今週4月22日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

4月22日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
福島競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 津田トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 藤岡トラックマン
8R 津田トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・津田トラックマン
●「2018年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
斉藤弘樹
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第2回阪神競馬8日目 嫉妬するほどの大ホームラン!!

前日からの雨で冷え込んだ阪神競馬場。4/15(日)の放送日は中山で牡馬クラシック第1弾「皐月賞」(G1・芝2000)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがジャンダルムを、西村さんがワグネリアンを、田辺さんがオウケンムーンを指名しました。
大本命といわれたダノンプレミアムの回避により、一気に戦国模様となった第78回皐月賞。ともにダノンプレミアムにしか先着を許していないワグネリアン、ステルヴィオの2頭が人気を分け合いました。
レースはグレイルがやや立ち遅れる中、好スタートを切ったジェネラーレウーノに、アイトーン、ジュンヴァルロが競りかけ、3頭がグングン飛ばして先団を形成。そこから10馬身ほど離れた馬群はひと塊りでワグネリアン、ステルヴィオは後方を進みます。前3頭の競り合いは続き1000mを59秒2で通過。3、4コーナー入っても依然として後続との差は10馬身以上、アイトーンが先頭で直線へ。残り200mで失速したアイトーンをジェネラーレウーノが捕らえると、そこへ矢のような末脚で迫るのがエポカドーロ。並ぶ間もなく差し切ると1馬身、2馬身と抜け出してゴールイン!!新種牡馬オルフェーヴルの産駒から早くもクラシックホースが誕生しました。
3連単プレゼントは、濱野さんのジャンダルムが9着、西村さんのワグネリアンが7着 、
田辺さんのオウケンムーンが12着となり、最先着馬を指名した西村さんが勝者に。
さて、今週の「朝のフルコース」は、競馬エイトのトラックマンが大活躍!まずは、コチラの写真をご覧ください。

馬券を的中させたのは「クラシックへの道」の津田トラックマンと「WINのキモ」の竹下トラックマン。ここで、お二人の表情が全く違う点にご注目ください!満面の笑みの津田TMに対し、居心地の悪そうな竹下TM。
この日、竹下TMは阪神10Rで⑬ナイトオブナイツの単勝2000円、複勝3000円を見事に的中させ、合計18700円の払戻しをゲット!番組的にはヒーローといっていい大活躍だったのですが・・・
皐月賞の津田TMは⑭サンリヴァル(9番人気)を本命に、10頭への三連複流しを敢行!これが⑦エポカドーロ(7番人気)と⑩ジェネラーレウーノ(8番人気)の組み合わせ、⑦⑩⑭で的中し、配当はなんとなんと5万3410円!!
実は写真撮影時、竹下TMは「一緒に写りたくないわ~・・・」とつぶやいており、苦い表情の理由も大万馬券をゲットした津田TMと比べられるのが嫌だったようです。やはり馬券のプロとしてプライド的なものがあるのでしょうか?とにかく、お二人の大活躍により、プレゼント馬券は7万円を超えるビッグボーナスとなりました。来週以降も、ご期待ください!
次週から舞台は京都競馬場に。4/22(日)は京都で「マイラーズカップ」(G2・芝1600)、東京で「フローラステークス」(G2・芝2000)がそれぞれ行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!