ドラマティック競馬日記 » 2014 » 12月

「第5回阪神競馬8日目 有終の美!!」

2014/12/29 月曜日 - 17:24:18 by ドラマティック競馬AD竹内

今年の競馬もいよいよ最終日。
12/28(日)の放送日は、中山で暮れのグランプリレース「有馬記念」(G1・芝2500)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがワンアンドオンリーを、西村さんがゴールドシップを、
田辺さんがウインバリアシオンをそれぞれ指名。
2度目の有馬記念制覇を狙うゴールドシップ、ジャパンカップを圧勝したエピファネイア、ダービー馬ワンアンドオンリー、そしてこのレースが現役最後となるジェンティルドンナとジャスタウェイなど、豪華メンバーが集結。
初の試みとなる枠順抽選会なども行われ、レース前から大きな注目を集めました。
レースは、ヴィルシーナが逃げて、エピファネイアが2番手、3番手にジェンティルドンナがつけて、ゴールドシップ、ジャスタウェイは中団より後方に待機。勝負どころの3、4コーナーにかけてヴィルシーナのリードがなくなると、
エピファネイアが先頭に立ち、ゴールドシップが得意のマクリで並びかけ、各馬も一斉にスパート。
直線で最内で粘るエピファネイアを残り100mで交わしたジェンティルドンナが追い込んでくる各馬の追撃も振り切って1着でゴールイン!!GⅠ7勝を挙げるとともに引退の花道を勝利で飾りました。
3連単プレゼントは、濱野さんのワンアンドオンリーが13着、西村さんのゴールドシップが3着、田辺さんのウインバリアシオンが12着となり、1着馬を指名した西村さんが勝って連勝。2014年最後の勝者となりました。
さて、グランプリ有馬記念は引退レースだったジェンティルドンナが勝ち、有終の美を飾りました。
我がドラマティック競馬でも、当たり馬券で見事に2014年を締めくくってくれた人がいました。

朝のフルコース「ぼくの苦労はいつ実る?」を担当する青沼稔アナウンサーです!有馬記念では9番人気の穴馬
トゥザワールドを本命にし、ゴールドシップとのワイド馬券1000円(11.9倍)を見事に的中!!やっぱり、一年の最後、有馬記念を当てるというのは、競馬をする人にとって格別ですよね。ホント、終わり良ければ、というヤツです。
しかし、青沼さん、春~夏にかけては惨敗だったのが、秋になってプレゼント馬券も絶好調に。
そして、最後も決めてくれました。みなさん、来年も青沼さんを応援してくださいね。

と、いうことで今年もドラマティック競馬をお聴きいただき、そしてこの日記もチェックしてくださった皆様、
ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。それでは良いお年を~♪

来年の放送は1/4(日)からスタート!!京都では「京都金杯」(G3・芝1600)、中山では「中山金杯」(G3・芝2000)がそれぞれ行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!

「第5回阪神競馬6日目 ドドンとプレゼント!!」

2014/12/22 月曜日 - 15:44:40 by ドラマティック競馬AD竹内

今年もいよいよあと2週。
12/21(日)は、今年から阪神に舞台を移した2歳王者決定戦「朝日杯フューチュリティステークス」
(G1・芝1600)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがクラリティスカイを、西村さんがダノンプラチナを、
田辺さんがジャストドゥイングをそれぞれ指名。
中山から阪神に舞台を移し、阪神ジュベナイルフィリーズと全く同じ条件での開催となった
朝日杯フューチュリティステークス。
重賞馬を押しのけて、1番人気に支持されたのは、抽選を突破したディープインパクト産駒ダノンプラチナでした。
レースは、アクティブミノルがハナを奪うも直後にセカンドテーブルがつけて、3番手以下はほぼ一団で前半を通過。
3、4コーナーにかけてさらに馬群が凝縮し、各馬スパートを開始。
直線に入って最内で粘り込みをはかるアクティブミノルを、残り200m付近で楽々と交わしたダノンプラチナが
早め先頭に立つと他馬の追撃も振り切って、1着でゴールイン!!
先週の阪神ジュベナイルフィリーズに続き、出走メンバー唯一のディープインパクト産駒が
2歳チャンピオンとなりました。
3連単プレゼントは、濱野さんのクラリティスカイが3着、西村さんのダノンプラチナが1着、
田辺さんのジャストドゥイングが13着となり、1着馬を指名した西村さんが勝者に。
さて、皆さん12月も20日を過ぎ、来年に向けた準備なども始める頃ではないでしょうか?
そのために必ず必要となるアイテムといえば、、、、そうカレンダーですよね。
番組ではひと足早いクリスマスプレゼントとして「2015年JRAカレンダー」を用意しました。
しかも、なんと20名の方に贈らせていただきますよ!!

三宅さんと英子ちゃんが持っているのが、その現物のカレンダー。
写真撮影にあたって「では、2014年で思い出に残ったレースを」というフリに対して
2人が選んだのは、やはり日本ダービー。
橋口調教師の悲願だったダービーを、自身が管理したダービー2着馬ハーツクライの子で勝つというのは
本当にドラマティックな結末だったと思います。
来年の5月になるとそんな思い出が甦ってきそうですね♪
来年の楽しい競馬ライフに是非とも役立ててほしいと思います。
奮ってご応募ください。おハガキお待ちしていま~す!!

さて、次週ついに今年の競馬もフィナーレ。
12/28(日)の放送は、中山でグランプリ「有馬記念」(G1・芝2500)が行われます。
ジェンティルドンナとジャスタウェイ、2頭の名馬がラストラン。最後に待つのはどんなドラマか!?
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

「第5回阪神競馬4日目 阪神JF勝利騎手インタビュー」

2014/12/15 月曜日 - 15:56:24 by ドラマティック競馬AD竹内

今年の中央競馬も残すところあと3週。朝から冷え込んだ12/14(日)は、阪神で2歳牝馬の女王を決める
「阪神ジュベナイルフィリーズ」(G1・芝1600)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがレッツゴードンキを、西村さんがロカを、田辺さんがショウナンアデラをそれぞれ指名。

ブエナビスタ、アパパネ、ウオッカなど、数々の名牝の登竜門となっている阪神ジュベナイルフィリーズ。
今年は1戦1勝ながら伯父にディープインパクトを持つ良血馬ロカが1番人気に支持されました。

レースは、注目のロカがスタートで立ち遅れる波乱ムードの幕開け。先頭が目まぐるしく入れ替わり、馬群はほぼ一団で進みます。各馬徐々にスピードを上げ、勝負は直線へ。直線半ばまで粘るスマートプラネットに、ムーンエクスプレス、レッツゴードンキ、ココロノアイらが襲い掛かりゴール前は大激戦。
最後は外からやってきたショウナンアデラがこれらをまとめて交わしてゴールイン!!
出走メンバー唯一のディープインパクト産駒が2歳牝馬の頂点に輝きました。
3連単プレゼントは、濱野さんのレッツゴードンキが2着、西村さんのロカが8着、
田辺さんのショウナンアデラが1着となり、1着馬を指名した田辺さんが勝者に。

さて、今年の阪神ジュベナイルフィリーズは、ショウナンアデラ号と蛯名正義騎手が勝利。
大一番を勝った騎手がレース後にファンの前で行うことといえば。。。
そうです、勝利ジョッキーへのインタビューです。毎年、このレースのインタビューは
ラジオ大阪が担当しておりますので、今年もその大役を濱野圭司アナウンサーがつとめました。
では、カッコイイ蛯名騎手&濱野さんの姿をご覧いただきましょう!!


しかし、蛯名騎手は今年、イスラボニータで皐月賞、フェノーメノで天皇賞(春)も勝っていますから
これでGⅠ3勝目ですか。馬主さんのショウナンの冠の馬もショウナンパンドラに続いての秋GⅠ2勝目ですし、
勢いがある組み合わせだったんですね。こういうことを事前に把握してれば、
馬券にも役に立つような気がするんですけど。たぶん、また忘れちゃうんだろうなぁ。。

さて次週は牡馬の2歳チャンピオンが決定。12/21(日)の放送日は、
阪神で「朝日杯フューチュリティステークス」(G1・芝1600)が行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

「第5回阪神競馬2日目 このチャンスを見逃すな!」

2014/12/08 月曜日 - 12:01:38 by ドラマティック競馬AD竹内

舞台は師走の阪神開催へ。12月最初の放送日となった12/7(日)は、
中京でダートの最強馬を決める「チャンピオンズカップ」(G1・ダ1800)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがコパノリッキーを、西村さんがホッコータルマエを、田辺さんが
インペラティヴをそれぞれ指名。
今年から中京に舞台を移し、レース名もチャンピオンズカップに改められた暮れのダート王決定戦。
中央ダートGⅠ統一を目指すフェブラリーステークスの勝ち馬コパノリッキー、
昨年1番人気3着の雪辱を狙うホッコータルマエ、過去2年ともに2着のワンダーアキュートなど、
国内屈指のメンバーに加え、今年は米国から外国馬も参戦しました。
レースは、クリノスターオーが先手を奪うも馬群はほぼ一団で進み、比較的緩やかな流れ。
4コーナー辺りから各馬スパートを開始し、直線の攻防へ。
直線に入ると、クリノスターオーを交わして、ホッコータルマエとローマンレジェンドが抜け出しての叩き合い。
さらに外からはナムラビクターが追い込むも、最後はホッコータルマエが半馬身差のリードを保ってゴールイン!!
昨年の雪辱を果たし、通算6勝目のダートGⅠタイトルを獲得しました。

3連単プレゼントは、濱野さんのコパノリッキーが12着、西村さんのホッコータルマエが1着、
田辺さんのインペラティヴが15着となり、1着馬を指名した西村さんが勝って、先週からの連勝。

ドラマティック競馬では、12/7(日)と12/14(日)の2週にわたって、朝のフルコースの特別バージョン、
究極の1点勝負6連発を実施。7レース以降の毎レースで、5000円の軍資金をもとに究極の1点勝負を行います。
つまり、通常の朝のフルコースと合わせると、なんと11名の方に当たり馬券ゲットのチャンスがあるのです!!
その1週目となったこの日は、トータルで4発の的中がありました。通常ならば5発が最高なので、
いきなりその効果が発揮された結果に。では、当たり馬券をもたらしてくれた主役たちに登場していただきましょう!!

左から、明木トラックマン、西尾トラックマン、津田トラックマンです。いやぁ~津田TM、いい笑顔ですね♪
それぞれ明木TMはWIN5のキモ、西尾TMはクラシックへの道、そして津田TMは究極の1点勝負6連発の
トップバッターとして、見事な活躍をしてくださいました。
実は田辺大介さんも穴馬狙い撃ちを的中させているのですが、、また写ってくれませんでした。。。

とにかく、来週12/14(日)も続くこのプレゼント企画。
11回も当選の機会があるので、まだ参加したことがないという方、是非是非おハガキお待ちしております!!

さて次週12/14(日)の放送日は、阪神で2歳牝馬の女王決定戦「阪神ジュベナイルフィリーズ」
(G1・芝1600)が行われます。来年のクラシックの主役はどの馬に!?
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

「第5回京都競馬9日目 ぼくも苦労も2度目の実り!」

2014/12/01 月曜日 - 17:28:04 by ドラマティック競馬AD竹内

今年の京都競馬もついに最終日。11/30(日)の放送日は、東京で「ジャパンカップ」(G1・芝2400)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがワンアンドオンリーを、西村さんがハープスターを、田辺さんがヒットザターゲットをそれぞれ指名。
国内最強を決めるにふさわしいメンバーが集結した第34回ジャパンカップ。1番人気にはジャパンカップ3連覇の偉業に挑むジェンティルドンナでした。
レースは、サトノシュレンが先手を奪い、ほぼ平均ペースの逃げ。注目のジェンティルドンナは内の4、5番手を進みます。4コーナーカーブ辺りでアイルランドから参戦のトレーディングレザーが競走を中止するも、各馬徐々にポジションを上げ、直線へ。直線に入るとエピファネイアが楽々と先頭に立ち、残りは400m。後続馬も末脚を伸ばすも、先頭のエピファネイアとの差は開く一方。最後は4馬身差の圧勝でゴールイン!!並みいる強豪を下し、昨年の菊花賞以来となるGⅠ2勝目を挙げました。
3連単プレゼントは、濱野さんのワンアンドオンリーが7着、西村さんのハープスターが5着、田辺さんのヒットザターゲットが12着となり、最着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、海外からの強豪も交え、3連覇を狙うジェンティルドンナ、凱旋門賞からの復帰戦となるハープスター、ジャスタウェイ、天皇賞秋を制したスピルバーグなど、現役屈指の好メンバーが揃ったジャパンカップでしたが、勝ったのは昨年の菊花賞馬エピファネイア。待望のGⅠ2勝目をこの大舞台で挙げました。
実は、ドラマティック競馬でも2度目の栄光を味わった人物がいました。朝のフルコースで(待望というほど、ご無沙汰ではありませんが、)秋GⅠ2度目の馬券プレゼントに成功したのはこの人!

「ぼくの苦労はいつ実る?」で⑮スピルバーグを本命に推し、ワイド馬券④-⑮(21.7倍)を1000円分的中させた青沼稔アナウンサーです!!ワイド馬券とはいえ2万円を超える配当金ですので、大成功といえるのではないでしょうか。
あと1カ月で今年も終わりですが、もう一度、(的中して)ここに登場して貰えることを期待していま~す♪

さて次週から12月に突入し、舞台は阪神開催へ。12/7(日)の放送日は、中京でダートの現役最強馬決定戦
「チャンピオンズカップ」(G1・ダ1800)が行われます。新たな歴史に名を刻むのはどの馬!?
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!