今週5月13日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

5月13日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
新潟競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 増井トラックマン
4R 津田トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 藤岡トラックマン
8R 増井トラックマン、9R 津田トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・増井トラックマン
●「2018年 クラシックへの道」・・・津田トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
斉藤弘樹記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第3回京都競馬6日目 勢いが止まりません!

ゴールデンウィーク最終日となった5/6(日)の放送日。この日は東京で3歳マイル王を決める「NHKマイルカップ」(G1・芝1600)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがギベオンを、西村さんがタワーオブロンドンを、田辺さんがダノンスマッシュを指名。
短距離路線、クラシック戦線を問わず、牡馬に牝馬と、多士済々な顔ぶれが揃ったNHKマイルカップ。1番人気に支持されたのは重賞2勝の実績馬タワーオブロンドンでした。
レースはカツジ、プリモシーンらがやや出遅れて後方から。好スタートを切ったダノンシュマッシュにテトラドラクマが並らびかけ、ミスターメロディなども迫って、10頭ほどが5、6馬身圏内ひしめきにあって前半3ハロンを34秒4で通過。徐々にペースが上がり、隊列が目まぐるしく入れ替わって4コーナーカーブから直線へ。馬場の真ん中を通って先頭に立ったミスターメロディに、内からギベオンが迫って2頭の叩き合い。さらに残り100mを切り、外からレッドヴェイロンとケイアイノーテックが飛んできて4頭広がった大混戦。最後はケイアイノーテックがギベオンをクビ差とらえてゴールイン!!鞍上の藤岡佑介騎手はデビュー15年目で悲願のGⅠ初制覇を果たしました。
3連単プレゼントは、濱野さんのギベオンが2着、西村さんのタワーオブロンドンが12着 、
田辺さんのダノンスマッシュが7着となり、2着馬を指名した濱野さんが勝って連勝。
さて、NHKマイルカップは藤岡佑介騎手の悲願のGⅠ初制覇で幕を閉じました。GⅠレースではこれまであと1歩でタイトルを逃してきた藤岡騎手ですが、今年に入ってから活躍は目覚ましくGⅡを3勝。前日の土曜日にも京都新聞杯を勝って、この舞台に臨んでいました。まさに勢いに乗ってのGⅠ奪取となったのですが、勢いが止まらないといえば・・・朝のフルコースの「クラシックへの道」ではないでしょうか!

NHKマイルカップでは穴馬の⑰レッドヴェイロン(9番人気)を本命にした増井トラックマン!馬券プレゼントでは見事、複勝4000円をゲットし、2万800円の払戻しとなりました!「クラシックへの道」のコーナーは主に、こちらの増井TMと津田TMが担当しているのですが、皐月賞での3連複5万馬券的中を皮切りに、フローラステークス、スイートピーステークスと、コーナー的には連戦連勝となっているんです!この勢いはどこまで続くのでしょうか!?デビューが近づく2歳馬情報とともに、馬券の購入にお役立てください。
次週は古馬牝馬によるマイル頂上決戦。5/13(日)は東京で「ヴィクトリアマイル」(G1・芝1600)が行われます。連覇を狙うアドマイヤリードにハイレベルな4歳勢が挑む。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!