第2回阪神競馬6日目 桜の主役はやっぱり…

ようやく春らしい陽気に包まれた4/8(日)の放送日。この日は牝馬クラシック第1弾「桜花賞」(G1・芝1600)が行われました。三連単プレゼントでは濱野さんがジェンティルドンナを、西村さんがジョワドヴィーヴルを、田辺さんがプレノタートをそれぞれ指名しました。

チューリップ賞の勝ち馬ハナズゴールが負傷により出走を回避ものの、3歳牝馬戦線の有力馬が軒並み顔を揃えた第72回桜花賞。1番人気にはブエナビスタとの姉妹制覇がかかる2歳女王ジョワドヴィーヴルが支持されました。
レースは、アラフネが引っ張りクイーンCの勝ち馬ヴィルシーナやフィリーズレビューを制したアイムユアーズ辺りが好位で続き、牡馬相手にシンザン記念を勝ったジェンティルドンナが中団、ジョワドヴィーヴルは後方に控える形で進みました。直線に入ると、ヴィルシーナとアイムユアーズが並んで先頭に立って叩き合いに。それを外から猛追してきたジェンティルドンナが残り50m付近で交わし、半馬身差でゴールイン!牡馬顔負けの末脚で、他馬をねじ伏せ桜の女王に輝きました。

三連単は濱野さんのジェンティルドンナが1着、西村さんのジョワドヴィーヴルが6着、田辺さんのプレノタートが14着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝者に。これで4連勝となりました。

さて、春のGⅠシリーズがスタートとなるこの週から「競馬エイト」の紙面がリニューアルされました。長い間、前のエイトのデザインに慣れていた人には、少し違和感があるかもしれませんが、全国版になったことでこれまで以上に、競馬予想に役立つ紙面内容になっています。


オモテ面。馬柱が今までよりも大きく、見やすくなりました。各馬の馬番の上部には、メモ欄が付いているので、馬体重の増減など、自分が気になった情報を書き込めます。

<
ウラ面。おなじみの関西トラックマンに加え、関東のトラックマンのGⅠ予想も、顔写真付きで一括で見ることが出来ます。その他、さまざまな角度の予想に役立つ情報が満載!◎ジェンティルドンナだった本紙担当・門口トラックマン、朝のフルコースでも究極の一点を見事的中させてくれました♪

そして、今週の主役はやっぱりこの人!
<
今年、桜花賞実況28年を迎えた濱野さんです。データ予想でも本命だったジェンティルドンナが見事に勝利して、会心のダブルピース!美奈ちゃんも桜をバックにハイ、チーズ♪
このあと、美奈ちゃんは「桜と濱野さんにパワーをもらったので、朝のフルコース当てた〜い!」と意気込んでいました。次回の「狙ってみーな」に期待してくださいね♪

さて次週、4/15(日)の放送日は、中山で「皐月賞」(G1・芝2000)が行われます。混戦の牡馬クラシックを制するのは!?この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!