第2回京都競馬8日目 しばらく京都とお別れ

第2回京都競馬も最終日を迎えた2/17(日)の放送日。この日は東京で「フェブラリーステークス」(G1・ダ1600)が行われました。三連単プレゼントは濱野さんがグレープブランデーを、西村さんがカレンブラックヒルを、田辺さんがナムラタイタンをそれぞれ指名しました。2013年最初のGⅠ競走・フェブラリーステークス。昨年の覇者テスタマッタなど、ダート界のスターホースたちを押しのけ、堂々の1番人気に支持されたのはダート初参戦となるカレンブラックヒルでした。デビューから4戦無敗でNHKマイルカップを制したスピードがダートでも発揮されるのか、大いに注目を集めました。レースは、タイセイレジェンドがハナに立ち、その直後にエスポワールシチーがつけ、早い流れで進みます。注目のカレンブラックヒルは3、4番手で4コーナーを回って、直線へ。しかし、直線に入り、カレンブラックヒルの脚がなくなると、一気に他馬が襲い掛かる。早め先頭から押し切りを図るエスポワールシチーを、中団から脚を伸ばしたグレープブランデーが残り100mで交わしてゴールイン!!3歳時のジャパンダートダービーに続くタイトル獲得となりました。
三連単は濱野さんのグレープブランデーが1着、西村さんのカレンブラックヒルが15着、田辺さんのナムラタイタンが9着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝利。

放送終了後、馬の姿もなく、人影もほとんどなくなった京都競馬場。



機材が片付けられた放送席には、ビニールシートが被せられていました。ここも何もない。と、いうことで書くネタもありません。。。と、いうのは冗談ですが、、、。

この日で京都とも約2ヶ月間のお別れ。厳しい寒さの中での過酷な中継でしたが、終わってみると、少し寂しい気持ちになりますね。
次に京都に戻ってくる頃は、GⅠシリーズの真っ最中。1枚目の写真に収まりきらないほど、たくさんお客さんで溢れていることでしょう!今からワクワクしますねぇ♪

さて次週から舞台は阪神競馬場に。2/24(日)の放送日は、阪神で「阪急杯」(G3・芝1400)、中山で「中山記念」(G2・芝1400)がそれぞれ行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!