「第1回京都競馬5日目 雪の影響で…」

日本列島を襲った最強寒波の影響により、積雪で京都開催、中京開催が中止に。
1/15(日)の放送日は、中山開催を画面実況でお送りしました。

3連単プレゼントは中山メインの「京成杯」(G3・芝2000)を予想。
濱野さんがコマノインパルスを、西村さんがイブキを、
田辺さんがベストリゾートをそれぞれ指名しました。

レースはややバラついたスタートから外枠のメリオラがハナを主張。
ベストリゾート、バリングラ、イブキなどが先団を形成し、1番人気コマノインパルスは後方を進みます。
向正面から縦長だった馬群が徐々に凝縮して、ほぼ一団となって3、4コーナーを回って直線へ。
最内を通って逃げるメリオラを早々と捕らえて先頭に立ったのはコマノインパルス。
力強い走りで外から追い込んできたガンサリュートの追撃を振り切ってゴールイン!!
皐月賞と同じ舞台でクラシックを意識させる強い勝ち方を見せました。

3連単プレゼントは、濱野さんのコマノインパルスが1着、西村さんイブキが15着、
田辺さんのベストリゾートが11着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝者に。

さて、冒頭でお伝えしたように、積雪により早朝の時点で中京開催は中止、
京都開催も1レース前の10時50分に中止が発表されました。


朝9時前の放送席から見える京都コースの写真がこちら。ちょうど吹雪いている最中で向正面はほとんど見えない状態。
その後は晴れ間もあり、除雪作業員の方々の頑張りで一時は目処が立ちそうだったのですが、
10時過ぎに再び雪が激しくなり、1レース前の中止が決定されました。

中山1場のみとなるので、楽な中継になったと思われるかもしれませんが、実は真逆で…。
プロデューサー、ディレクターは進行の見直しや競馬エイトトラックマンの打ち合わせに追われ、
実況アナウンサー陣は当初は全くしゃべる予定のなかった中山のレース準備にイチから取り組み、
そして西村さんは雪が降りしきるこの冬、最強の寒さの中、長時間の司会を務めることに。
しかしながら、馬が走っていない競馬場であのハイテンションは…さすがです♪

そんな過酷な中継でしたが、イレギュラーな構成となったことでのうれしい誤算もありました。
それが朝のフルコース「究極の1点勝負」2発的中という快挙!
しかも両方ともホームラン級の大当たりでした。

まずは、メインレース京成杯でワイド⑧-⑪(9.5倍)を的中させたのが坂本トラックマン。
コマノインパルスの相手に7番人気の穴馬ガンサリュートを選び、これが見事に1着、2着という完璧な予想で、
なんと4万7500円の払戻しに!!
そして、中山最終12レースをチョイスしたのは西尾TM。
こちらは単勝5番人気(9.6倍)のサンタフェチーフで勝負し、
これも2馬身半のリードで完勝という最高の形で的中!
こちらも4万8000円という払戻しとなり、2レース合計9万5000円超のビッグプレゼントに成功しました。
実は坂本TMも西尾TMも、本来の京都開催の想定ではプレゼント馬券担当ではなかったのです。
しかも、この日はWIN5自体がなくなったことで、「究極の1点勝負」が2つになるというレアケースに。
様々な要因が重なって、今回のプレゼント馬券大成功となったわけです。

お二人の活躍でリスナーの皆様には喜んでいただける結果になったと思いますが、
出来ることならイレギュラーは避けたいなぁと感じた1日でありました。

次週、1/22(日)は中山で「アメリカジョッキークラブカップ」(G2・芝2200)、
中京で「東海ステークス」(G3・ダ1800)がそれぞれ行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!