第2回京都競馬4日目 2月3日といえば!?

日中を通して暖かく過ごしやすかった2/3(日)の放送日。この日は京都で「きさらぎ賞」(G3・芝1800)、東京で「東京新聞杯」(G3・芝1600)がそれぞれ行われました。三連単プレゼントは京都メインのきさらぎ賞を予想。濱野さんがラストインパクトを、西村さんがアドマイヤドバイを、田辺さんがバッドボーイをそれぞれ指名しました。
レースは、8頭の少頭数で行われたため、予想通りペースはスロー。先頭からシンガリまで10馬身ほどで進みました。4コーナーを回ると、全馬直線の真ん中よりも外側に持ち出して、一気にスパート。直線で粘るマズルファイヤーを、残り50mで競り落としたタマモホットプレイが1着でゴールイン!兄タマモホットプレイ同様、京都コースとの相性の良さを見せつける重賞初制覇となりました。
三連単は濱野さんのラストインパクトが6着、西村さんのアドマイヤドバイが3着、田辺さんのバッドボーイが4着となり、3着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、2月3日といえば、、節分ですよね♪
さすがにラジオブースで豆まきと、はいきませんでしたが、ちょうど食事中の濱野さんがうどんと巻き寿司を注文していたので、無理やりに恵方巻きの雰囲気を出してもらいました!

今年の恵方、南南東を向いて、巻き寿司をほおばる濱野さん。どうですか、大きな太巻きにかぶりついているような感じが出てませんか??
やはり競馬をやっていると、ゲンを担ぎたくなるもの。実は濱野さん、自分の食事代を稼ぐために、「朝のフルコース」ならぬ、「濱野の朝定食馬券」を実施しています。その内容とは、午前中で一番堅そうなレースに1000円以内の少額を投資し、倍にするというもの。この日もその馬券が的中し、なんと4連勝となったのです!「出番の前に予想で頭を使うし、一石二鳥ですよ。負けたらちょっと高いお昼代になっちゃうけどねぇ、はっはっはっ~♪」と締めくくっていただきました。

さて次週、2/10(日)の放送日は、京都で「京都記念」(G2・芝2200)、東京で「共同通信杯」(G3・芝1800)がそれぞれ行われます。3歳馬も古馬も、有力馬が本格的に始動!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!