ドラマティック競馬日記 » 2018 » 8月

今週9月2日の放送予定

2018/08/29 水曜日 - 15:40:54 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

9月2日の放送内容(予定)
①中継レース
小倉競馬場 1R~12R
新潟競馬場 9R~12R
札幌競馬場 9R~11R

②本場レース解説
2R 明木トラックマン、3R 藤岡トラックマン
4R 竹下トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 高橋トラックマン、7R ショータトラックマン
8R 西尾トラックマン、9R 明木トラックマン
10R 藤岡トラックマン、11R 高橋トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・藤岡トラックマン
●「2019年 クラシックへの道」・・・竹下トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・高橋トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
斉藤弘樹記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第2回小倉競馬10日目 予想バトル勃発!?はたして結果は・・・

2018/08/28 火曜日 - 10:57:53 by ドラマティック競馬AD竹内

小倉開催5週目。8/26(日)の放送日は新潟で「新潟2歳ステークス」(G3・芝1600)、札幌で「キーンランドカップ」(G3・芝1200)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは新潟メインの新潟2歳ステークスを予想。濱野さんがケイデンスコールを、西村さんがアンブロークンを、田辺さんがロードアクアを指名しました。
レースは2番のエルモンストロが好スタートから逃げる形に。2番手にロードアクア、3番手のエイシンゾーンがつけて、中団に2番人気のアンブロークン、1番人気ケイデンスコールは後方3番手に控えます。それでも逃げるエルモンストロ以外の10頭はほぼ一団。前半3ハロンは36秒3のゆったりしたペースで通過。4コーナーのカーブから徐々にペースが上がり、各馬は馬場の良い真ん中から外に進路をとって直線へ。エルモンストロを交わして先頭に立ったエイシンゾーンに、外からアンブロークン、スティルネス、ケイデンスコールなどが襲い掛かり、ゴール前は3頭の叩き合い。最後はクビ、ハナの接戦でケイデンスコールが1着でゴールイン!今年もロードカナロア産駒からクラシックの主役候補が誕生しました。
3連単プレゼントは、濱野さんのケイデンスコールが16着、西村さんのアンブロークンが7着 、
田辺さんのロードアクアが9着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝者に。
さて、今週は久しぶりに馬券ネタ。特にこの日は札幌で海外から一流ジョッキーを招いたワールドオールスタージョッキーズが開催される、注目のレ―スが多かったですね。そんな中、「朝のフルコース」では、あるレースに熱い視線が注がれていました。壁に貼り付けてある、買い目一覧表を見てみると・・・

新潟メインの「新潟2歳ステークス」に、青沼稔アナウンサー、藤岡トラックマン、増井トラックマンの3者の予想が集中!それぞれの本命は青沼さんが⑤ロードアクア、藤岡TMが⑦エイカイキャロル、増井TMが⑨アンブロークンとなり、この時点で全員的中の可能性はなし。逆にいえば、誰の予想が当たるかというガチンコ勝負に・・・結果は上で書いた通り、1着にケイデンスコール、2着にアンブロークン・・・ということで、増井TMの馬券が的中!ワイド⑥‐⑨(2.5倍)を4000円でちょうど1万円の払戻しに。やはり「クラシックへの道」のコーナーを担当していることもあり、増井TMに‟一日の長”があったということでしょうか?しかしながら、馬券の式別や金額の振り分け方にしても
三者三様で、性格の違いなども表れているような気がして面白いですね。
次週、いよいよ小倉開催もフィナーレ。9/2(日)は小倉で「小倉2歳ステークス」(G3・芝1200)、新潟で「新潟記念」(G3・芝2000)が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週8月26日の放送予定

2018/08/22 水曜日 - 14:48:03 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

8月26日の放送内容(予定)
①中継レース
小倉競馬場 1R~12R
新潟競馬場 9R~11R
札幌競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 坂本トラックマン、3R 藤岡トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 高橋トラックマン、7R 西尾トラックマン
8R 坂本トラックマン、9R 藤岡トラックマン
10R 増井トラックマン、11R 高橋トラックマン
12R 竹下トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・藤岡トラックマン
●「2019年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・高橋トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
川端亮平記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第2回小倉競馬8日目 いざ、夜の小倉へ!

- 10:44:24 by ドラマティック競馬AD竹内

小倉開催4週目。8/19(日)の放送日は小倉で「北九州記念」(G3・芝1200)、札幌で「札幌記念」(G2・芝2000)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントはメインの北九州記念を予想。濱野さんがゴールドクイーンを、西村さんがダイアナヘイローを、田辺さんがラブカンプーを指名しました。
レースは好スタートを切ったラブカンプーを制し、内から3番人気ゴールドクイーンがハナを主張。去年の覇者で1番人気のダイアナヘイローは好位の5、6番手あたり、2番人気アサクサゲンキは後方4,5番手を進みます。馬群は先頭からシンガリまで10馬身ほど。残り400mを切って一気に馬群がかたまって直線の攻防へ。直線入口で逃げるゴールドクイーンのリードがなくなり、ラブカンプーが先頭に。抜け出したところに真ん中からダイメイプリンセスが猛追。さらに最内を通ってアレスバローズが2頭を並ぶ間もなく交わし去り、1分6秒6の好タイムでゴールイン!前走CBC賞に続く重賞連勝を飾り、夏のスプリント王に大きく弾みをつけました。
3連単プレゼントは、濱野さんのゴールドクイーンが16着、西村さんのダイアナヘイローが7着 、
田辺さんのラブカンプーが3着となり、3着馬を指名した田辺さんが勝者に。
さて、夏の小倉から中継を行っているドラマティック競馬ですが、この期間中は出演者・スタッフらほぼ土曜日入り。お昼は準備を兼ねて競馬場に入り、午後からは数名のグループに分かれ行きつけの店に食事に行くなど自由行動という流れになっています。そんな小倉の夜を過ごす我々の前に気になるものが・・・

宿泊先のホテル前の道路沿いに、ものすごく興味をそそられるキャッチコピーが!『新たな小倉の夜を発見できるかも知れない』。まんまと心を鷲掴みにされた我々は、意を決して飛び込むことに!普段は味わうことのない不安と緊張感に包まれて進んだ先に見えたものとは・・・!!!

ディープな雰囲気が漂う、まさに異空間が広がっていました。興奮を抑えきれない様子の、青沼さんと英子ちゃんをパシャリ!この後2人はフルーツカクテルが有名だというバーに入店。こちらでは、かなり年配の名物ママさんがフレッシュなフルーツを使った、ここでしか味わえない美味しいカクテルを作ってくれます。ということで、夜の小倉を満喫することができました♪実際に行ってみたい、気になったという方は「小倉旦過バー・フルーツ」で検索してみてください。
次週8/19(日)は新潟で「新潟2歳ステークス」(G3・芝1600)、札幌で「キーンランドカップ」(G3・芝1200)が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく

今週8月19日の放送予定

2018/08/15 水曜日 - 15:35:54 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

8月19日の放送内容(予定)
①中継レース
小倉競馬場 1R~12R
新潟競馬場 9R~12R
札幌競馬場 9R~11R

②本場レース解説
2R 竹下トラックマン、3R 藤岡トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 高橋トラックマン、7R 西尾トラックマン
8R 坂本トラックマン、9R 藤岡トラックマン
10R 増井トラックマン、11R 高橋トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・藤岡トラックマン
●「2019年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・高橋トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
斉藤弘樹記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第2回小倉競馬6日目 小倉ランチの定番は・・・

- 12:32:24 by ドラマティック競馬AD竹内

小倉開催3週目。8/12(日)の放送日は新潟で「関屋記念」(G3・芝1600)、札幌で「エルムステークス」(G3・ダ1700)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは新潟メインの関屋記念を予想。濱野さんがウインガニオンを、西村さんがリライアブルエースを、田辺さんがフロンティアを指名しました。
レースはほぼ揃ったスタートから頭一つポーンと抜け出したエイシンティンクルがそのままハナを主張。1番人気に支持されたプリモシーンは中団のやや後ろ、2番人気リライアブルエースはそれを見るように後方5番手あたりを進みます。前半3ハロンは34秒2のミドルペース。徐々にペースが上がって、直線へ。内を通って逃げるエイシンティンクルが後続を突き放して2、3馬身のリード。そのまま押し切るかと思われた瞬間、真ん中からプリモシーン、大外からワントゥワンが強烈な末脚で迫り、最後は真ん中のプリモシーンがクビ差抜け出してゴールイン!3歳牝馬が歴戦の古馬をまとめて撃破しました。
3連単プレゼントは、濱野さんのウインガニオンが12着、西村さんのリライアブルエースが6着 、
田辺さんのフロンティアが11着となり、最先着馬を指名した西村さんが勝者に。
さて、関屋記念は1番人気のプリモシーンが勝って、2着ワントゥワン、3着エイシンティンクルと上位を牝馬が独占。夏競馬らしい結果となりました。そんな中、小倉競馬場ならではの昼食メニューが我々の胃袋を満たしてくれています。特に人気を集めているのが、この二品!


不動の本命は「チャンポン+おにぎり」。対抗は、特に魚がうまい小倉の名物「キスフライ定食」。今年も3週目に突入した小倉競馬ですが、ドラマティック競馬内での支持率トップのメニューはどちらか?その答えはあの方の食事シーンで明らかに・・・!

普段は温厚な濱野さんが鬼の形相?で喰らいつくのは、やっぱりチャンポン!毎週、濱野さんが「いつものヤツで」と注文されるので、もはや独走状態に!どうやら今年も定番メニュー1位は間違いないでしょう!夏の暑い中で食べる熱い麺が格別に美味しいんですよね♪
次週8/19(日)は小倉で「北九州記念」(G3・芝1200)、札幌で「札幌記念」(G2・芝2000)が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週8月12日の放送予定

2018/08/08 水曜日 - 15:14:22 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

8月12日の放送内容(予定)
①中継レース
小倉競馬場 1R~12R
新潟競馬場 9R~11R
札幌競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 藤岡トラックマン、3R 高橋トラックマン
4R 竹下トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R ショータトラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 竹下トラックマン
10R 高橋トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 明木トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・高橋トラックマン
●「2019年 クラシックへの道」・・・竹下トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
長田良三記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第2回小倉競馬4日目 旬のイケメンに小倉が大熱狂!

- 10:57:50 by ドラマティック競馬AD竹内

今週から8月に突入。8/5(日)の放送日は小倉で「小倉記念」(G3・芝2000)、新潟で「レパードステークス」(G3・ダ1800)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは小倉メインの小倉記念を予想。濱野さんがトリオンフを、西村さんがサンマルティンを、田辺さんがマイネルサージュを指名しました。
レースは正面スタンド前の先行争いからマウントゴールドに出て、1番人気のトリオンフは直後の2番手。2番人気サトノクロニクルは好位の4番手、3番人気サンマルティンは後方3番手と有力各馬はそれぞれのポジションで向正面へ。3、4コーナーにかけてペースがあがっても馬群は7、8馬身圏内とほぼ一団。残り600mで逃げるマウントゴールドをトリオンフが馬なりで交わして先頭に。そのまま武豊騎手のゴーサインに応えると、後続を突き放し3馬身差の圧勝でゴールイン!1分56秒9とのレコードで、小倉大賞典に続く、重賞2勝目を挙げました。
3連単プレゼントは、濱野さんのトリオンフが1着、西村さんのサンマルティンが7着 、
田辺さんのマイネルサージュが10着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝者に。
さて、暑い日が続くのは関西も、中継先の小倉競馬場も同じなんですが、この日、2018年8月5日(日)の小倉競馬場は、‟史上もっともアツイ日”となりました。まずはコチラをご覧ください。

備え付けのPCモニターの画面には、その日の天気、馬場に加え、当日の入場人員が表示されているのですが、この日は4万196人を記録しました。(カッコの202.5%は前年比率)。実はこの人数が小倉競馬史上最高の入場者数で、1997年当時の記録を4000人ほど上回る記録更新となったんです。20年以上経って、ここまで数が伸びたのには数多くの集客要素が重なったはずですが、その中でも最も大きな要因といえそうなのが・・・
イケメン俳優・竹内涼真さんの来場ではないでしょうか?朝から若い女性が多いとは感じていましたが、お昼のイベントでは普段は聞くことのない「キャー」「リョーマく~ん」という黄色い歓声を浴びていました。さすが、‟日本一旬な俳優”なんて呼ばれるのも納得です!しかも、小倉最終レース終了後にも竹内さんのトークショーがあるということで、放送終了後に下をのぞき込んでみると・・・

竹内さんの登場前からこの人だかり!普段なら小倉の全レースが終了後は人もまばらで、清掃員の方々が回っている時間帯ですが、GⅠのゴール前なみの盛り上がりを見せていました。残念ながら、帰りの便の都合もあって、竹内さんの登場の瞬間を見ることはできなかったんですが、おそらく地鳴りのような声援が響いたことでしょう!
ちなみに、さんざん「竹内さん」と書いているぼくも、実は名字が竹内。同姓でもここまで、何から何まで違うものなのかと自虐的になる一方で、そんなスーパースターと名字が同じだけで誇らしい気分にもなる、不思議な1日でありました。
次週8/12(日)は新潟で「関屋記念」(G3・芝1600)、札幌で「エルムステークス」(G3・ダ1700)が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週8月1日の放送予定

2018/08/01 水曜日 - 14:59:05 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

8月5日の放送内容(予定)
①中継レース
小倉競馬場 1R~12R
新潟競馬場 9R~11R
札幌競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 明木トラックマン、3R 藤岡トラックマン
4R 竹下トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 明木トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 竹下トラックマン
10R 増井トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・藤岡トラックマン
●「2019年 クラシックへの道」・・・竹下トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
川端亮平記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第2回小倉競馬2日目 台風!ビフォーアフター

- 14:17:45 by ドラマティック競馬AD竹内

今週から舞台は小倉競馬場に。7/29(日)の放送日は新潟で「アイビスサマーダッシュ」(G3・芝直1000)、札幌で「クイーンステークス」(G3・芝1800)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは新潟メインのアイビスサマーダッシュを予想。濱野さんがラブカンプーを、西村さんがダイメイプリンセスを、田辺さんがレッドラウダを指名しました。
レースはほぼ揃ったスタートから、内のアクティブミノル、真ん中からラブカンプー、外からレッドラウダの先行争い。各馬が外ラチ沿いに集まって、前半3ハロン通過し、5,6頭が横一線。激しい叩き合いから先頭に立ったラブカンプーの内からスルスルと抜け出してきたダイメイプリンセスがそのまま1馬身ほどリードを保ってゴールイン!2戦2勝と得意の新潟1000mで、重賞初制覇を飾りました。
3連単プレゼントは、濱野さんのラブカンプーが2着、西村さんのダイメイプリンセスが1着 、
田辺さんのレッドラウダが10着となり、1着馬を指名した西村さんが勝者に。
さて、今週、日本列島を襲った台風12号。東から西に向かってくる珍しいケースの台風で、
関西は土曜の夜がピークでしたが、小倉競馬場のある、九州地方はちょうど日曜日が暴風域に。
無事に競馬自体は開催されたのですが、午前11時ごろから小雨が降り続き・・・

コチラが午後3時のメインレース前の空模様。台風が近づくにつれ、右側から横殴りの雨が降り注ぎ、
雲も低くたれ込め、奥の山並みも霞んでいます。そして、過酷な中継が終わった頃には・・・

分厚い雲に覆われ、山は全くに見えない状態に。特に前の写真と比べて、水の浮いたダートが雨の激しさを物語っています。わずか1時間ほどで競馬場の雰囲気は完全に変わってしまいました。
やっぱり、夏は多少暑くても、好天のもとで競馬を楽しみたいなぁと、痛感した週末でありました。
次週から8月に突入。8/5(日)は小倉で「小倉記念」(G3・芝2000)、新潟で「レパードステークス」(G3・ダ1800)が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!