「第5回京都競馬4日目 完全的中はいつに!?」

雨が降ったり止んだり、大雨になったりと、天気の変化が激しかった11/10(日)の放送日。
この日は京都で「エリザベス女王杯」(G1・芝2200)が行われました。
三連単プレゼント濱野さんがヴィルシーナを、西村さんがメイショウマンボを、田辺さんはラキシスをそれぞれ指名。

歴戦の古馬と三冠戦線で活躍した3歳が集い、真の牝馬女王を決定するエリザベス女王杯。今年は春のヴィクトリアマイルを制したヴィルシーナ、オークスと秋華賞の二冠牝馬メイショウマンボが人気を分け合いました。

レースは、雨 の影響で重馬場の発表。上がり馬エディンが先手を奪うも、直後にセキショウ、セレブリティモデルが追いかけ、
先頭からシンガリまでは10馬身ほどの一団で 進みます。3、4コーナーでもその隊列はほぼ変わらず、勝負は最後の直線へ。
粘るエディンを残り200mで捕らえたメイショウマンボが力強く抜け出して、 ゴールイン!!
オークス、秋華賞に続く、3つ目のビッグタイトルを手中に収めました。
三連単プレゼントは、濱野さんのヴィルシーナが10着、西村さんのメイショウマンボが1着、
田辺さんのラキシスが2着となり、1着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、この日は朝のフルコースが午前中から大爆発!!

まず、「穴馬狙い撃ち」の田辺大介さんが京都3レースをワイド1点勝負で的中。
続いて「クラシックへの道」の鈴木由希子トラックマンが京都5レースをしっかりゲット!
さらに京都6レースで「究極の1点勝負」を敢行した喜多村トラックマンがズッバと馬連をしとめて、
放送前半戦の終了時点で、なんとなんと、3戦3勝!!

そして、勝負の舞台はメインレース・エリザベス女王杯へ。
ヴィルシーナが勝てば、奇跡の「朝のフルコース」完全的中の可能性もあるということで、

西村さんをはじめとして、出演者、スタッフ全員がテンションMAXでレースに臨みました。

しかし、結果は上記の通り。勝負の世界なので、仕方のないことですが、みんなの落ち込みは大きく。
なかでも、しばらく立ち直れなかったのは美奈ちゃん。

しばらく、馬券を握り締めたまま呆然としていました。ようやく口を開いて一言、
「前回、勝たせてもらったのに。ちゃんとメイショウマンボの強さを信じたらよかった。。。」と。

と、いうことで残念ながら、夢の完全的中は次の機会に持ち越し。
先に最高の笑顔を見せるのは、美奈ちゃんか、それとも英子ちゃんか、今後も期待してくださ~い♪

さて、次週11/17(日)の放送日は、京都で「マイルチャンピオンシップ」(G1・芝1600)が行われます。
確固たる主役不在のマイル戦線、混戦を制するのはどの馬か!?
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!