第3回京都競馬12日目 やっぱりダービーは特別!

朝から強い日差しが照りつけ、蒸し暑い1日となった5/27(日)の放送日。この日は東京で「日本ダービー」(G1・芝2400)が行われました。三連単プレゼントは濱野さんがコスモオオゾラを、西村さんがワールドエースを、田辺さんがヒストリカルをそれぞれ指名。

第79回日本ダービー。皐月賞を制した勢いそのままに二冠制覇を狙うゴールドシップ、皐月賞で大外から強烈な末脚を繰り出し2着まで追い込んだワールドエースが人気を分け合い、2頭による一騎打ちムードが漂っていました。

レースは、ゼロスが飛ばし、その直後にトーセンホマレボシがつけ、2頭が他馬を引き離し3コーナー付近ではかなり縦長の展開に。ワールドエース、ゴールドシップはともに中団につけ、最終コーナーを回って直線へ。残り200mでディープブリランテがトーセンホマレボシを競り落とし、先頭に立つも、外から猛然と追い込んできたフェノーメノと内外離れて同時にゴールイン!!写真判定の結果、ディープブリランテがハナ差で勝利し、岩田騎手は悲願のダービー制覇。愛馬の首筋に顔を埋め、泣き崩れる姿が感動的でした。

三連単は濱野さんのコスモオオゾラが6着、西村さんのワールドエースが4着、田辺さんのヒストリカルが18着となり、最先着馬を指名した西村さんが勝者となりました。

ダービーといえば、競馬の祭典。競馬ファンなら、誰もが忘れられない「あの年のダービー」というものがあるのではないでしょうか?

メインレース解説担当の門口TMが思い出を語ってくれたのは、キングカメハメハが勝った第71回のダービー。すると、濱野さんが当時の競馬エイトを手渡しました。メンバーを見ても、キングカメハメハの他、ハーツクライ、ダイワメジャーなど、現在種牡馬として活躍している馬が多くて、ハイレベルだったことが分かります。

当時の紙面を見て、出走馬や自分の打った印を確認する門口TM。こういった新聞を見ていると、その頃の情景まで目に浮かんできますよね♪

さて、このようにダービーは競馬ファンにとって特別なものなのですが。この日、ドラマティック競馬でも特別な1日を過ごした人がいました。

競馬新聞を広げ、携帯をチェックしている三宅さん。一見、何の面白みのない写真ですが、この日の三宅さんは終始こんな感じで時間を持て余している感じでした。なぜなら最初の実況担当がお昼12時過ぎの5Rで、その後6R、7Rがあって、最後が14時10分の他場実況だったのです。つまり、この日の三宅さんは実働2時間。2場開催でイレギュラーだったこともあり、このような仕事量になりました。

このことに気付きた青沼さんからは「あれ?ぼくと全然違うやん」(青沼さんは9時50分の録音1レースから、16時25分の東京画面実況を担当)、それを聞いた濱野さんからは「まぁ、今週ゆっくりしたから来週はいい仕事してくれるでしょう」と、先輩2人からプレッシャーを掛けられ、苦笑いを浮かべるしかない三宅さんでした。。。

さて次週からは6月に入り、舞台を阪神競馬場に移します。6/3(日)の放送日は、東京で春の最強マイラー決定戦「安田記念」(G1・芝1600)が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!