ドラマティック競馬日記 » 2018 » 9月

今週9月30日の放送予定

2018/09/26 水曜日 - 14:25:19 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

9月30日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 西尾トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 津田トラックマン
6R 喜多村トラックマン、7R ショータトラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 津田トラックマン、11R 喜多村トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・西尾トラックマン
●「2019年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・喜多村トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
長田良三記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第4回阪神競馬7日目 またまた登場、あの方が神対応!

- 10:48:24 by ドラマティック競馬AD竹内

第4回阪神開催3週目。9/23(日)の放送は阪神で「神戸新聞杯」(G2・芝2400)、中山で「オールカマー」(G2・芝2200)がそれぞれそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは阪神メインの神戸新聞杯を予想。濱野さんがワグネリアンを、西村さんがエポカドーロを、田辺さんがメイショウテッコンを指名しました。
皐月賞馬エポカドーロとダービー馬ワグネリアンの対決が前哨戦で早くも実現!完全に人気を分け合う形となりました。
レースはスタート直後にエポカドーロが躓き後方から。メイショウテッコンがハナを主張し、2番手にビッグスモーキーが続き、ダービー馬ワグネリアンは堂々と後方4番手を追走し、その後ろに出遅れたエポカドーロがつけ、馬群はバラけて向上面へ。最初の1000mを1分1秒9の平均ペースで通過。3コーナーから徐々に馬群が凝縮し、ワグネリアンがじわっと進出を開始。依然としてメイショウテッコンが逃げるも4コーナーではほぼ一団となって直線へ。粘るメイショウテッコンに馬場の真ん中からワグネリアン、その外からエタリオウも猛追。最後は3頭が横並びの激戦になるも半馬身ほど抜けたワグネリアンが1着でゴールイン!ダービー馬の貫禄を見せつける勝利となりました。
3連単プレゼントは、濱野さんのワグネリアンが1着、西村さんのエポカドーロが4着 、
田辺さんのメイショウテッコンが3着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝者に。
さて、ダービー馬ワグネリアンの快勝で盛り上がった神戸新聞杯。強い馬が強い勝ちっぷりを見せてくれたレースだったのではないでしょうか?やっぱり強い馬を見極めて少ない点数でズバッと的中させるのはやはり気持ちがいいですよね♪今回の朝のフルコースでプレゼントに成功した2つの当たり馬券も、まさにそんな感じでした。主役の2人がいる競馬エイトの記者室に向かうと・・・

いらっしゃったのは「クラシックへの道」の津田トラックマンだけでした。取材中で「WIN5のキモ」の仲トラックマンは不在。せっかくなので津田TMに2枚を持っていただいてパシャリ!ところでこの写真、何となく普段と違う雰囲気にお気づきでしょうか?実はいつもは通路で撮影が多いのですが、津田TMの方から「たまには背景変えましょうか?」とベランダスペースに案内されてそこで撮影させてもらったもの。この競馬日記のマンネリ化までご配慮いただきました。さすが!5頭立てとはいえ、3連複を1点で的中させる人は違いますね~♪そんなサービス精神旺盛な津田TMですが、今年は特にプレゼント成功率が高いんです!これで秋の出演機会は2戦2勝。絶好調の津田TMの予想、今後もぜ
ひご参考にしてください。
次週は早くも秋競馬のGⅠが開幕!9/30(日)は中山で「スプリンターズステークス」(G1・芝1200)が行われます。高松宮記念の覇者ファインニードルがスプリントGⅠ春秋制覇に挑む!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週9月23日の放送予定

2018/09/19 水曜日 - 14:34:33 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

9月23日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 仲トラックマン
4R 津田トラックマン、5R 増井トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 籔本トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 津田トラックマン
10R 増井トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・仲トラックマン
●「2019年 クラシックへの道」・・・津田トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
斉藤弘樹記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第4回阪神競馬4日目 3連休は競馬ざんまい!?

- 13:39:11 by ドラマティック競馬AD竹内

秋の阪神開催も2週目。9/16(日)の放送日は阪神で「ローズステークス」(G2・芝1800)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがサラキアを、西村さんがサトノワルキューレを、田辺さんがウラヌスチャームを指名。

レースは1番人気サトノワルキューレ、2番人気サラキアがともにダッシュがつかず後方から。オールフォーラヴ、ゴージャスランチ、トーセンブレスらが先団を形成。向正面では馬群は10馬身圏内にかたまり、前半1000mは1分をわずかに切るミドルペース。サトノワルキューレは依然として最後方を追走し、4コーナーカーブからペースが上がって勝負は直線の攻防へ。先頭争いを演じたオールフォーラヴ、ゴージャスランチをあっさりと交わして先頭に立ったのはカンタービレ。外からはサラキアなどが猛然と迫るも、カンタービレがそのまま押し切ってゴールイン!フラワーカップに続く重賞2勝目を挙げ、本番・秋華賞での打倒アーモンドアイに弾みをつけました。

3連単プレゼントは、濱野さんのサラキアが2着、西村さんのサトノワルキューレが6着 、
田辺さんのウラヌスチャームが5着となり、2着馬を指名した西村さんが勝って連勝。

さて、世の中は3連休で、中継が行われた日曜日はその2日目。夏に逆戻りしたような蒸し暑さの中、阪神競馬場にもたくさんのお客さんが詰めかけました。この日は阪神と中山の2場開催ということで、両メインレースが終わった時点で残りは各最終レースのみ。午後4時頃、すでに出番を終えた三宅さんが何やら険しい表情でパソコンとにらめっこしているので、覗いてみると・・・

正面からは確認できなかったものの、手元には競馬エイトが!プレゼント担当週ではなかった先週の予想を的中させ、勢いに乗って挑んだローズステークスの予想は惨敗・・・期待を裏切ってしまった反省かと思いきや、エイトの紙面をよく見ると「セントライト記念」の文字!そうです、すでに三宅さんの心は翌日のレースへと動いていたのです。パチパチとデータを駆使して予想に没頭しておりました。この3連休は競馬も3日間開催されるとあって、筋金入りの馬券好きである三宅さんにとってはうれしい限り。土曜、日曜の負けをすべて取り戻そうと燃えておりましたが、はたして結果は?

と、いうことでリスナーの皆様も年に数回しかない3日間競馬、思う存分満喫していただければと思います。

次週は牡馬のトライアル。9/23(日)は阪神で「神戸新聞杯」(G2・芝2400)、中山で「オールカマー」(G2・芝2200)がそれぞれ行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週9月16日の放送予定

2018/09/12 水曜日 - 16:16:04 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

9月16日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 西尾トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 藤岡トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 竹下トラックマン
8R 坂本トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 藤岡トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・西尾トラックマン
●「2019年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
川端亮平記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第4回阪神競馬2日目 北の大地から帰ってきました!

- 14:04:18 by ドラマティック競馬AD竹内

いよいよ秋競馬に突入し、舞台は再び阪神競馬場へ。9/9(日)の放送日は阪神で「セントウルステークス」(G2・芝1200)、中山で「京成杯オータムハンデキャップ」(G3・芝1600)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは阪神メインのセントウルステークスを予想。濱野さんがダイアナヘイローを、西村さんがラブカンプーを、田辺さんがアンヴァルを指名しました。

雨が降ったり止んだりの中、メインレースの頃にはどしゃ降りに。
レースは内から2番人気ラブカンプーがロケットスタートを決めると3番人気ネロがそこに競りかけ2頭が激しい先行争い。1番人気のファインニードルは5、6番手の好位を追走し、中団は10頭ほどがほぼ一団。1頭ポツンと最後方にマッチレスヒーローとなって前半3ハロンを33秒3で通過します。4コーナーをカーブしても前2頭が他馬を突き放して直線へ。逃げ込みをはかるラブカンプーを、馬場の真ん中から伸びてきたファインニードルが残り100mで捕らえると最後は1馬身以上の差をつける完勝のゴールイン!GⅠホースの貫禄を見せつける形で堂々の連覇を達成しました。

3連単プレゼントは、濱野さんのダイアナヘイローが11着、西村さんのラブカンプーが2着 、
田辺さんのアンヴァルが10着となり、2着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて中京、小倉と続く出張開催が終了し、阪神に帰ってきたドラマティック競馬。長らく九州からの中継だった我々とはほぼ真逆の北海道でこの夏を過ごしていた、あの人も再び秋競馬のスタートとともに関西へ戻ってきました。

函館、札幌での夏競馬を終え、久々のドラマティック競馬出演となった津田照之トラックマン!当たり馬券を持っての写真撮影ということで、いきなりのプレゼント馬券的中でございま~す♪主に担当している朝のフルコース「クラシックへの道」で馬連3点勝負で見事ゲット!6頭立てという超少頭数ながら勝ち馬をしっかり見極めて1万2300円の払戻しとなりました。ちなみに津田TMはこの日絶好調だったようで、メインのセントウルステークスでは1、2着だったファインニードル、ラブカンプーの2頭軸で3連単をしっかりゲットしたようです!まさに頼れるオトコが帰ってきたという感じですね♪秋競馬も津田TMの活躍にご期待ください!

次週から秋のGⅠへ向けたトライアルが本格化。9/17(日)は阪神で「ローズステークス」(G2・芝1800)が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週9月9日の放送予定

2018/09/05 水曜日 - 15:05:55 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

9月9日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 明木トラックマン、3R 増井トラックマン
4R 津田トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 藤岡トラックマン
8R 増井トラックマン、9R 津田トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・増井トラックマン
●「2019年 クラシックへの道」・・・津田トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第2回小倉競馬12日目 夏の終わりの光景

- 13:52:37 by ドラマティック競馬AD竹内

真夏の小倉開催もついに最終日。9/2(日)の放送日は小倉で「小倉2歳ステークス」(G3・芝1200)、新潟で「新潟記念」(G3・芝2000)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは小倉メインの小倉2歳ステークスを予想。濱野さんがルチアーノミノルを、西村さんがファンタジストを、田辺さんがブルベアオーロを指名しました。
レースはゲートで暴れたセプタリアンが外枠発走に。好スタートを切ったタムロドリーが行く構えを見せるも、ファンタジスト、チュワフライヤーなどが競りかけ4、5頭の先行争い。1番人気シングルアップ、2番人気ルチアーノミノルはその直後の好位を進みます。残り600mを切り、3コーナーカーブでは馬群は5馬身圏内の一団。直線に入ると、逃げるチュウワフライヤーを残り200mで交わしたファンタジストがそのまま後続を突き放し、完勝のゴールイン!鞍上の武豊は昨年のアサクサゲンキに続き、このレース連覇となりました。
3連単プレゼントは、濱野さんのルチアーノミノルが8着、西村さんのファンタジストが1着 、
田辺さんのブルベアオーロが9着となり、1着馬を指名した西村さんが勝者に。
さて、冒頭でも書きましたが、この日で6週間の小倉開催も終了。実は毎年、小倉が終わるこの時期、しかも放送終了間際に、我々を苦しめるものがあるんです。それが・・・

小倉名物の西日(にしび)です。この日も曇りがちではあったものの、放送席はこんな光景に・・・名物というほどありがたいものではないのですが、濱野さんなんかは慣れたもので「今、わたくしを西日が照らしております」などと、過酷な状況を楽しんでいたりもしています。でもこれで小倉、そして夏競馬も終わりかと思うと、ノスタルジーを感じてしまいます。そして、もう一つ、小倉開催の終わりを感じさせる光景が・・・

行列の先で行われているのは、小倉競馬場の馬場開放です。特にこの時期はご家族連れの方が多いように感じました。お子さんたちにとってはおそらく夏休みの最終日。たくさんの馬が走った芝の上を歩くなんて普通はできない経験ですからね。最高の夏の思い出ができたのではないでしょうか♪
次週から舞台を阪神に戻し、秋競馬がスタート。9/9(日)は阪神で「小倉2歳ステークス」(G3・芝1200)、中山で「新潟記念」(G3・芝2000)が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!