「第5回京都競馬9日目 ぼくも苦労も2度目の実り!」

今年の京都競馬もついに最終日。11/30(日)の放送日は、東京で「ジャパンカップ」(G1・芝2400)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがワンアンドオンリーを、西村さんがハープスターを、田辺さんがヒットザターゲットをそれぞれ指名。
国内最強を決めるにふさわしいメンバーが集結した第34回ジャパンカップ。1番人気にはジャパンカップ3連覇の偉業に挑むジェンティルドンナでした。
レースは、サトノシュレンが先手を奪い、ほぼ平均ペースの逃げ。注目のジェンティルドンナは内の4、5番手を進みます。4コーナーカーブ辺りでアイルランドから参戦のトレーディングレザーが競走を中止するも、各馬徐々にポジションを上げ、直線へ。直線に入るとエピファネイアが楽々と先頭に立ち、残りは400m。後続馬も末脚を伸ばすも、先頭のエピファネイアとの差は開く一方。最後は4馬身差の圧勝でゴールイン!!並みいる強豪を下し、昨年の菊花賞以来となるGⅠ2勝目を挙げました。
3連単プレゼントは、濱野さんのワンアンドオンリーが7着、西村さんのハープスターが5着、田辺さんのヒットザターゲットが12着となり、最着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、海外からの強豪も交え、3連覇を狙うジェンティルドンナ、凱旋門賞からの復帰戦となるハープスター、ジャスタウェイ、天皇賞秋を制したスピルバーグなど、現役屈指の好メンバーが揃ったジャパンカップでしたが、勝ったのは昨年の菊花賞馬エピファネイア。待望のGⅠ2勝目をこの大舞台で挙げました。
実は、ドラマティック競馬でも2度目の栄光を味わった人物がいました。朝のフルコースで(待望というほど、ご無沙汰ではありませんが、)秋GⅠ2度目の馬券プレゼントに成功したのはこの人!

「ぼくの苦労はいつ実る?」で⑮スピルバーグを本命に推し、ワイド馬券④-⑮(21.7倍)を1000円分的中させた青沼稔アナウンサーです!!ワイド馬券とはいえ2万円を超える配当金ですので、大成功といえるのではないでしょうか。
あと1カ月で今年も終わりですが、もう一度、(的中して)ここに登場して貰えることを期待していま~す♪

さて次週から12月に突入し、舞台は阪神開催へ。12/7(日)の放送日は、中京でダートの現役最強馬決定戦
「チャンピオンズカップ」(G1・ダ1800)が行われます。新たな歴史に名を刻むのはどの馬!?
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!