ドラマティック競馬日記 » 2018 » 6月

今週7月1日の放送予定

2018/06/27 水曜日 - 14:36:09 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

7月1日の放送内容(予定)
①中継レース
中京競馬場 1R~12R
福島競馬場 9R~11R
函館競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R ショータトラックマン、3R 藤岡トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 高橋トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 竹下トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 高橋トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 籔本トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・藤岡トラックマン
●「2019年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第3回阪神競馬8日目 大きな夢、叶いました!

2018/06/25 月曜日 - 14:22:07 by ドラマティック競馬AD竹内

好天に恵まれた阪神競馬場にはたくさんのお客さんが来場。6/24(日)の放送日は阪神で上半期の総決算となるグランプリレース「宝塚記念」(G1・芝2200)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがヴィブロスを、西村さんがサトノダイヤモンドを、田辺さんがゼーヴィントを指名。
昨年の覇者サトノクラウン、香港からの刺客ワーザー、ドバイGⅠの勝ち馬ヴィルシーナなど、多彩な顔ぶれが揃った第59回宝塚記念。1番人気に支持されたのはGⅠ3勝目を狙うサトノダイヤモンドでした。
レースは大歓声を受けて正面スタンド前からスタート。大方の予想通りサイモンラムセスがハナを主張、先行馬群が密集する中、1番人気サトノダイヤモンドは後方3番手を進みます。やや重の馬場で前半1000mを59秒4で通過。向正面を過ぎて後方の各馬も進出を開始し、3、4コーナーではほぼ一団となって直線へ。外をまわって先頭に並びかけたサトノダイヤモンドが余裕十分に抜け出そうとするところへ、内から差し脚を伸ばすのはミッキーロケット。外から猛追する香港のワーザーをクビ差退けて、先頭でゴールイン!!国内外の強豪馬を撃破し、悲願のGⅠ制覇を飾りました。
3連単プレゼントは、濱野さんのヴィブロスが4着、西村さんのサトノダイヤモンドが6着 、
田辺さんのゼーヴィントが14着となり、最先着馬を指名した濱野さんが勝って連勝。
さて、今年の宝塚記念は和田竜二騎手がテイエムオペラオー以来のGⅠ制覇を達成。GⅠ勝ちからは遠ざかっていましたが、今や日本人のトップジョッキーの一人で、明るいキャラクターでファンも多い人物。そんな和田騎手の勝利に感動した方も多いのではないでしょうか?ところで、宝塚記念といえば、ファン投票で大好きな馬に‟夢”を託すドリームレースとしても知られていますよね♪今週のドラマティック競馬では、そんな宝塚記念で大きな夢を叶えた人が・・・

「君にひとめぼれ!」の三宅きみひとアナウンサー。宝塚記念では②ノーブルマーズ(12番人気)を本命に10頭へのワイド流しを敢行!これが見事3着に来て、相手のミッキーロケット(7番人気)とワーザー(10番人気)もしっかりと押さえて、ダブル獲りに成功したんです!そして払戻しはなんと、1万7700円と3万5800円になり、合計5万3500円の大、大ホームラン!!昨年のクリンチャー以来のビッグプレゼントに成功しました。これで「穴の三宅」として認識してもらえるのではないでしょうか?番組的にはもう少し早い周期で当てていただきたいですが・・・これからも当たれば大きい三宅さんの「君にひとめぼれ」、ご期待下さい!
次週から7月そして、中京競馬場での出張中継がスタート!7/1(日)は中京で「CBC賞」(G3・芝1200)、福島で「ラジオNIKKEI賞」(G3・芝1800)が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週6月24日の放送予定

2018/06/20 水曜日 - 14:58:30 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

6月24日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~11R
東京競馬場 9R~12R
函館競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 竹下トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 明木トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・竹下トラックマン
●「2018年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
山口大輝記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第3回阪神競馬6日目 ご応募お待ちしてます!

2018/06/19 火曜日 - 10:56:53 by ドラマティック競馬AD竹内

先週とは打って変わって好天に恵まれた6/17(日)の放送日。この日は東京で「ユニコーンステークス」(G3・ダ1600)、函館で「函館スピリントステークス」(G3・芝1200)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは東京メインのユニコーンステークスを予想。濱野さんがルヴァンスレーヴを、西村さんがグリムを、田辺さんがコマビショウを指名しました。
レースはダンケシェーンがダッシュつかず後方から。セイウンクールガイ、ハーベストムーンの先行争いで、2番人気グリムは5番手の先団、1番人気ルヴァンスレーヴは後方4、5番手を進みます。前半3ハロンを34秒8で通過し、馬群はひと塊りで3コーナーカーブへ。目まぐるしく隊列が入れ替わりながらも先頭からシンガリまで差がなく、勝負は直線へ。残り400mで外からスーと先頭に並びかけたルヴァンスレーヴが、デムーロ騎手のゴーサインに応えて追い出すとグングン後続を引き離してゴールイン!!ダート界のニューヒーロー誕生を予感させる圧勝となりました。
3連単プレゼントは、濱野さんのルヴァンスレーヴが1着、西村さんのグリムが9着 、
田辺さんのコマビショウが8着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝者に。
さて、6月11日(月)~17日(日)までは「ラジオ大阪ハッピーウィーク」ということで、各番組が楽しい企画や豪華プレゼント盛り沢山でお送りしました。ドラマティック競馬では6レースから最終12レースまでの発表される文字を集めて文章を完成させる「7文字クイズ」を実施。正解者の中から抽選で1万円をプレゼントいたします!と、いうことで現場はいつもの放送よりもバタバタ気味。西村さんの放送席を見ると、何やら張り紙が・・・

10R前、11R前と書かれた紙にそれぞれマル秘のマークが!実はこれ、開くと7文字クイズの答えとなる文字が書かれているんです。順番も間違えないようにと、開ける目安としてレース番号も書かれていました。昨年末にも実施し、好評だった7文字クイズですが、今回はいかがでしたでしょうか?個人的には、文字発表の瞬間、いつも以上にテンション高めだった西村さんがツボでした。とにかく最後まで聞いてくださった方が、なるほどと納得してくださったなら幸いです!では、たくさんのご応募お持ちしてま~す♪
次週でいよいよ上半期の阪神開催もフィナーレ!6/23(日)は阪神でサマーグランプリ「宝塚記念」(G1・芝2200)が行われます。人気と実力を兼ね備えたスターホースが激突!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週6月17日の放送予定

2018/06/13 水曜日 - 14:58:24 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

6月17日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
函館競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 藤岡トラックマン
4R 西尾トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R ショータトラックマン
8R 仲トラックマン、9R 藤岡トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 籔本トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・藤岡トラックマン
●「2019年 クラシックへの道」・・・西尾トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
長田良三記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第3回阪神競馬4日目 勢いが止まりません!

- 11:42:46 by ドラマティック競馬AD竹内

朝から少量の雨が降ったり止んだりで風の強い1日となった6/10(日)の放送日。この日は阪神で「マーメイドステークス」(G3・芝2000)、東京で「エプソムカップ」(G3・芝1800)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは阪神メインのマーメイドステークスを予想。濱野さんがミリッサを、西村さんがレイホーロマンスを、田辺さんがアンドリエッテを指名しました。
レースはほぼ揃ったスタートからトップハンデのトーセンビクトリーがハナを主張。1番人気に推されたレイホーロマンスは後方3番手を進みます。縦長だった馬群が3コーナーカーブから一気に凝縮し、4コーナーではほぼひと塊りとなって直線へ。残り200mで横一線の馬群から内を通って抜け出したアンドリエッテがワンブレスアウェイの追撃を振り切ってゴールイン!!アンドリエッテは6歳にして重賞初制覇、鞍上の国分恭介騎手は2010年以来2度目の重賞制覇となりました。
3連単プレゼントは、濱野さんのミリッサが5着、西村さんのレイホーロマンスが6着 、
田辺さんのアンドリエッテが1着となり、1着馬を指名した田辺さんが勝って連勝。
さて、GⅠは中休みとなったものの、メインを含め注目レースが目白押しだったこの日。馬券プレゼントも的中ラッシュとなりました!!

この通り、3つの当たり馬券のプレゼントに成功し、総額4万円超えに!そのヒーローとなったのが「クラシックへの道」の増井トラックマン、「WIN5のキモ」の仲トラックマン、そして、我らが穴馬スナイパー・田辺大介さんです!なかでも特に絶好調といえるのが、田辺さん。「穴馬狙い撃ち」では、阪神3レースで⑯ダノンインパルス(4番人気)の単勝、複勝馬券をダブル的中で計1万7800円をゲット!先週は3連単大作戦を成功、さらに馬券学講座でも安田記念に続き、マーメイドステークスでも勝ち馬をズバリ本命にするなど、完全に確変モードの田辺さん。来週以降も、穴馬スナイパーの予想をお聴き逃しなく!
次週、6/17(日)は東京で「ユニコーンステークス」(G3・ダ1600)、函館で「函館スピリントステークス」(G3・芝1200)が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
ハッピーウィークの恒例7文字クイズも実施!おこづかい1万円プレゼントにもチャレンジしてください。それでは皆さん、今週も聴いてね!

今週6月10日の放送予定

2018/06/06 水曜日 - 14:16:00 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

6月10日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 仲トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 藤岡トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 竹下トラックマン
8R 籔本トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 藤岡トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・仲トラックマン
●「2018年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
斉藤弘樹記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第3回阪神競馬2日目 穴馬のキーワードは・・・?

2018/06/04 月曜日 - 11:31:01 by ドラマティック競馬AD竹内

6月に入り舞台は阪神競馬場に。6/3(日)の放送日は東京で春のマイル王決定戦「安田記念」(G1・芝1600)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがリアルスティールを、西村さんがスワーヴリチャードを、田辺さんがモズアスコットを指名。
大阪杯の上位2頭スワーヴリチャード、ペルシアンナイトのほか、海外GⅠ馬リアルスティールなど、短距離路線外からも実力馬が集結した第68回安田記念。
レースはサトノアレスがやや出負けして後方から。好スタートを切ったレーヌミノルを外からウインガニオンが制して先頭に、スワーヴリチャードが5番手、その直後にペルシアンナイト、サングレーザーと上位人気馬が好位を進みます。前半600mを34秒2で通過し、徐々に馬群が縦長になってペースアップ。3、4コーナーをカーブして直線へ。逃げるウインガニオンに、アエロリットが迫り、残り200mで交わして先頭に、そこへスワーヴリチャード、さらに外からサトノアレスも飛んでくる中、内からスルスルと抜けてきたモズアスコットがゴール直前で交わしてゴールイン!!鞍上のクリストフ・ルメール騎手は桜花賞、オークスに続いて今年3度目のGⅠタイトルを手に入れました。
3連単プレゼントは、濱野さんのリアルスティールが15着、西村さんのスワーヴリチャードが3着 、
田辺さんのモズアスコットが1着となり、1着馬を指名した田辺さんが勝者に。
さて、ルメール騎手のGⅠ勝利で幕を閉じた今年の安田記念、上にも書いたように田辺さんが⑩モズアスコット(9番人気)を本命に①スワーヴリチャードとの3連単6万3280円をゲット!さらに田辺さんは自身のコーナー「夢の3連単大作戦」では阪神11Rで④サイモンラムセス(4番人気)を軸にした3連単2万5530円を的中させる大爆発!実はこの勝ち馬2頭には穴馬としての共通点があったのです!

競馬エイトの出走馬表の下部分に書かれている「ローテーションと成績」欄ですが、蛍光ペンでのマーキングにはどちらも‟連闘”の文字が・・・。そうです!これが2頭の共通点。両レースとも1頭ずつしかいなかった連闘馬が勝利したのです。何気なくスルーしてしまいそうな情報ですが、馬の状態がすこぶる良くなければ出来ない戦術ということで、準オープンやGⅠに使うということは各厩舎サイドにも自信があったということなんですよね。特に夏場には使えそうな、この穴馬のキーワードみなさんもぜひ覚えておいてください!