「第1回京都競馬1日目 感動の引退式」

皆様、明けましておめでとうございます!今年もドラマティック競馬をよろしくお願いします!!
2015年、最初の放送となった1/4(日)は、京都で「京都金杯」(G3・芝1600)、中山で「中山金杯」
(G3・芝2000)が行われました。3連単プレゼントは京都金杯を予想。
濱野さんがグランデッツァを、西村さんがフルーキーを、田辺さんがエキストラエンドをそれぞれ指名。
新年の名物レース・金杯。今年の初当たり、初笑いをと、たくさんのお客さんが京都競馬場に詰めかけました。
レースは、ウインフルブルームが先手を奪い、2番手以下は先行勢はほぼ一団。ほぼ隊列は変わらず、勝負は直線へ。
逃げるウインフルブルームを、1番人気グランデッツァが並びかけて交わそうとするも、ウインフルブルームがそこからもうひと伸び。内から追い上げるエキストラエンド、外から猛追するマイネルメリエンダを振り切ってゴールイン!!
昨年のクラシックを賑わせた実力馬が重賞初制覇を飾りました。
3連単プレゼントは、濱野さんのグランデッツァが5着、西村さんのフルーキーが4着、田辺さんのエキストラエンドが4着となり、2着馬を指名した田辺さんが2015年最初の勝者に。

さて、有馬記念から1週間、金杯からスタートした2015年の競馬ですが、この日は2014年を大いに盛り上げてくれた名馬・ジャスタウェイの引退式が京都競馬場で行われました。



有馬記念の日の中山競馬場ではジェンティルドンナが引退式を行いましたが、関西のファンにはジャスタウェイ最後の勇姿を生で見る機会が設けられました。GⅠは国内2勝、海外1勝という成績ですが、特に最初のGⅠ制覇となった天皇賞(秋)と、世界ナンバー1に輝いたドバイでの圧勝ぶりにはたくさんの方が興奮したのではないでしょうか!?
先日のジェンティルドンナもそうですが、記録にも記憶にも残る名馬だったと思います。これから先に彼らの実績を塗り替えてくれるようなスターホースが誕生するのか、それも競馬を見る楽しみのひとつですね♪

次週、1/11(日)の放送日は、京都で3歳馬にとって最初の重賞となる「シンザン記念」(G3・芝1600)が
行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!