ドラマティック競馬日記 » 2015 » 1月

「第1回京都競馬9日目 みんなの力を合わせていれば…」

2015/01/26 月曜日 - 16:26:20 by ドラマティック競馬AD竹内

日中は陽が射して良いお天気となった京都競馬場。1/25(日)の放送日は、中山で「アメリカジョッキークラブカップ」(G2・芝2200)、中京で「東海ステークス」(G2・ダ1800)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは中山メインのアメリカジョッキークラブカップを予想。
濱野さんがエアソミュールを、西村さんがゴールドシップを、田辺さんがミトラをそれぞれ指名しました。
注目はなんといっても2015年の始動戦となるゴールドシップ。GⅠ5勝の実力を示し、圧倒的1番人気の支持に応えることができるのでしょうか。
レースは、クリールカイザーが逃げる形。前半1000mは緩やかなペースで流れるもやや縦長の隊列で、ゴールドシップは中団よりやや後ろを進みます。一度はラインブラッドに先頭を譲ったクリールカイザーが再びハナを奪いペースを上げると各馬も一斉にスパート。直線に入ってさらにリードを広げるクリールカイザーに後続がジリジリと差を詰めるも、最後までリードを保って重賞初制覇のゴールイン!一方、注目のゴールドシップは直線で弾けず、7着に敗れました。
3連単プレゼントは、濱野さんのエアソミュールが3着、西村さんのゴールドシップが7着、田辺さんのミトラが2着となり、2着馬を指名した田辺さんが勝って先週に続く連勝。
さて、今週の朝のフルコースは馬券プレゼント成功ゼロという非常に残念な結果に終わりました。
しかし、言い訳というわけではありませんが、いろいろと惜しい結果となっていました。

写真は番組内で実際に使用している朝のフルコースの買い目一覧表です。
まず、午後の中山メイン・アメリカジョッキークラブカップで青沼さんが狙ったのは⑫クリールカイザーで
これが見事に1着。しかし、プレゼント馬券に選んだのはゴールドシップとの3連複。。。
いつものワイド作戦ならと悔やんでおりました。
しかも、ラジオ馬券学講座では3人の内、濱野さんが⑨エアソミュール、田辺さんが⑭ミトラを推していたので
⑧ゴールドシップは外せないにしてもうまくこの4頭でBOX組めば当たっているじゃないですか!?
3連単24点で16万超えですよ。。結果論とはいえ、もどかしいです。
そして、京都メインではエイトのトラックマン2人がワイド1点勝負を敢行。
坂本TMが⑨-⑩で、喜多村TMが②-⑩だったのですが、これが②-⑨のワイド馬券だったら的中だったのに。。
つまり、どれもみんなの力を合わせていれば、といった結果。いやいや、競馬って一筋縄ではいかないですね~。。
その分、当たったときの快感がたまらないんでしょうけど。

次週から2月、そして2回京都開催に突入。
2/1(日)の放送日は、京都で「シルクロードステークス」(G3・芝1200)、
東京で「根岸ステークス」(G3・ダ1400)がそれぞれ行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!

「第1回京都競馬7日目 今年は期待してください!!」

2015/01/21 水曜日 - 11:26:08 by ドラマティック競馬AD竹内

好天に恵まれた1/18(日)の放送日は、京都で「日経新春杯」(G2・芝2400)、中山で「京成杯」(G3・芝2000)がそれぞれ行われました。3連単プレゼントは京都メインの日経新春杯を予想。

濱野さんがハギノハイブリッドを、西村さんがタマモベストプレイを、田辺さんがアドマイヤデウスを
それぞれ指名しました。

今年の日経新春杯は上位10頭までが単勝20倍以下という大混戦。1番人気にはこのレース連覇を狙うサトノノブレスが支持されました。
レースは、メイショウサミットがハナを奪い、2~3馬身引き離して逃げるも、2番手以下はほぼ一団。
4コーナーカーブから2番手集団がメイショウサミットを捕らえると一気に各馬もスパートを開始。直線横一列の叩き合いが繰り広げられる中、ただ1頭最内から伸びてきたアドマイヤデウスが、外から猛追するフーラブライドの追撃を振り切って1着でゴールイン!!
昨年の日本ダービー以来の出走となる明け4歳馬が重賞初制覇を果たしました。
3連単プレゼントは、濱野さんのハギノハイブリッドが6着、西村さんのタマモベストプレイが7着、田辺さんのアドマイヤデウスが1着となり、1着馬を指名した田辺さんが勝者に。

さて、日経新春杯は半年以上ぶりの出走となったアドマイヤデウスが勝利したのですが、ドラマティック競馬でも
半年以上の期間を経て、久々の馬券プレゼントに成功した人がいました。

「久々に三宅馬券をプレゼント~!!」ということで、今年から新しくなった黄金のプレゼントBOXから馬券を引く抜く仕草を見せる三宅さん。新年初、しかも1月中にプレゼントを成功できて本当に喜んでいました。

日経新春杯では3着となった⑥アドマイヤフライト(7番人気)から手広く流してワイド馬券⑤-⑥(23.6倍)を
的中させた三宅さん。ちょこちょこ馬券を当てていたイメージはあったのですが、プレゼント担当週にヒットさせたのは昨年のユニコーンステークス以来のようですね。

「今年はもっとプレゼント馬券の精度を上げたい」と語ってくれた三宅さん。今後の活躍に期待してください。

次週、1/25(日)の放送日は、中山で「アメリカジョッキークラブカップ」(G2・芝2200)、
中京で「東海ステークス」(G2・ダ1800)がそれぞれ行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!

「第1回京都競馬4日目 ミスシンザン登場!」

2015/01/12 月曜日 - 16:15:03 by ドラマティック競馬AD竹内

3連休で競馬も3日連続開催。その2日目となる1/11(日)は、京都で「シンザン記念」(G3・芝1600)が
行われました。3連単プレゼントは濱野さんがダッシングブレイズを、西村さんがサトノフラムを、田辺さんが
クイーンズターフをそれぞれ指名。
のちに三冠馬となるオルフェーヴルやジェンティルドンナも出走した年明け最初の3歳重賞シンザン記念。
レースは、大方の予想通りレンイングランドが引っ張る流れ。1番人気ダッシングブレイズ、2番人気グァンチャーレはともに後方を進みます。3コーナー過ぎから逃げるレンイングランドがさらにペースを上げると各馬も一斉にスパートを開始。直線に入っても粘りこみを図るレンイングランドに、残り100mから一気に後続が襲い掛かり、
ゴール前は大混戦。4~5頭横並びの激戦で勝ったのはグァンチャーレ。
鞍上の武豊騎手は29年連続重賞勝ちという大記録を打ち立てました。
3連単プレゼントは、濱野さんのダッシングブレイズが4着、西村さんのサトノフラムが11着、田辺さんのクイーンズターフが8着となり、最先着馬を指名した濱野さんが勝者に。

さて、今週はシンザン記念ということで番組には、シンザン記念のプレゼンターをつとめるミスシンザンのお二人が来てくださいました。心なしか放送席の西村さんの声もいつもより弾んでいたような♪

鎌田結衣(かまだ ゆい・写真右)さんは実家が牧場をされているそうで、普段から競走馬とも触れ合う機会が多いようです。上山愛美(かみやま まなみ・写真左)は、浦河町のイメージキャラクター「うららん・かわたん」のデザインをされたそうで、写真はちょうどそのエピソードを西村さんと話しているところですね。
昨年から今年の競馬は日程が詰まっていたので、特にお正月っぽいこともなく10日以上が過ぎてきましたが、
ミスシンザンの登場で一気に華やかな雰囲気になりました!ありがとうございます!!

次週、1/18(日)の放送日は、京都で「日経新春杯」(G2・芝2400)、中山で「京成杯」(G3・芝2000)がそれぞれ行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!

「第1回京都競馬1日目 感動の引退式」

2015/01/05 月曜日 - 14:07:04 by ドラマティック競馬AD竹内

皆様、明けましておめでとうございます!今年もドラマティック競馬をよろしくお願いします!!
2015年、最初の放送となった1/4(日)は、京都で「京都金杯」(G3・芝1600)、中山で「中山金杯」
(G3・芝2000)が行われました。3連単プレゼントは京都金杯を予想。
濱野さんがグランデッツァを、西村さんがフルーキーを、田辺さんがエキストラエンドをそれぞれ指名。
新年の名物レース・金杯。今年の初当たり、初笑いをと、たくさんのお客さんが京都競馬場に詰めかけました。
レースは、ウインフルブルームが先手を奪い、2番手以下は先行勢はほぼ一団。ほぼ隊列は変わらず、勝負は直線へ。
逃げるウインフルブルームを、1番人気グランデッツァが並びかけて交わそうとするも、ウインフルブルームがそこからもうひと伸び。内から追い上げるエキストラエンド、外から猛追するマイネルメリエンダを振り切ってゴールイン!!
昨年のクラシックを賑わせた実力馬が重賞初制覇を飾りました。
3連単プレゼントは、濱野さんのグランデッツァが5着、西村さんのフルーキーが4着、田辺さんのエキストラエンドが4着となり、2着馬を指名した田辺さんが2015年最初の勝者に。

さて、有馬記念から1週間、金杯からスタートした2015年の競馬ですが、この日は2014年を大いに盛り上げてくれた名馬・ジャスタウェイの引退式が京都競馬場で行われました。



有馬記念の日の中山競馬場ではジェンティルドンナが引退式を行いましたが、関西のファンにはジャスタウェイ最後の勇姿を生で見る機会が設けられました。GⅠは国内2勝、海外1勝という成績ですが、特に最初のGⅠ制覇となった天皇賞(秋)と、世界ナンバー1に輝いたドバイでの圧勝ぶりにはたくさんの方が興奮したのではないでしょうか!?
先日のジェンティルドンナもそうですが、記録にも記憶にも残る名馬だったと思います。これから先に彼らの実績を塗り替えてくれるようなスターホースが誕生するのか、それも競馬を見る楽しみのひとつですね♪

次週、1/11(日)の放送日は、京都で3歳馬にとって最初の重賞となる「シンザン記念」(G3・芝1600)が
行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!