第2回小倉競馬4日目 降ってる?降ってない?

8月に突入した小倉開催2週目。8/6(日)の放送日は小倉で「小倉記念」(G3・芝2000)、新潟で「レパードステークス」(G3・ダ1800)が行われました。
3連単プレゼントは小倉メインの小倉記念を予想。濱野さんがベルーフを、西村さんがストロングタイタンを、
田辺さんがヴォージュをそれぞれ指名しました。

サマー2000シリーズとしても盛り上がる小倉の名物ハンデキャップ重賞・小倉記念。
レースはややバラバラっとしたスタートから大外のバンドワゴンがハナを主張。大歓声に沸く正面スタンド前を通過し、1番人気ストロングタイタンは4番手、初の小倉参戦となる戸崎騎手の2番人気サンマルティンは後方3、4番手を進みます。向正面では馬群はひと塊りとなり、前半1000mはほぼ1分のミドルペース。3、4コーナーカーブからサンマルティンがマクリ気味に上がって、直線入口では先頭に。馬場の真ん中を通って堂々と抜け出したサンマルティンに、唯一内から鋭い脚で迫るのはタツゴウゲキ。ラスト100mは2頭が馬体をあわせた追い比べとなり、並んだ状態でゴールイン!!軍配はハナ差でタツゴウゲキに上がり、重賞初制覇を果たしました。

3連単プレゼントは、濱野さんのベルーフが4着、西村さんのストロングタイタンが8着 、
田辺さんのヴォージュが6着となり、最先着馬を指名した濱野さんが勝者に。

さて、この日は日本列島に近づく台風5号による影響が心配されたものの、競馬は3場とも無事開催の運びとなりました。しかし、これも台風の影響なのか?ちょうどお昼の12時ごろ、天候に異変が!

いきなり1、2コーナー側が分厚い雨雲に覆われ、斜めに降り注ぐシャワーのような雨が・・・写真はわかりにくいですが、かなりの激しい雨でお客さんも緊急避難するほどでした。しかし、同じ時刻の反対方向・3、4コーナー側のようすはというと・・・

まだ、青空が残った状態。一瞬のこととはいえ、雨と晴れの境い目に我々は居たのです。その後、止んだ雨は降ることなく、また暑い小倉に逆戻り。でも、この不思議な体験をしたことで、なんとなく得した気分になった1日でありました。

次週、8/13(日)は新潟で「関屋記念」(G3・芝1600)、札幌で「エルムステークス」(G3・ダ1700)が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!