「第3回阪神競馬6日目 終わり良ければ全て良し」

雨が降ったり止んだりの1日だった6/19(日)の放送日。
この日は東京で「ユニコーンステークス」(G3・ダ1600)、
函館で「函館スプリントステークス」(G3・芝1200)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは東京メインのユニコーンステークスを予想。
濱野さんがゴールドドリームを、西村さんがストロングバローズを、
田辺さんがレッドウィズダムをそれぞれ指名しました。

レースは好スタートを切った1番人気ストロングバローズがハナへ。
固まっていた徐々に馬群がばらけて先頭からしんがりまで15馬身ほどで3コーナーカーブへ。
直線に入り、楽な手応えでストロングバローズが抜け出すと、その背後から急追してきたのがゴールドドリーム。
残り200mでは完全に2頭のマッチレースとなり、最後はゴールドドリームがクビ差、差し切ってゴールイン!!
重賞初制覇で通算戦績を5戦4勝としました。

3連単プレゼントは、濱野さんのゴールドドリームが1着、西村さんのストロングバローズが2着、
田辺さんのレッドウィズダムが7着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝者に。

さて、この日は事前にお伝えしていたように「究極の1点勝負6連発」が実施されました。
通常の朝のフルコースと合わせると、馬券プレゼントは普段の倍以上となる11名の方に!
これを心待ちにしていたリスナーの方も多かったのではないでしょうか?

しかし、昼頃に雨が急に強くなり、競馬エイトのトラックマン陣も苦戦。
ワイド勝負で片方は来ても、もう一方が来ないというもどかしいレースが続き、メインレースまで的中なしという状態。
やはり1点勝負は難しい、、、そんな嫌な流れを止めてくれたのが。。。


もはやミスター究極の1点勝負といってもいいでしょう!門口TMです。
阪神メイン米子ステークスでは圧倒的な1番人気③クイーンズリングと①ケントオーのワイド馬券をゲット!!
この日、ケントーオーの和田騎手が絶好調ということもあって、流れを読んだことも勝因でしょうか。
そしてこの勝利のバトンを受け取ったアンカーがやってくれました!!

最終レースで強気の単勝勝負を敢行し、見事的中の明木TM。
門口TMからのいい流れを活かして最後の最後をバッチリ締めてくれました!

と、いうことで今回は2発的中の「究極の1点勝負6連発」。
雨の影響で馬場状態も悪化する予想も難しいなかで、1点勝負を考えてくださった
競馬エイトトラックマンの方々ありがとうございました!!
そして、リスナーのみなさま、またの機会をお楽しみに♪
ご感想もお待ちしておりま~す!

次週でいよいよ上半期の阪神開催もラスト。
6/26(日)の放送日は、阪神でサマーグランプリ「宝塚記念」」(G1・芝2200)が行われます。
ドゥラメンテ、キタサンブラック、ラブリーデイらトップホースが仁川に集結!
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!