ドラマティック競馬日記 » 2011 » 4月

第3回京都競馬2日目 WIN5はやっぱりスゴイ!!

2011/04/26 火曜日 - 17:03:03 by ドラマティック競馬AD竹内

雨が降ったり止んだりと天気がコロコロと変わった京都競馬場。4/24(日)の放送日は東京で「皐月賞」(G1・芝2000)が行われました。三連単プレゼントは、濱野さんがナカヤマナイトを、西村さんがサダムパテックを、田辺さんがベルシャザールをそれぞれ指名。

結果は、馬群の真ん中を割って残り2ハロンから先頭に立ったオルフェーブルが、後続に3馬身の差をつけての圧勝!兄ドリームジャーニーともコンビを組んだ池添騎手に牡馬クラシック初勝利をプレゼントしました。三連単は濱野さんのナカヤマナイトが5着、西村さんのサダムパテックが2着、田辺さんのベルシャザールが11着となり、2着馬指名の西村さんが再びトップに立ちました。

京都競馬場のターフビジョンを指差して、「すごぉ~い!!」と驚きの声をあげる美奈ちゃん。

そうです、この日から発売となった5重勝単勝式馬券・WIN5の払い戻しが発表された瞬間だったのです。最高で2億円というふれ込みだったので、81万円という配当に拍子抜けした方もいるかも知れませんが、下の払い戻しを見ていただければわかるように、この5レースで勝った馬はすべて5番人気以内で、単勝配当額で最も高かったのが皐月賞のオルフェーブル(単勝1080円)だったのですから、かなり平穏な部類の決着だったと考えていいのではないでしょうか?それでも81万円ですから、これからホントにすごい配当が飛び出しそうですよね♪

つまり、本命党でもしっかり的中させることで、十分な利益が期待できますし、穴党にとっては1000万以上の払い戻しも現実味をおびてくるわけですね。予想も馬券もヘタクソなぼくような人には、コンピューターが馬を指定してくれるランダムという買い方もあるらしいですよ。現在はインターネット発売ですが、ぜひ皆さんもビッグな夢にトライしてみてください!

さて次週、5/1(日)の放送日は、京都で「天皇賞・春」(G1・芝3200)が行われます。古馬最高峰の栄誉はどの馬に!?この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

第2回阪神競馬8日目 百点満点の口を持つ男

2011/04/19 火曜日 - 18:08:44 by ドラマティック競馬AD竹内

春らしい好天に恵まれた4/17(日)の放送日。阪神競馬場では「マイラーズカップ」(G2・芝1600)が行われました。三連単プレゼントは、濱野さんがアパパネを、西村さんがゴールスキーを、田辺さんがシルポートをそれぞれ指名。

結果は、最終コーナーを回っても脚色の衰えないシルポートが、セーフティーリードを保ったままゴール!阪神開催最終週で圧巻の逃走劇を演じました。三連単は濱野さんのアパパネが4着、西村さんのゴールスキーが15着、田辺さんのシルポートが1着で、1着馬指名の田辺さんがトップに。ついに穴馬スナイパーの本領発揮でしょうか。

なにやら、図のようなものの描かれた紙を手に持って口を開けている藤田さんです。何のことやら全く分からない写真ですので説明しますと、先週ラジオ大阪に「あまりにも素晴らしい口の形をした画像をそちらの番組ホームページで拝見しましたので、ぜひ使わせてくれませんか」という旨の電話があり、先方から送られてきた画像を番組ディレクターが確認したところ、以前この日記内で、発声練習をしている藤田さんだったわけなのです。

なんでも官公庁などにも研修を行っている会社らしく、発声のプロから見ても「百点満点の口」だったんだそうです!ちなみに紙に描かれているのは、理想的な口の開け方を示した図でした。
皆さん、これからも百点満点の口を持つ男・藤田良宏アナウンサーの実況に期待してくださいね♪

さて次週、4/24(日)の放送日からは、舞台を京都競馬場へ移します。そして東京では「皐月賞」(G1・芝2000)が行われます。混戦の牡馬クラシックを制するのは果たして?この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

第2回阪神競馬6日目 桜の似合う2人

2011/04/12 火曜日 - 17:39:44 by ドラマティック競馬AD竹内

春のG1シリーズのスタートを祝福するような好天に恵まれた4/10(日)の放送日。阪神競馬場では牝馬クラシック第1弾「桜花賞」(G1・芝1600)が行われました。三連単プレゼントは、濱野さんがホエールキャプチャを、西村さんがマルセリーナを、田辺さんがダンスファンタジアをそれぞれ指名。ついに1~3番人気での勝負に出ましたが果たして?

結果は、父ディープインパクト譲りの末脚で馬群を一気に突き抜けたマルセリーナが、ホエールキャプチャらの追撃を振り切ってゴール!安藤勝己騎手は自身の持つクラシック最年長勝利を更新しました。三連単は濱野さんのホエールキャプチャが2着、西村さんのマルセリーナが1着、田辺さんのダンスファンタジアが7着で、1着馬指名の西村さんが連勝を飾りました。


どうですか?この「桜花賞のポスターか!?」と思うほどに仕上がった濱野さんと美奈ちゃんのツーショットは?場所は阪神競馬場の通用門近くなのですが、この「阪神競馬場」と掘られた石碑のあるこのスポットだけは、ソメイヨシノではなく、しだれ桜が咲いているんです。この日も多くの競馬ファンが足をとめて眺めていましたよ♪

桜花賞という牝馬による華やかなG1ということで美奈ちゃん、そして今年桜花賞実況27年目を迎える濱野さんに一緒に写真に収まっていただきました。考えてみると、美奈ちゃんが生まれるよりも前から、濱野さんはすでに桜花賞の実況をしていたんですよね。そんな2人が今では同じ番組の出演者として活躍しているんですから、時の流れには本当に驚かされます。

濱野さん、今年も熱のこもった桜花賞実況ありがとうございました!今後も30年、40年と、偉大な記録を更新してくださることを期待しています♪

さて次週、4/17(日)の放送日は、阪神で「マイラーズカップ」(G2・芝1600)が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

第2回阪神競馬4日目 英子ちゃんサクラサク

2011/04/05 火曜日 - 18:18:48 by ドラマティック競馬AD竹内

春とは思えないほど冷たい風が吹いた4/3(日)の放送日。阪神競馬場では「産経大阪杯」(G2・芝2000)が行われました。三連単プレゼントは、濱野さんがダノンシャンティを、西村さんがエイシンフラッシュを、田辺さんがダイワファルコンをそれぞれ指名。

結果は、逃げ込みを計るキャプテントゥーレをゴール前で後続集団が一気に飲み込む大混戦!ハナ、クビ、クビという接戦をレコードタイムで制したヒルノダムールが念願の重賞タイトルを手にしました。三連単は濱野さんのダノンシャンティが4着、西村さんのエイシンフラッシュが3着、田辺さんのダイワファルコンが7着で、3着馬指名の西村さんがトップに立ちました。

問題です。下の写真で椅子に座っている英子ちゃんと濱野さんですが、何をしてるんでしょうか? ヒント:2人がそれぞれ持っているものに注目。

さて、答えですが、お2人には教習所の雰囲気を再現してもらいました♪
放送でもお伝えしたように先頃、英子ちゃんが無事に運転免許を取得したことを記念してこのような写真を撮らせていただきました。英子はお菓子の缶をハンドル替りに運転、濱野さんはそれをチェックする教官だと思ってご覧ください。どぉ~でしょう、それらしく見えてきませんか??

でも英子ちゃん、西村さんからもご指摘がありましたが、くれぐれも事故のないように安全運転でお願いしますよ。馬券はいくらでも当ててもらっても結構ですが、他の車には当てないように……はい、お後がよろしいようで。

そして、この日はリスナーのみなさんから多数のご応募を頂いたビスティーの馬名がついに発表されました。最多得票ということで、エールビスティーに決まりましたが、本当に響きもカッコイイし、応援したくなる馬名ですよね♪今後も番組では随時、エールビスティーの情報をお伝えしていくつもりですので楽しみにしてくださいね。

さて次週、4/10(日)の放送日は、阪神で牝馬クラシック第1弾「桜花賞」(G1・芝1600)が行われます。桜の女王はどの馬に!?この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!