「第5回京都競馬2日目 天気は荒れ気味、予想は…曇り?」

京都、東京、福島の3場とも雨となった11/8(日)の放送日。
この日は、京都で「みやこステークス」(G3・ダ1800)、
東京で「アルゼンチン共和国杯」(G2・芝2500)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは京都メインのみやこステークスを予想。
濱野さんがダノンリバティを、西村さんがローマンレジェンドを、
田辺さんがマイネルクロップを指名しました。

レースは、エーシンモアオバーが先頭で引っぱる形。
水の浮いた不良馬場でスイスイと逃げ、1000mの通過が1分を切る芝なみのハイペースで進みます。
しかし、4コーナーで後続各馬が一気に詰め寄り、先頭はモンドクラッセに替わり、直線へ。
直線半ばまで粘るモンドクラッセを内からローマンレジェンドが捕えて先頭に立つも、
さらに内から伸びてきたのはロワジャルダン。
最後は外から猛追するカゼノコの追撃もしのぎ切り、ゴールイン!!
重賞初制覇を飾り、チャンピオンズカップへの優先権を手にしました。

3連単プレゼントは、濱野さんのダノンリバティが6着、西村さんのローマンレジェンドが3着、
田辺さんのマイネルクロップが9着となり、西村さんが今週も勝って連勝。

さて、今週はあいにくの雨。
ドラマティック競馬を中継している放送席からも、薄暗い空と水が浮いた状態のダートが確認できました。


しかし、朝のフルコースは「クラシックへの道」の由希子トラックマンが京都5レースの新馬戦をしっかりゲット!
「究極の1点勝負」の門口トラックマンは、アルゼンチン共和国杯を選び、
2週連続の的中!となかなか好調な流れでした。

そして、京都メインのみやこステークス。
「きみにひとめぼれ」の三宅さんが本命にしたのは②ロワジャルダン!!
これはやったか~!?と思ったのですが…。
放送席では総合司会の西村さんが三宅さんと買い目表を交互に見ながら、首をかしげておりまして。。
結果は痛恨のワイド馬券ヒモ抜けというパターン。
ロワジャルダンが7番人気という人気薄だっただけに、手広く流していればという悔しい結果に。

お片付け中の放送席で「う~ん…」と膨れっ面で、腕組みをし、立ちつくす三宅さん。
気分は写真と同じ曇り空といったところでしょうか?
次回こそは晴れ晴れとした予想をお願いしますよ!!

次週からは年末まで続くGⅠ開催。
11/15(日)の放送日は、「エリザベス女王杯」(G1・芝2200)が行われます。
歴戦の古馬と3歳の女王たちが激突!
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!