第4回阪神競馬4日目 馬場開放にテンションUP♪

雨が降ったり、止んだりと天気はコロコロ変わったものの、日中を通して暑かった6/26(日)の放送日。阪神では夏のグランプリレース「宝塚記念」(G1・芝2200)が行われました。三連単プレゼントでは、濱野さんがルーラーシップを、西村さんがブエナビスタを、田辺さんがアーネストリーをそれぞれ指名しました。

結果は、好位から早めに先頭に立ったアーネストリーが、ファン投票1位の女王ブエナビスタ、最強4歳勢エイシンフラッシュ、ローズキングダム、ルーラーシップらの追撃をすべて振り切って、悲願のグランプリ制覇!堂々のレコードタイムで昨年3着のリベンジを果たしました。三連単は濱野さんのルーラーシップが5着、西村さんのブエナビスタが2着、田辺さんのアーネストリーが1着となり、1着馬指名の田辺さんがトップに。お昼の馬券学講座も見事本線で的中させる大活躍でした!

また、この日は青沼さんが宝塚記念の実況アナウンサーを務めました。先日は「画面実況が素晴らしい!」というお褒めのおハガキを頂きましたが、初グランプリ実況はいかがだったでしょうか?もちろん、どのレースでもベストを尽くしているわけですが、G1などのビッグレースは、観たり賭けたりする我々の興奮度も違うように、しゃべり手にとっても特別なものなんでしょうね。

さて、今週の写真は、阪神最終レース終了後に行われた馬場開放の様子をご覧ください。この日は、現場でのお勉強ということで、土曜日の「プリ☆うま」に出演中の竹村美緒ちゃんも遊びに来てくれました♪

<

いつもドラマティック競馬の現場では、女の子が一人しかいないので、美奈ちゃんもテンション高めでした!たしかにオッチャンばかりです。。。

ターフビジョンに馬場を歩くファンの姿が映し出されていたのですが、二人とも撮られることには慣れているはずなのに「あっ、今映った~♪」と子供のようにはしゃいでいましたよ。そういうぼくも馬場を踏みしめながら、「ここをアーネストリーやブエナビスタが通ったのか~」と終始ニヤケ顔でしたけど。。

さて次週、7月最初の放送日からは、4回京都開催がスタート。7/3(日)は、中山で「ラジオNIKKEI賞」(G3・芝1800)、函館で「函館スプリントステークス」」(G3・芝1200)が行われます。♪この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!