ドラマティック競馬日記 » 2016 » 5月

「第3回京都競馬12日目 ダービーが終わっても…」

2016/05/31 火曜日 - 10:17:23 by ドラマティック競馬AD竹内

5月最後の放送日となった5/22(日)は東京で3歳馬の頂点を決める競馬の祭典
「日本ダービー」(G1・芝2400)が行われました。
濱野さんがリオンディーズを、西村さんがマカヒキを、
田辺さんがロードクエストをそれぞれ指名しました。

3強を破り、皐月賞馬となったディーマジェスティが1番人気、
サトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズが僅差で続き、
4強状態の戦国ダービーとなりました。
レースはややばらけたスタートからマイネルハニーが前へ。
中団にサトノダイヤモンド、マカヒキ、ディーマジェスティが並んで、
4頭の中ではリオンディーズが最も後方の2、3番手を進みます。
前半を1分ちょうどで進み、4コーナーカーブから一気に馬群が凝縮して直線へ。
残り300mで先頭に立ったエアスピネルに並ぶようにして伸びてきた
マカヒキとサトノダイヤモンドの2頭が抜け出しての叩き合い。
互いに譲らず2頭並んだ状態でゴールイン!!
軍配は僅かにハナ差マカヒキに上がり、川田将雅騎手は悲願のダービージョッキーとなり、
3歳クラシック完全制覇を成し遂げました。

3連単プレゼントは、濱野さんのリオンディーズが5着、西村さんのマカヒキが1着、
田辺さんのロードクエストが11着となり、1着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、この日は日本ダービーの開催日ということでレーシングプログラムが変則となっておりまして。
ダービーの後にもレースが4つも残っている状態でした。
ドラマティック競馬の放送時間が終わっても残り3レースもあって、
競馬好きの出演者、スタッフはそれぞれ馬券を買って楽しんでおりました。
京都の最終レースが午後4時40分、さらに目黒記念が17時5分に終わって、こちらも撤収作業はほぼ終了。
それでもたくさんのお客さんが京都競馬場には残っていました。その理由というのが。。



京都競馬場で行われた馬場開放です。午後からは急に雨が降り出して、傘をささなければキツい状態ではありましたが、
ご家族連れの方など、たくさんのお客さんが待ちかねた様子で馬場を走ったり、写真撮影をしたりしておりました。
長いようで短かった上半期の京都開催もこの日ですべて終了で、次に戻ってくるのは10月。
次週から夏季開催に突入するので、この京都開催の馬場開放は季節の替わり目を実感する行事となってます。

次週から6月に突入し、舞台は阪神競馬場へ。
6/5(日)の放送日は、東京で春のマイル王決定戦「安田記念」(G1・芝1600)が行われます。
昨年の年度代表馬モーリスが連覇に挑む!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!

【阪神競馬場来賓席ご招待プレゼントのお知らせ】

ドラマティック競馬では定期的にリスナーの皆様を阪神競馬場の来賓席にご招待するプレゼントを実施しています。
今回、ご招待するのは6月12日(日)です。こちらに10組20名様をペアでご招待します。
この日の阪神競馬場では、秋の飛躍を目指す牝馬によるハンデキャップ重賞
「マーメイドステークス(G3)」が行われます。

観戦ご希望の方は、あなたのお名前、住所、年齢、電話番号をお書きの上、
〒552-8501 ラジオ大阪 OBCドラマティック競馬 
 来賓席希望と書いて、おハガキで送ってきてください。
 ご応募の締切は6月1日(水)必着です。

おしゃれな雰囲気の阪神競馬場来賓席で、ぜひ競馬観戦をお楽しみください。

今週5月29日の放送予定

2016/05/25 水曜日 - 17:43:31 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

5月29日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~11R
東京競馬場 8R~11R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 増井トラックマン
4R 由希子トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 由希子トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・増井トラックマン
●「2016年 クラシックへの道」・・・由希子トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
川端亮平記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第3回京都競馬10日目 オークス共同記者会見」

2016/05/24 火曜日 - 10:25:01 by ドラマティック競馬AD竹内

暑い日が続く、日曜日の競馬中継。
5/22(日)の放送日は東京で3歳牝馬クラシック第2弾「オークス」(G1・芝2400)が行われました。
濱野さんがシンハライトを、西村さんがチェッキーノを、
田辺さんがペプチドサプルをそれぞれ指名しました。

桜花賞馬ジュエラーの戦線離脱、メジャーエンブレムのNHKマイルカップ参戦で、
桜花賞でハナ差2着だったシンハライトが1番人気。
別路線からフローラステークスを圧勝したチェッキーノが2番人気で続きました。
レースはダンツペンダントが逃げて、注目のシンハライトは後方をチェッキーノと並ぶように進みます。
向正面ではやや縦長となり、1000mをほぼ1分ちょうどで通過。
4コーナーカーブから一気に後続が差を詰めて直線へ。
先頭が目まぐるしく入れ替わる激しい叩き合いから、先に抜け出したのはビッシュ。
そこへ大外からチェッキーノ、しかし真ん中の狭い隙間をこじ開けてシンハライトが一気に伸び、
ゴール前でしっかり捕らえてゴールイン!!
ハナ差2cmに泣いた桜花賞の悔しさを見事に晴らしてみせました。

3連単プレゼントは、濱野さんのシンハライトが1着、西村さんのチェッキーノが2着、
田辺さんのペプチドサプルが5着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝者に。

さて、シンハライトが桜花賞のリベンジを果たす結果となったオークス。
3歳牝馬にとって未知の距離での闘いとなるだけに、陣営の思惑なども大きく影響を与えます。
と、いうことでレース前に行われる静かなる闘い、オークスの共同記者会見の模様をお見せしたいと思います。
インタビュアーは競馬場と同じくらい栗東トレセンにも足を運んでいる情報通?
青沼稔アナウンアサーが務めました。



写真は上からシンハライトの池添謙一騎手、エンジェルファイスのクリストフ・ルメール騎手、
ロッテンマイヤーを管理する池添学調教師です。
池添騎手、ルメール騎手は数多くのビッグレースを制してきたので、すぐに分かりますね。
そして池添学調教師は昨年開業したばかりの新調教師ですが、名前でピンと来た方もいらっしゃると思います。
そう、実は池添謙一騎手の弟さんなんです。そう言われてみれば、顔も似ていませんか??
そして結果的には兄の謙一騎手が今年初のGⅠ制覇を果たしましたが、
兄弟でしかもクラシックという最高峰の舞台でライバル関係となるってどんな気持ちなのか、
全く想像できません。。

次週、5/29(日)の放送日は、
いよいよ東京で競馬の祭典「日本ダービー」(G1・芝2400)が行われます。
選ばれし18頭の中から世代の頂点に輝くのは果たしてどの馬!?
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

【阪神競馬場来賓席ご招待プレゼントのお知らせ】

ドラマティック競馬では定期的にリスナーの皆様を阪神競馬場の来賓席にご招待するプレゼントを実施しています。
今回、ご招待するのは6月12日(日)です。こちらに10組20名様をペアでご招待します。
この日の阪神競馬場では、秋の飛躍を目指す牝馬によるハンデキャップ重賞「マーメイドステークス(G3)」が
行われます。

観戦ご希望の方は、あなたのお名前、住所、年齢、電話番号をお書きの上、
〒552-8501 ラジオ大阪 OBCドラマティック競馬 
 来賓席希望と書いて、おハガキで送ってきてください。
 ご応募の締切は6月1日(水)必着です。

おしゃれな雰囲気の阪神競馬場来賓席で、ぜひ競馬観戦をお楽しみください。

今週5月22日の放送予定

2016/05/18 水曜日 - 17:06:33 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

5月22日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
新潟競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 増井トラックマン
4R 由希子トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 由希子トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・増井トラックマン
●「2016年 クラシックへの道」・・・由希子トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
川端亮平記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第3回京都競馬8日目 もはや夏です!」

2016/05/17 火曜日 - 11:54:46 by ドラマティック競馬AD竹内

現在、春のGⅠシリーズ真っ最中。
5/15(日)の放送日は東京で古馬のマイル女王を決める「ヴィクトリアマイル」(G1・芝1600)が
行われました。
濱野さんがルージュバックを、西村さんがミッキークイーンを、
田辺さんがシュンドルボンをそれぞれ指名しました。

昨年は3連単のGⅠ史上最高配当が飛び出す大波乱となったヴィクトリアマイル。
今年は昨年のオークス、秋華賞を制した二冠牝馬ミッキークイーンとジャパンカップホース・ショウナンパンドラが
人気を集めました。
レースは全馬きれいに揃ったスタートからレッドリヴェールと、スマートレイアーが前へ。
注目のミッキークイーンはやや後方、それを見る形でショウナンパンドラがつけて、
前半は33秒8というやや速いペース。
3、4コーナー中間にかけてカフェブリリアントが先頭に替わって直線へ。
横一列に広がった中から伸びてきたのはストレイトガール。後続をさらに突き放し、
2馬身半のリードで連覇達成のゴールイン!!
史上初7歳牝馬によるGⅠ制覇を成し遂げました。

3連単プレゼントは、濱野さんのルージュバックが5着、西村さんのミッキークイーンが2着、
田辺さんのシュンドルボンが9着となり、2着馬を指名した西村さんが勝ってこれで3連勝。

さて、ここ何週か、競馬中継の行われる日曜日は好天に恵まれております。
しかも、週ごとに気温が上がっていて、5月半ばではありますが、体感的にはもう夏といった印象。


写真の時刻は午後3時過ぎ。放送席で上着を着ている人は誰もいません。
モニター実況をする三宅さんに至っては、シャツをまくっての半袖状態に。
これからさらに暑くなっていくのでしょうか?
1、2カ月前まで寒いといっていたのが、ウソのように季節の移り変りを感じた1日でした。

次週、5/15(日)の放送日は東京で牝馬クラシック第2弾「オークス」(G1・芝2400)が行われます。
樫の女王に輝くのはどの馬!?
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!

【阪神競馬場来賓席ご招待プレゼントのお知らせ】

ドラマティック競馬では定期的にリスナーの皆様を阪神競馬場の来賓席にご招待するプレゼントを実施しています。
今回、ご招待するのは6月12日(日)です。こちらに10組20名様をペアでご招待します。
この日の阪神競馬場では、秋の飛躍を目指す牝馬によるハンデキャップ重賞「マーメイドステークス(G3)」が
行われます。

観戦ご希望の方は、あなたのお名前、住所、年齢、電話番号をお書きの上、
〒552-8501 ラジオ大阪 OBCドラマティック競馬 
 来賓席希望と書いて、おハガキで送ってきてください。
 ご応募の締切は6月1日(水)必着です。

おしゃれな雰囲気の阪神競馬場来賓席で、ぜひ競馬観戦をお楽しみください。

今週5月15日の放送予定

2016/05/11 水曜日 - 17:50:42 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

5月15日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
新潟競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R  高橋トラックマン、  3R 藤岡トラックマン
4R  西尾トラックマン、  5R 喜多村トラックマン
6R  門口トラックマン、  7R 坂本トラックマン
8R  竹下トラックマン、  9R 藤岡トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・藤岡トラックマン
●「2016年 クラシックへの道」・・・西尾トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
片山和広記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第3回京都競馬6日目 堅いけど、おいしい!?」

2016/05/09 月曜日 - 16:52:09 by ドラマティック競馬AD竹内

先週に続き、上着がいらないほどの好天に恵まれた5/8(日)の放送日。
この日は東京で3歳マイルを決める「NHKマイルカップ」(G1・芝1600)が行われました。
濱野さんがロードクエストを、西村さんがメジャーエンブレムを、
田辺さんがシュウジをそれぞれ指名しました。

断然の人気を背負った桜花賞で4着に敗れたメジャーエンブレムが得意の東京コースで巻き返しなるか、
注目を集めたNHKマイルカップ。
レースはややバラバラっとしたスタートからメジャーエンブレムが先頭に。
その直後に馬群が一団となって、1頭ポツンと最後方にペルソナリテがつける展開。
前半はややゆったりとしたペースで進み、3、4コーナーから徐々にペースが上がって直線へ。
約1馬身のリードで先頭に立つメジャーエンブレムに、後続が並びかけるも、差はむしろ開く一方。
最後は大外からロードクエストが豪脚で迫るも、メジャーエンブレムが半馬身ほど残してゴールイン!!
圧巻の逃げ切りで見事に桜花賞の雪辱を果たしました。

3連単プレゼントは、濱野さんのロードクエストが2着、西村さんのメジャーエンブレムが1着、
田辺さんのシュウジが12着となり、1着馬を指名した西村さんが勝って先週に続く連勝。

さて、戦前は前走の桜花賞でメジャーエンブレムが敗れていたこともあり、
やや混戦ムードも漂っていたNHKマイルカップですが。。
終わってみれば、3着には12番人気のレインボーラインが突っ込んで波乱となったものの、
1着、2着は人気通りという結果になりました。
それでも馬連は9.4倍ですから、メジャーエンブレムとロードクエストのこれまでのパフォーマンスを信じて
馬券を買った人には「おいしい」と思える結果だったのではないでしょうか?
その2頭の実力を高く評価していたトラックマンが馬券プレゼントでもしっかり貢献してくださいました~!!


「究極の1点勝負」でワイド④-⑤(4.3倍)を的中させ、21500円の払戻し馬券をゲットした門口トラックマン。
この日記での登場回数も多く、すっかりお馴染みの存在ですね♪
いつもドラマティック競馬出演の日には朝からオッズとにらめっこをして、
堅いけど1点で獲れるならおいしいという馬券の情報を「究極の1点勝負」のために、
考えてくださっています。今回はその成果がバッチリ発揮された感じでしょうか!?

次週、5/15(日)の放送日は東京で古馬のマイル女王を決める「ヴィクトリアマイル」
(G1・芝1600)が行われます。
ジャパンカップを制したショウナンパンドラと二冠牝馬ミッキークイーンが激突!
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週5月8日の放送予定

2016/05/06 金曜日 - 13:09:26 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

5月8日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
新潟競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 増井トラックマン
4R 由希子トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 由希子トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・増井トラックマン
●「2016年 クラシックへの道」・・・由希子トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
川端亮平記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第3回京都競馬4日目 人、人、人!!」

2016/05/02 月曜日 - 14:35:50 by ドラマティック競馬AD竹内

朝から好天に恵まれ、絶好の競馬日和となった5/1(日)の放送日。
この日は京都で伝統の一戦「天皇賞(春)」(G1・芝3200)が行われました。
濱野さんがサウンズオブアースを、西村さんがキタサンブラックを、
田辺さんがアドマイヤデウスをそれぞれ指名しました。

有馬記念を制したゴールドアクター、2着サウンズオブアース、3着キタサンブラックが揃って出走、
さらに阪神大賞典を勝ったシュヴァルグラン、前年の2着馬フェイムゲームなど、
現役屈指の実力馬が集結した第153回天皇賞(春)。
レースは最内枠のキタサンブラックが逃げる形、
1番人気のゴールドアクターは中団よりやや前のポジションを進みます。
レーヴミストラルがポツンと最後方に控えるも、1周目は17頭がほぼ一団。向正面に入ると、
ややペースが上がり、馬群はさらに凝縮するもキタサンブラックが依然先頭をキープ。
3、4コーナーの中間から各馬が進出を開始し、
ゴールドアクターが一気にがキタサンブラックに並びかけると、場内からも大歓声が上がります。
直線に入るとキタサンブラックが粘り込みをはかるところへ、並んできたのはなんと13番人気のカレンミロティック。
2頭の叩き合いは最後まで続き、並んだ状態でゴールイン!!
軍配は僅かにキタサンブラックに上がり、鞍上の武豊騎手は天皇賞(春)7勝目の大記録を打ち立てました。

3連単プレゼントは、濱野さんのサウンズオブアースが15着、西村さんのキタサンブラックが1着、
田辺さんのアドマイヤデウスが9着となり、1着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、この日はゴールデンウィークの真っ只中、しかもお天気も最高ということで、京都競馬場にはたくさんのお客さんが来場されました。
お昼のイベントに俳優の草刈正雄さんが登場されると、休憩中の出演者も身を乗り出して、
双眼鏡で覗いたり、モニターを凝視して「カッコイイ~!」と大喜びしておりました♪
その後もどんどんお客さんは増え、メインレースの頃には約8万人の大観衆に。
そして、レース後の判定でキタサンブラックの勝利が決まった瞬間には、大歓声が放送席まで聞こえてきました。


放送席から撮ったキタサンブラックの表彰式の写真です。ホントにびっしりと人で埋まっております。。。
上にも書いたように勝利ジョッキーは競馬界のレジェンド・武豊騎手。
オーナーは誰もが知る演歌歌手の北島三郎さん。
千両役者2人の共演となった表彰式は、生で観た競馬ファンにとって一生の思い出になったのではないでしょうか♪

次週、5/8(日)の放送日は東京で3歳マイル王を決める「NHKマイルカップ」(G1・芝1600)が行われます。
2歳女王メジャーエンブレムが桜花賞のリベンジを狙う!
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!