「第1回京都競馬7日目 神ってる!エイトトラックマン」

1回京都開催も最終日となった1/22(日)の放送日。
この日は中山で「アメリカジョッキークラブカップ」(G2・芝2200)、
中京で「東海ステークス」(G3・ダ1800)がそれぞれ行われました。

3連単プレゼントは中山メインのアメリカジョッキークラブカップを予想。
濱野さんがリアファルを、西村さんがゼーヴィントを、
田辺さんがクラリティスカイをそれぞれ指名しました。

レースは大外のクリールカイザーが逃げ、2番人気リアファルが2、3番手の好位、
1番人気ゼーヴィントはちょうど中団あたりにつけ、馬群は縦長で進みます。
1000m通過は1分を切るやや速いペース。
3、4コーナーカーブで一気に馬群が凝縮すると、人気のリアファルが早くも失速し、直線へ。
直線半ばでミライヘノツバサが先頭に立ち抜け出そうとするところへ、外からゼーヴィント、
最内からタンタアレグリアが迫り、3頭の叩き合い。
最後はタンタアレグリアが半馬身ほど抜け出してゴールイン!!
昨年の天皇賞(春)4着以来の実戦で、重賞初制覇を遂げました。

3連単プレゼントは、濱野さんのリアファルが13着、西村さんのゼーヴィントが2着、
田辺さんのクラリティスカイが10着となり、2着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、この日も朝のフルコースの馬券プレゼントは、先週に続き、究極の1点勝負が的中!
中京メインの東海ステークスに挑んだ門口トラックマンが、次世代ダート界のスター候補と見込んだ
⑧グレンツェントの単勝(2・6倍)で勝負。力強く抜け出す完勝で13000円払戻しをゲットしました!
しかし、この日は門口TMだけでなく、出演された競馬エイトトラックマン全員が
素晴らしい活躍を見せてくれたんです!!

と、いうことでプレゼント馬券と一緒に、競馬エイトの紙面をバックにパシャリ!!
朝からずっと聴いてくださった方はお気づきかもしれないですが、
この日の京都競馬は2レース以降を競馬エイトの担当トラックマンの方に解説いただき、
買い目のフォーカスを挙げてもらっていたのですが、それが連戦連勝。
2レースから9レースまで8連勝という結果に。
なかでも由希子TMと藪本TMは2レースを的中させる大活躍!
さらに、前述の通り、メイン解説の門口TMは馬券プレゼントに成功しました。
そして、番組を最高の形で締めてくださったのが、‟最終の男”こと柳TM。
なんと、なんと馬連万馬券という満塁ホームランでフィニッシュ!
この日、エイトトラックマンの解説を参考に買い続けていたら、
笑いが止まらないほどの大勝ちができたのではないでしょうか?
そんな「神ってる」エイトトラックマンの予想、今後もぜひ参考にしてください。

次週から2回京都開催に突入。
1/29(日)は京都で「シルクロードステークス」(G3・芝1200)、
東京で「根岸ステークス」(G3・ダ1400)がそれぞれ行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!