第1回京都競馬5日目 競馬中継番外編(淀短距離ステークス)

1/14(祝)は、中山競馬は降雪により、5レース以降が中止となったものの、京都競馬は午後からは雨も止み、全12レースとも無事に開催されました。この日はドラマティック競馬の放送なかったのですが、「高岡美樹のべっぴんラジオ」のなかで、京都メイン「淀短距離ステークス」(OP・芝1200)の実況中継が行われました。番組では実況を担当する濱野さんの5000円分の予想馬券をプレゼント。
その馬券が↓↓↓有利な内枠の枠連を押さえつつ、得意のデータで導き出した馬をワイドBOXで狙う必勝作戦で挑みます!!

自信満々の表情で馬券を見せる濱野さん♪「実は去年もこのレースを同じ高岡さんの番組で、実況してそれが当たったんですよ!縁起のいいレースやし、本命どころもしっかり押さえて、穴っぽいところも入れてるから、配当も楽しみにしてください」と、終始饒舌でした。

さてレースは、ポーンと飛び出したオーセロワが逃げる形。馬郡は先頭から最後方まで10馬身ほどで最終コーナーを回ります。直線に入ると、2番手につけていたアイラブリリが残り200mで先頭に。そのまま内のメイショウデイム、外から伸びたサドンストームらの追撃をしのぎ切り、1着でゴール!

無事に実況を終えた濱野さんでしたが、馬券は痛恨の3、4着。。。「荒れるような気がしてたから、8番人気の馬も買い目に入れたのになぁ。。内の馬が怖いことも分かってたんやけどなぁ。。」と、写真の表情はどこへやら、しばらく立ち直れない様子の濱野さんでした。