・津田トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

今週10月27日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

10月27日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
新潟競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R ショータトラックマン
4R 増井トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 籔本トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・ショータトラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
山口大輝記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第4回京都競馬6日目 激レアグッズで競馬場へGO!」

前日の雨の影響もなく、秋らしい好天に恵まれた10/20(日)の放送日。この日は京都で牡馬クラシック最終戦「菊花賞」(G1・芝3000)が行われました。

3連単プレゼントは濱野さんがワールドプレミアを、西村さんがヴェロックスを、田辺さんがシフルマンをそれぞれ指名しました。

80回の節目を迎えた菊花賞。

ダービー馬ロジャーバローズの引退、皐月賞馬サートゥルナーリアの天皇賞参戦により、春のクラシックで善戦したヴェロックスが1番人気に支持されました。

レースは最後の直線、カウディーリョが最内で粘る中、馬場の真ん中から伸びてきたワールドプレミアが、

1番人気ヴェロックスを競り落とし、大外から猛追するサトノルークスの追撃も振り切ってゴールイン!

武豊騎手は史上最多5度目の菊花賞制覇を果たすとともに、史上最年長での菊花賞優勝記録も更新しました。

3連単プレゼントは、濱野さんのワールドプレミアが1着、西村さんのヴェロックスが3着、田辺さんのシフルマンが16着となり、

1着馬を指名した濱野さんが勝って連勝。

さて、菊花賞では“ミスター競馬”武豊騎手が素晴らしい手綱さばきでワールドプレミアをGⅠホースへと導きました。

この秋のGⅠシリーズもますます盛り上がりそうですが・・・それに反して外はどんどん寒くなってくるこの時期。

競馬場での観戦にもってこいのグッズを番組プレゼントとしてご用意しました!

モデルをつとめてくれた武田英子ちゃんが首に巻いている「ウマフラー」。

そう、JRAのCMでも爽やかな若手俳優さんたちが身に着けている、アレです!

マフラーの両端がお馬さんの頭と尻尾部分になっていて、首に巻くことで、馬が走っているような雰囲気に?

しかも馬の毛色に合わせて3種類のカラーがあって、英子ちゃんのは鹿毛(濃い茶色)。ほかに栗毛(薄茶色)、芦毛(グレー)があります。

遊び心満載で競馬好きはもちろん、オシャレ好きにもうれしいアイテムではないでしょうか?

実はこのウマフラー、菊花賞と次週の天皇賞で競馬場に来場した方の中から抽選で4000名にしか当たらない激レアグッズなんです。

競馬場に行けなかった人、行ったけど当たらなかった人、ぜひともドラマティック競馬でチャンスをつかんでください!

たくさんのご応募お待ちしていま~す♪(※毛色の指定はできませんので、ご了承ください)

次週、10/27(日)は超豪華メンバーによる伝統の一戦「天皇賞(秋)」(G1・芝2000)が行われます。最強牝馬アーモンドアイに、サートゥルナーリア、アルアイン、ダノンプレミアムら現役トップホースが府中で激突!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週10月20日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

10月20日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
新潟競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R ショータトラックマン
4R 増井トラックマン、5R 津田トラックマン
6R 喜多村トラックマン、7R 坂本トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 竹下トラックマン
10R 津田トラックマン、11R 喜多村トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・ショータトラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・喜多村トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
山口大輝記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第4回京都競馬4日目 明日があるさ?」

台風19号の影響で東京競馬が中止となり、京都のみの開催となった10/13(日)の放送日。

この日は京都で牝馬三冠レース最終戦「秋華賞」(G1・芝2000)が行われました。

3連単プレゼントは濱野さんがクロノジェネシスを、西村さんがダノンファンタジーを、田辺さんがシゲルピンクダイヤをそれぞれ指名しました。

桜花賞馬グランアレグリア、オークス馬ラヴズオンリーユーが不在の中、

1番人気に推されたのは、トライアルのローズステークスを快勝した2歳嬢王ダノンファンタジーでした。

レースは、最後の直線、ハイペースで飛ばしたビーチサンバが先頭で粘る中、馬場の真ん中から力強く抜け出したクロノジェニシスが、

カレンブーケドール、シゲルピンクダイヤら後続を寄せつけず2馬身差の完勝でゴールイン!

桜花賞、オークスともに3着に終わった春の雪辱を果たすGⅠ初制覇となりました。

3連単プレゼントは、濱野さんのクロノジェネシスが1着、西村さんのダノンファンタジーが8着、

田辺さんのシゲルピンクダイヤが3着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝者に。

さて、クロノジェネシスが強い競馬でGⅠ初制覇を飾った秋華賞ですが、戦前は大混戦で競馬エイトのトラックマンもそれぞれ本命馬が違うような難しいレースでした。

残念ながらドラマティック競馬メンバーにも的中者はいなかったようです。

そんな午後4時過ぎ、いつものならメインレース、特にGⅠをハズした後は、“抜け殻状態”というのが、お決まりのパターンなんですが・・・

いつになく真剣な表情で競馬エイトを熟読する三宅さんと茉代ちゃん。

実は週末は3連休で競馬も3日間開催。

この日の京都1場のみで物足りなかったのか、さっそく月曜日版の競馬エイトで予想を始めていたんです。

結果はどうなるか分かりませんが、この立ち直りの早さというか、切り替えの早さは見習うべきかも知れませんね。

お二人ともお金を使いすぎない程度に競馬生活を楽しんでください♪

次週、10/20(日)は京都で牡馬クラシック三冠最終戦「菊花賞」(G1・芝3000)が行われます。

皐月賞2着、ダービー3着のヴェロックスが悲願のGⅠ制覇に挑む!

この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週10月13日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

10月13日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 増井トラックマン
4R 津田トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 藤岡トラックマン
8R 籔本トラックマン、9R 津田トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 明木トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・増井トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・津田トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
渡部陽之助記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第4回京都競馬2日目 近くて遠い、世界」

10月に突入し、舞台は京都競馬場へ。10/6(日)の放送日は京都で「京都大賞典」(G2・芝2400)、東京で「毎日王冠」(G2・芝1800)がそれぞれ行われました。

3連単プレゼントは京都メインの京都大賞典を予想。濱野さんがグローリーヴェイズを、西村さんがエアウィンザーを、
田辺さんがドレッドノータスをそれぞれ指名しました。

レースは、最後の直線、上位人気に推されたグローリーヴェイズ、エタリオウらが伸びを欠く中、
逃げ粘るダンビュライトを直線半ばで捕らえた11番人気ドレッドノータスが低評価を覆す完勝のゴールイン!

2歳重賞勝ちのある京都コースで鮮やかな復活を遂げました。

3連単プレゼントは、濱野さんのグローリーヴェイズが6着、西村さんのエアウィンザーが12着、田辺さんのドレッドノータスが1着となり、超大穴の1着馬を指名した田辺さんが勝者に。。

さて、この日は京都では上記のように驚きの結果となった京都大賞典、東京ではダービー2着の3歳馬ダノンキングリーが強さを見せつけた毎日王冠と、東西のダブルGⅡ開催で盛り上がったのですが、海の向こうではそれ以上に、競馬ファンを熱狂させるレースが行われたんです(日本時間6日:午後11時05分発走)。

それが・・・・

フランスで行われた世界最高峰ともいえるGⅠ・凱旋門賞。JRAのレーシングプログラムの表紙になったり、競馬エイトの中面にも馬柱や海外馬の情報が掲載されています。

日本からの挑戦も増え、海外馬券の発売もあって、日本の競馬ファンにとっても今やこの時期に欠かせないレース。

しかも今年は出走馬12頭の中に日本馬が3頭も参戦、そのメンバーもキセキ、ブラストワンピース、フィエールマンといずれ劣らぬ国内トップホースばかりということで、例年以上に、日本馬の初制覇に期待が高まる凱旋門賞となっていました。

しかし、その結果は・・・キセキ7着、ブラストワンピース11着、フィエールマン12着と、今年も世界の高い壁に阻まれてしまいました。やはり特殊な環境で実力を発揮するのは難しいのですね。

それでも挑戦しなければ、歴史が変わることはないでので、今後も日本馬の参戦に期待し続けたいと思います。

さて、次週は秋の京都でのGⅠ開催。10/13(日)は京都で牝馬三冠レース最終戦「秋華賞」(G1・芝2000)が行われます。桜花賞馬、オークス馬ともに不在の大混戦を制するのは、はたしてどの馬!?この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週10月6日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

10月6日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
新潟競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R ミッキトラックマン
4R 増井トラックマン、5R 藤岡トラックマン
6R 喜多村トラックマン、7R 西尾トラックマン
8R 竹下トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 藤岡トラックマン、11R 喜多村トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・ミッキトラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・喜多村トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第4回阪神競馬9日目 あの方からご報告があります」

9月最後の中継ながら残暑の厳しい1日となった阪神競馬場。9/29(日)の放送日は中山で「スプリンターズステークス」(G1・芝1200)が行われました。

3連単プレゼント濱野さんがダノンスマッシュを、西村さんがタワーオブロンドンを、田辺さんがセイウンコウセイをそれぞれ指名しました。

高松宮記念の勝ち馬ミスターメロディーを押しのけ、人気を分け合ったのはスプリント重賞3勝のダノンスマッシュと、今年のサマースプリントシリーズを制したタワーオブロンドンでした。

レースは、最後の直線、後続を突き放したモズスーパーフレアが粘りこむ中、馬場の真ん中から矢のように伸びてきたタワーオブロンドンがはかったように差し切ってゴールイン!

サマースプリントシリーズ王者として史上初のスプリンターズステークス制覇を果たしました。

3連単プレゼントは、濱野さんのダノンスマッシュが3着、西村さんのタワーオブロンドンが1着、田辺さんのセイウンコウセイが12着となり、1着馬を指名した西村さんがこの日も勝って6連勝。

さて、この日で4回阪神開催も終了。「朝のフルコース」はメインのスプリンターズステークス前までに的中ゼロ。

このまま終わってしまうのかと思われましたが・・・

「究極の1点勝負」門口トラックマンがスプリンターズステークスのワイド②-⑧をみごと的中!

1万1000円の払い戻しゲットとなりました。

門口TMを撮影することはできなかったんですが、エイト記者室には、番組リスナーに対してどうしても報告したいことがあるという人物がいたんです!

“ごめんねポーズ”で登場したのは、「クラシックへの道」を担当した津田TM。

残念ながら選んだ中山9Rはハズレてしまったのすが、謝罪の理由はそこではないらしいのです。

実はこの日、津田TMは当初、中山のレースではなく、阪神の5Rメイクデビューでの勝負を宣言。

ところが、出番直前になって急遽変更するという経緯があったんです。

すると、買わなかった方の阪神5Rでは、津田TMのエイト紙面◎インザムード(9番人気)が勝利、〇アヴェイルが2着と、パーフェクトな予想に!
しかもこれが馬連で80倍超え、馬単なら180倍超えという超ビッグな配当!

ここを選んでいれば、的中は確定。少なくとも8万~9万、強気にいけば18万の馬券プレゼントができていたかもしれなかったんです・・・ぜひとも、来週以降は気を取り直して、また大ホームラン予想を披露していただきたいですね。

次週から10月、舞台は京都競馬場に。10/6(日)は京都で「京都大賞典」(G2・芝2400)、東京で「毎日王冠」(G2・芝1800)がそれぞれ行われます。

この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!