今週1月19日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

1月19日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R
小倉競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 仲トラックマン
4R 津田トラックマン、5R 藤岡トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 籔本トラックマン
8R 竹下トラックマン、9R 津田トラックマン
10R 藤岡トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・仲トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・津田トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
斉藤弘樹記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第1回京都競馬4日目 シンザン記念といえば・・・」

3連休で競馬も3日連続の開催。1/12(日)の放送日は京都で「シンザン記念」(G3・芝1600)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがオーマイダーリンを、西村さんがルーツドールを、田辺さんがプリンスリターンをそれぞれ指名。
レースは最後の直線、逃げたヴァルナを直線半ばで捕らえたプリンスリターンに、内からサンテュエールが迫り、残り100mで2頭の叩き合い。最後はサンテュエールがクビ差競り勝ってのゴールイン!ジェンティルドンナ、アーモンドアイに続く牝馬のシンザン記念制覇となりました。

3連単プレゼントは、濱野さんのオーマイダーリンが4着、西村さんのルーツドールが7着、田辺さんのプリンスリターンが2着となり、2着馬を指名した田辺さんが勝者に。

さて、シンザン記念では牝馬のサンクテュエールが強い勝ち方を見せ、今後の牝馬クラシック戦線が楽しみになりました。そんなシンザン記念の中継日には毎年、はるばる北海道から来てくださるスペシャルゲスト2人組がいるんです!それが…

「ミスシンザン」【左:玉沢有美〈たまざわ・ゆみ〉さん 右:淡路瑞綺〈あわじ・みずき〉さん】のお二人です!シンザン記念でのプレゼンターがメインのお仕事なのですが、お昼休みには我がドラマティック競馬にも生出演してくださいました。
なにしろ放送席に若い女性が座ること自体が滅多にないということもあり、短い時間ではありましたが、放送席が華やかな雰囲気に包まれました。みなさんにも西村さんの声のトーンからその喜びが伝わったのではないでしょうか?
残念ながら今年は時間の都合もあって、西村さんとの一緒に写真を撮ることはできなかったので、出演後にはご覧の通りのオリジナルポーズをパシャリ!ミスシンザンのお二人、どうもありがとうございました~!

次週、1/19(日)は京都で「日経新春杯」(G2・芝2400)、中山で「京成杯」(G3・芝2000)がそれぞれ行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週1月12日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

1月12日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 竹下トラックマン
4R 津田トラックマン、5R 増井トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 坂本トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 津田トラックマン
10R 増井トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・竹下トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・津田トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第1回京都競馬1日目 2020年もワンチームで!」

皆様、明けましておめでとうございます。2020年もドラマティック競馬をよろしくお願いします!
新年1発目の放送となった1/5(日)は京都で「京都金杯」(G3・芝1600)、中山で「中山金杯」(G3・芝2000)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは京都メインの京都金杯を予想。濱野さんがサウンドキアラを、西村さんがカテドラルを、田辺さんがモズダディーをそれぞれ指名しました。
レースは最後の直線、早めに抜け出した14番人気ボンセルヴィーソを直線半ばで捕らえたサウンドキアラがダイアトニックの猛追を振り切ってゴールイン!
新年の幕開けとともに重賞初制覇を飾りました。

3連単プレゼントは、濱野さんのサウンドキアラが1着、西村さんのカテドラルが17着、田辺さんのモズダディーが11着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝って、年をまたいでの3連勝を達成。

さて、昨年末で長きにわたってドラマティック競馬を支えてくださった実況アナウンサーの青沼稔さんが卒業。
これから番組がどうなっていくのか、不安の声もあったと思いますが・・・別れがあれば出会いもある、ということで新年からドラマティック競馬に新たな仲間が加わりました!

はい!濱野さん、三宅さんに挟まれた真ん中に写る人物こそ、新しく実況担当として加わった松下翔(まつした・しょう)アナウンサーです。
実は松下さんには3か月ほど前から研修期間という形で、番組のお手伝いをしてもらっていたのですが、この日が初お披露目となりました。
これまで近くで見てきた印象は、とにかく真面目。
まさに写真の雰囲気そのままですね。
逆にこれからの放送の中で、あっと驚く意外な一面を見せてくれるかもと、期待もしております!

また番組的には、この日、1レースのみではありますが、実況デビューも果たした松下さん。
周りには濱野さん、三宅さんという良きお手本となる先輩方もいることですし、これからも実況陣の“ワンチーム”でドラマティック競馬を盛り上げていってほしいですね♪
ということで、松下さんへの応援や質問も是非お待ちしておりま~す!
次週、1/12(日)は京都で「シンザン記念」(G3・芝1600)が行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

新年1月5日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

1月5日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 坂本トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 籔本トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・坂本トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第5回阪神競馬8日目 2019年の名シーンは?」

今年の競馬中継もついに最終日。
12/22(日)の放送日は中山で1年を締めくくるグランプリレース「有馬記念」(G1・芝2500)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがサートゥルナーリアを、西村さんがアーモンドアイを、田辺さんがキセキをそれぞれ指名。

史上最多となる11頭のGⅠホースが集結した第64回有馬記念。
強豪ひしめく中、ここでも圧倒的支持を集めたのはGⅠ7勝目を狙うアーモンドアイでした。

レースは最後の直線、絶好の位置から追い出すも伸びを欠くアーモンドアイに場内がざわめく中、馬場の真ん中から矢のように突き抜けたリスグラシューが5馬身差の圧勝でゴールイン!牝馬史上初の春秋グランプリ制覇で引退の花道を飾りました。
3連単プレゼントは、濱野さんのサートゥルナーリアが2着、西村さんのアーモンドアイが9着、田辺さんのキセキが6着となり、2着馬を指名した濱野さんが勝って連勝。

さて、今年の有馬記念はリスグラシューの強さに圧倒される結果となりました。
これで引退というのは正直もったいないですよね。
おそらくこのリスグラシューの有馬記念も後世に語り継がれていくことでしょうが、その外にも今年の競馬界では多くの名馬や名勝負が生まれました。
そんなドラマの数々を思い出させてくれる競馬ファンの必需品といえば・・・

そう、JRAカレンダーでしょう!
写真は、個人的に最も印象に残っているロジャーバローズのダービーが掲載された「5月」。
人気薄での一発に「競馬に絶対はない」という格言を改めて思い知らされると同時に、浜中騎手の悲願達成にも感動しました。
みなさんにもそれぞれ記憶に残るレースがあったんではないでしょうか?
あと、このカレンダーって、月曜日から始まって日曜日で終わるので、競馬ファンにとっては実用的なんですよね。
そんな来年のJRAカレンダーを抽選で20名様にドドーンとプレゼントしちゃいます!
住所、お名前、年齢などを記入の上、「ラジオ大阪 ドラマティック競馬 カレンダー希望」と書いてお送りください。
はたして来年はどんな名シーンが見られるのでしょうか?それでは皆様、良いお年をお迎えください!

次回、2020年の競馬中継は1/5(日)からスタート!この日は京都で「京都金杯」(G3・芝1600)、中山で「中山金杯」(G3・芝2000)がそれぞれ行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週12月22日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

12月22日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 坂本トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 竹下トラックマン
6R 喜多村トラックマン、7R 籔本トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 門口トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 喜多村トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・坂本トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・喜多村トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
山口大輝記者

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第5回阪神競馬6日目 競馬場もクリスマス仕様に!」

12/15(日)の放送日は阪神で2歳マイル王決定戦「朝日杯フューチュリティステークス」(G1・芝1600)が行われました。

3連単プレゼントは濱野さんがサリオスを、西村さんがレッドベルジュールを、田辺さんがビアンフェをそれぞれ指名。

東西の2歳重賞を勝った才能豊かなメンバーが集結した第71回朝日杯フューチュリティステークス。
1番人気に支持されたのはサウジアラビアロイヤルカップをレコードで快勝したサリオスでした。

レースは最後の直線、ハイペースで逃げたビアンフェを直線半ばで捕らえたサリオスがそのまま後続を引き離し、無傷の3連勝でゴールイン!来年のクラシックが楽しみな逸材が誕生しました。

3連単プレゼントは、濱野さんのサリオスが1着、西村さんのレッドベルジュールが10着、田辺さんのビアンフェが3着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝者に。

さて、この日の「朝のフルコース」プレゼント馬券は残念ながら的中ナシに終わりました。
しかし、競馬場から帰り道には我々と同様に沈んだ気持ちの人々を癒すような光景が・・・

阪神競馬場の入場門へと続くサンライトウォークにイルミネーションが点灯!
競馬場帰りのお客さんの目を楽しませていました。夜になれば、さらにいい感じの雰囲気だったんでしょうけど。
調べたところ、「阪神メモリアルスターライト」と名付けられた阪神競馬場70周年イベントの一環だそうで。
これまでは競馬開催日だけだったようですが、今後は21日(土)から28日(土)の1週間は毎日、16時30分~20時まで見ることができるようです。
クリスマスに向けて競馬ファン以外にも盛り上がれるインスタ映えなスポットになりそうですね♪

次週、今年の競馬中継も最終日。12/22(日)は、中山でグランプリ「有馬記念」(G1・芝2500)が行われます。
歴史的名牝アーモンドアイが史上最多タイのGⅠ7勝目を狙う!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週12月15日の放送予定

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

12月15日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R
中京競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 竹下トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 津田トラックマン
6R 喜多村トラックマン、7R 籔本トラックマン
8R 竹下トラックマン、9R 藤岡トラックマン
10R 津田トラックマン、11R 喜多村トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・竹下トラックマン
●「2020年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・喜多村トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
斉藤弘樹記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

「第5回阪神競馬4日目 仁川の空に、祝福の虹」

12/8(日)の放送日は阪神で2歳女王決定戦「阪神ジュベナイルフィリーズ」(G1・芝1600)がが行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがリアアメリアを、西村さんがウーマンズハートを、田辺さんがクラヴァシュドールをそれぞれ指名。

2戦2勝のアルテミスステークスの勝ち馬リアアメリア、同じく無敗で新潟2歳ステークスを制したウーマンズハート、牡馬の強豪に混じってサウジアラビアロイヤルカップ2着だったクラヴァシュドールの3頭が人気を分け合った第71回阪神ジュベナイルフィリーズ。

レースは最後の直線、自らよどみないペースをつくって逃げたレシステンシアが、後続馬を尻目にそのままリードをグングンと広げ、5馬身差の圧勝でゴールイン!1分32秒7のレコードで無敗の2歳女王に輝きました。

3連単プレゼントは、濱野さんのリアアメリアが6着、西村さんのウーマンズハートが4着、田辺さんのクラヴァシュドールが3着となり、3着馬を指名した田辺さんが勝者に。

さて、この日はおめでたい話題が多い1日となりました。まずは番組的なことではありますが・・・

先週、喜多村トラックマンから勝利のバトンを手渡された「究極の1点勝負」門口トラックマンが今週も見事に馬券プレゼント成功!1万6500円の払い戻しゲットとなりました。

また、中山メインのカペラステークスでは、藤田菜七子騎手がコパノキッキングで重賞初制覇!日本人女性騎手では史上初の快挙を達成しました。まだ22歳だけに今後どんな記録をつくっていくのか、楽しみな存在ですね♪

そして、レシステンシアが勝った阪神競馬場のウイナーズサークルに目を移すと・・・

我らが濱野圭司アナウンサーの姿が!しかも、そのバックには曇り空ではありますが、綺麗な虹が掛かっているではありませんか!まさに栄光の舞台にふさわしいシチュエーションとなりました!

なぜ濱野さんがここにいるのか、ドラマティック競馬ファンの方にはおなじみですが、阪神ジュベナイルフィリーズの日の勝利騎手インタビューはラジオ大阪の担当しており、長年、濱野さんがインタビュアーをつとめているんです。このときは最終チェックに余念がないようですが、いざ本番で濱野さんからインタビューを受けるジョッキーは・・・

北村友一騎手です!今年、もっとも飛躍を遂げたジョッキーといっても過言ではないでしょう。大阪杯をアルアインで勝ってGⅠ初勝利、秋にはクロノジェネシスで秋華賞を制し、今年だけでなんとGⅠ3勝目。
インタビューの誠実な受け答えからも好青年ぶりがうかがえました。
来年のクラシックもこのレシステンシアとともに大活躍してほしいですね。

次週も阪神競馬場で2歳GⅠが開催。12/15(日)は、阪神で2歳チャンピオン決定戦「朝日杯フューチュリティステークス」(G1・芝1600)が行われます。
サリオスとレッドベルジュール、東西の無敗馬同士が激突!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!